ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》接種完了者が人口の約半分、1億人突破=死者数は昨年4月並みの水準まで低下=年末には集団免疫ができるか

《ブラジル》接種完了者が人口の約半分、1億人突破=死者数は昨年4月並みの水準まで低下=年末には集団免疫ができるか

ドライブスルーでワクチン接種を受ける人(Rovena Rosa/Agencia Brasil)

ドライブスルーでワクチン接種を受ける人(Rovena Rosa/Agencia Brasil)

 新型コロナのワクチン接種が進み、13日には接種完了者が1億人を突破、14日には初回接種終了者が1億5千万人を超えた。これを受け、死者の7日間平均は昨年4月末の水準まで落ちた。
 13~14日付現地紙、サイトによると、13日現在の接種完了者は人口の47・11%。10億4700万人の中国、2億7260万人のインド、1億8770万人の米国に次ぐ第4位となり、人口比では62位だ。
 13日現在の初回接種終了者は人口の70・29%の1億4995万990人、人口比は21位。64・64%で28位の米国を上回った。14日の接種完了者は1億63万2085人、初回接種終了者は1億5017万9756人だった。
 サンパウロ総合大学教授で免疫学者のグスターヴォ・カブラル氏は、ブラジルのワクチン接種は年末には70%が接種を終えて、集団免疫による防疫壁ができ始めるために、コロナ禍前の日常に戻るための試みも可能になると見ている。
 ただ、オズワルド・クルス財団(Fiocruz)研究員で呼吸器科医のマルガレス・ダルコモ氏は、新型コロナウイルスはインフルエンザなど同様、生き残ると明言。「予防接種が毎年になるか、2年に1度でよいかは不明」としている。
 14日現在の死者は前日比で525人増の60万2099人で、死亡率は2865人/100万人、7日間平均は327人だった。
 7日間平均は12日に300人台に落ち、連休の影響とされたが、12日以降は367人、316人、327人で、急増は避けられそうだ。14日の7日間平均は昨年4月29日の366人以下だが、昨年4月28日の261人は上回っている。
 14日現在の観察中の患者数25万1541人は感染者の1・2%で、入院者数などが減少している事を示している。
 ただし、感染や重症化防止に不可欠な2度目の接種遅れに頭を痛めている自治体は多い。サンパウロ州は16日を、2度目の接種を受ける人と接種完了から6カ月以上の高齢者や免疫力の低い人、医療従事者に特化したVデーとし、5千カ所で対応する。
 また、Fiocruzは重篤な呼吸器疾患の患者はやや増加傾向にあると警告。専門家もマスク着用義務解除などはまだ早いと判断している。


★2021年10月9日《ブラジル》コロナ死者が60万人突破=感染拡大明らかに減速=気になる死因未特定者の増加
★2021年10月8日《ブラジル》「コロナ禍終息は近い」9月は過半数の市でコロナ死者ゼロに=マスク着用解除には慎重論も

★2021年6月26日《ブラジル》「コロナ死40万人分は避けられた」上院調査委員会で専門家が見解=大統領支持者が多い町ほど死者多い?

image_print

こちらの記事もどうぞ