ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》パラリンピック4日目で早くも金6個=ランキング6位の好成績

《ブラジル》パラリンピック4日目で早くも金6個=ランキング6位の好成績

シルヴァニア・コスタ(Wander Roberto)

 東京パラリンピックは27日で4日目を終えたが、ブラジル勢はここまでで金6を含む17のメダルを獲得し、メダル・ランキングの6位につける活躍を見せている。27日付現地サイトが報じている。
 27日終了時点で、ブラジルは金6、銀4、銅7の計17個のメダルを獲得。ランキングは金メダルの獲得個数で上位が決まるので、中国、イギリス、ロシア、オーストラリア、米国についで伯国は6位につけている。
 金メダルを獲得したのは、25日に行われた水泳のS14級バタフライでのガブリエル・バンデイラを皮切りに、視覚障害者による男子陸上5千メートルでのイェルツィン・ジャケス、視覚障害者女子走り幅跳びのシルヴァニア・コスタ、男子水泳S11級50メートル自由形のウェンデル・ベラルミーノ、男子陸上T47級100メートル走のペトルーシオ・ペレイラ、F55級男子砲丸投げのワラセ・サントスの計6人となる。

 このうち、バンデイラはS14級200メートル自由形でも銀メダルを獲得。ペトウーシアはリオ大会につぐ2大会連続での金メダルだ。ワラセは世界新記録も達成しての金だった。
 過去3大会で合計して24個のメダルを獲得して「パラリンピック男」の異名までとる男子水泳のダニエル・ジアスもいる。彼は今大会にも出場。SS級100メートル、200メートル自由形でともに銅メダル、200メートル・メドレー・リレーでも銅メダルを獲得。自身の持つパラリンピックのメダル記録を三つ更新している。
 メダルの大半が水泳と陸上競技によるもの。それ以外でも、馬術でロドリゴ・リスカラが銀、フェンシングでジョヴァーネ・ギッソーネが銀を獲得している。

★2021年8月26日《ブラジル記者コラム》全てを包み込む社会を作る
★2017年7月25日《ブラジル》世界パラ陸上=ブラジルは21個のメダルを獲得=「東京に弾み」とブラジル・パラリンピック委員会会長
★2016年9月20日《リオ》パラリンピック遂に終了=小さな不満散発も概ね好評=メダル順位は8位に終わる

image_print

こちらの記事もどうぞ