ホーム | Free | 日系企業にコロナ対策を聞く=基幹電子部品の現地生産化に期待=各種化学製品を生産、販売=三井化学ブラジルおよび会議所化学品部会の会員企業

日系企業にコロナ対策を聞く=基幹電子部品の現地生産化に期待=各種化学製品を生産、販売=三井化学ブラジルおよび会議所化学品部会の会員企業

渡辺弘樹社長

 【日本政府支援事業「サンパウロ日伯援護協会」コロナ感染防止キャンペーン】ブラジルで事業を行う日系企業の「新型コロナウイルス感染防止対策」の第4回目は、三井化学ブラジルの渡辺弘樹社長に、自社とブラジル日本商工会議所・化学品部会の会員企業での取組等について話を聞いた。化学品部会の会員企業は、輸送(自動車、二輪車など)、ヘルスケア(食品、化粧品、医療関連製品)、農業(農薬、肥料)、印刷(インキ、製紙)、コンシューマ(筆記具、接着剤)など多岐にわたる市場に携わっている29社が所属している。

社外での感染予防が課題となった

 三井化学ブラジルは、農薬(殺虫剤)と自動車と食品包装材向けの改質剤を販売している。従業員数は9人。事務所にはアルコールを常備して常時消毒、出社時は検温、マスク着用、会議室にはアクリルボードを設置、食事・休憩の際には席の間隔をあける、出社の上限は社員全体の最大5割、通勤は社有車を使用するなど、行政のガイドラインに沿って感染予防を徹底してきた。
 同社をはじめ、販売事務所を所有する化学品部会の多くの会社は、パンデミックに入る前後の2020年2、3月頃から、原則テレワークを実施し、どうしても必要な時だけ出社している。

アクリルボードを設置した事務所内(三井化学ブラジル)

 1、2社ほどが、日本からの駐在員を日本に一時退避させ、日本滞在中にはリモートワークの形式で、ブラジルの仕事を行うような措置をとっている。「ブラジルでのネット環境が良くなく、断線して会議が出来なかった」という報告がある一方、「オンライン会議を活用するようになり、以前よりも日本との会議が増えた」という事例もあった。
 「事務所ではテレワークが進んでおり、今後は出勤とテレワークの併用が進むのではないかと思います」と渡辺氏は述べる。
 製造工場では通常勤務を行っており、販売事務所とともに感染予防対策に取り組んできたが、特に工場では、どうしても社外で感染するケースを防げず、課題となった。

農薬、一般用医薬品、食品用パッケージが好調

 コロナ禍でのビジネスに関して、化学品部会では既存のビジネスは順調だが、開発案件の遅れが懸念されている部分もある。しかし、ブラジルの農業生産は好調で、農薬ビジネスが伸長している。また、患者が通院を控えた影響で一般用医薬品の需要や、巣ごもり生活で食品用のパッケージ材料の需要が増えた企業もある。
 「外食が減った分、ブラジルの家庭での食生活が変わっていくと思われ、特にレトルト食品の普及を期待しています。レトルト食品には高性能のパッケージが必要であり、開発が進められています。この分野で化学メーカーとして、多くの部分で貢献できると思います」と、渡辺氏は展望する。

ブラジルで基幹電子部品の生産も選択肢では

 渡辺氏がコロナ禍の影響を見て、私見で新しいビジネスチャンスとして期待したいのが、半導体、液晶ディスプレイ、太陽電池等の〝産業のコメ〟といわれる基幹電子部品が、ブラジルで生産されても良いのではないかということである。
 コロナ禍が過ぎても、テレワークは継続、あるいは進展すると予想されるため、高速情報通信網が必要となり、高性能な半導体が必須となる。
 また、ペーパーレス化が加速すれば、低価格で高性能なタブレットが必要となる。新しいデジタルライフには、安定した電力供給の課題が出てくると予想され、ブラジルの主要な発電である水力発電を補うには、再生エネルギーの検討が必要にもなる。
 「基幹電子部品の材料は、日系の化学メーカーが得意とする分野です」
と述べる渡辺氏。
 現在、半導体をはじめ、液晶や太陽電池等、最終製品の生産技術で世界の電子産業をリードしているのが台湾、韓国、中国等のアジア勢である。ブラジルの台湾貿易センターは9月23日、ブラジル日本商工会議所を訪れ、今後台頭してくるビジネスにおいて、台湾と日本の企業がコラボレートすることを提言した。
 それについて渡辺氏は、「基幹電子部品を作る装置や基礎となる技術、材料は、日本のメーカーにあります。台湾の企業にはそれを最終製品にする技術やノウハウがあります。そういう意味で、ブラジルで日系メーカーと台湾メーカーがコラボし、ブラジルの産業に貢献することは、大いに可能性があるのではないかと思います」と分析した。(協力=ブラジル日本商工会議所)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》ボルソナロの軍への復讐2021年6月8日 《記者コラム》ボルソナロの軍への復讐  3日にリオで、エドアルド・パズエロ陸軍中将(前保健大臣)がボルソナロ大統領の支持者の集会で壇上に上がって挨拶したことが、「軍人はいかなる政治活動にも関与してはならない」という軍規律への違反にあたるのではと軍部で審議され、最終的に無罪放免になった件に関し、各界から「危険 […]
  • 灯篭流しを観ませんか=県連がツアー2005年10月21日 灯篭流しを観ませんか=県連がツアー 2005年10月21日(金)  十一月二、三日にレジストロ市で行なわれる灯篭流し。ブラジル日本都道府県人会連合会(中沢宏一会長)がツアーを企画、参加者を募集している。 […]
  • 東西南北2019年10月19日 東西南北  今週の後半は、もっぱら社会自由党(PSL)とボルソナロ一派の争いが国の話題を独占した。18日も、PSLのボルソナロ派の下院議員5人の活動停止が正式に宣言される一方、ネット上では大統領三男のエドゥアルド氏が架空の3レアルの肖像にジョイセ・ハッセルマン下議の顔を載せた写真を投稿し […]
  • 1千人太鼓新曲を発表=日本の指導者も来伯して=太鼓協会2007年3月2日 1千人太鼓新曲を発表=日本の指導者も来伯して=太鼓協会 2007年3月2日付け […]
  • 高い志持つ清廉の士=秋田県人会理事 大槻洋志郎2003年1月1日 高い志持つ清廉の士=秋田県人会理事 大槻洋志郎 2003年1月1日(水) 出稼ぎも含めて日系社会の未来を思うときは悲観的になりがちですが、新しく発足する新政権の中枢にも日系人がいるし、ブラジル社会のあらゆる分野で我らの子孫が堂々と活躍しています。彼ら、彼女らの能力たるや一世の比ではないと思います。焼け野原に多種多様の若 […]