ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ボリビア》南米麻薬カルテルの中心地に=ブラジル大手密売組織PCC進出で

《ボリビア》南米麻薬カルテルの中心地に=ブラジル大手密売組織PCC進出で

ブラジル連邦警察からの警告後にボリビアの警察が見つけたコカイン精製用の薬品(Polícia Federal)

 ブラジルの麻薬密売組織の一つでサンパウロ州を本拠とする州都第一コマンド(PCC)は隣国に進出して活動を活性化しており、ボリビアがPCCの国際的な麻薬カルテル「ナルコスル」の聖地となっていると18日付エスタード紙など複数のメディアが報じた。
 ボリビアはコカインの主要産地である上、南米大陸の中央に位置しているため、ペルーやコロンビアなどから来る大麻などの麻薬の中継地としても非常に便利だ。
 ナルコスルは、PCCのメンバーと国際的な麻薬密売組織の関係者が集まる麻薬カルテルだ。国際的な麻薬密売者として知られるウィリアン・エルバス・カマッショ(通称マルコラ)が台頭し始めた2002年に、PCCのリーダー達を最初に告発した検察官のマルシオ・セルジオ・クリスチーノ氏は、「PCCの麻薬カルテルのナルコスルは、世界で最も成長している犯罪組織だ」と明言している。
 ボリビア国内のナルコスルの拠点はサンタクルス・デ・ラ・シエラ地方で、メンバーは宝石や診療所、レストラン、農園などに投資しており、誰にはばかる事もなく、家族と共に安全に域内を行き来しているという。
 ナルコスルのリーダー達の生活の一端は、サンパウロ州に診療所のネットワークを持ち、2020年にグアルーリョス空港で捕まったアンデルソン・ラセルダ・ペレイラ(通称ゴールド)の携帯電話の写真や通信記録、ブラジルの刑務所システムや連邦警察、サンパウロ州市警からの情報などで明らかになった。警察関係者は、ペレイラはボリビアでも同様の投資を行っていると見ている。彼はメキシコや欧州の麻薬犯罪組織との交渉役でもあった。

 ナルコスルのメンバー達はヘリコプターや小型機でブラジル北東部に飛び、休暇を過ごしつつ、イタリア最大の犯罪組織Ndranghetaのメンバーと商談をまとめたりする。NdranghetaはPCCが扱う欧州向けの麻薬の40%を扱っており、ボリビアでなら1千米ドル/キロの麻薬を3万5千ドル/キロで売り捌いている。
 国際的な犯罪組織との商談増加でPCCの利益は飛躍的に伸び、推定15億レアル/年に達している。これにより、1990年代から続いていたセボーラと呼ばれる月950レアルの月謝徴収は終わった。セボーラは、サンパウロ市に住む家族を内陸部の刑務所に連れて行くためのバスの経費や弁護士を雇う費用、基礎食料品セットの購入費、刑務所にいる仲間へのサービス経費などの支払いに使われていた。
 ボリビアとブラジルは警察同士の協力関係が保たれているのに、PCCがボリビアで活動拠点を設ける事ができた理由の一つは、ボリビアの警察が米国の麻薬取り締まり機関であるDEAとの協力を嫌っている事だ。
 また、ブラジルとボリビアの麻薬犯罪組織が一定レベルのライバル関係にある事や、ボリビアの警察や軍人の一部は賄賂さえ払えば麻薬密売者達の行動を黙認し、保護する事なども、PCCの進出やカルテル形成を容易にしたとされている。

★2021年5月28日《ブラジル》イタリア人麻薬マフィア逮捕、本国へ強制送還へ=1、2を争うお尋ね者が南米潜伏
★2020年10月16日《ブラジル》大量麻薬密輸のブラジル人ら逮捕=ポルトガル、リスボンで
★2021年10月7日《ブラジル》過去最多!リオでコカイン5トン押収=アフリカ向け、粉石けんの箱に
★2019年5月3日《ブラジル》国道警備集中取締り作戦実行=1カ月半で2900人超逮捕=大麻18トンにコカイン2トンを押収

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 佐竹弘さん逝去=野球振興に貢献2004年12月11日 佐竹弘さん逝去=野球振興に貢献 12月11日(土)  ニッケイ新聞や日伯毎日新聞の代理人を十数年務めたマリリア市の佐竹弘さん(東京都出身)が一日午後十一時五十分頃、神経の病気のために同市のサンタカーザ病院でなくなった。享年八十歳だった。 […]
  • 優勝トロフィーを掲げるフェリペ・トレド(facebook/Filipe Toledo)2015年5月19日 サーフィン界でブラジル旋風=フィリペ・トレドまた戴冠  17日に行われた、世界サーフィン協会(ASP)主催のワールドサーフリーグ(WSL)リオ・ラウンドで、サンパウロ州ウバツーバ市内出身のフェリペ・トレド(20)が優勝したと18日付伯字紙が報じた。 フェリピーニョのニックネームで呼ばれるトレドは、豪州ゴールドコーストで行われた […]
  • 〃聖地〃東京ドームで日伯戦=聖、パ州クラブ選手らが=「国立フレンド・シニア」と対戦=「コロニア野球人の夢」2013年2月23日 〃聖地〃東京ドームで日伯戦=聖、パ州クラブ選手らが=「国立フレンド・シニア」と対戦=「コロニア野球人の夢」 ニッケイ新聞 2013年2月23日  憧れの東京ドームで日伯戦——。アニャンゲーラニッケイクラブ野球部(白石マリオ部長)、ニッケイWEB(小川彰夫代表)共催による『第1回日伯シニア野球大会』が28日午後5時から、読売巨人軍の本拠地・東京ドームで行われる。ブラジルから日系8 […]
  • 大耳小耳2015年8月18日 大耳小耳  外交120周年を記念しNHKワールド・ラジオ日本で27日午前6時15分から、NHK横浜局で「移民節」を歌う松田美緒さんのコンサートの様子が放送される。移民節は初期ブラジル移民の佐々木重夫さんが作詞したもの。「炭坑節」ブラジル版やヴィラ・ロボスの名曲「田舎の列車」など10曲 […]
  • 国外子会社から逆投資?=ブラジル多国籍企業の投資に変化2011年11月17日 国外子会社から逆投資?=ブラジル多国籍企業の投資に変化 ニッケイ新聞 2011年11月17日付け  ブラジルの多国籍企業が、金融取引税(IOF)をかわすため、国外向けの投資を縮小し、ブラジル外の子会社からのブラジルへの投資という形を借りて国内投資扱いしていると、16日付で伯字紙が報じている。 […]