ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》プレカトリオ下院1回目の投票に問題発覚=最高裁が10億レの秘密予算差止=投票方法にも不正疑惑=9日にも2回目の投票か

《ブラジル》プレカトリオ下院1回目の投票に問題発覚=最高裁が10億レの秘密予算差止=投票方法にも不正疑惑=9日にも2回目の投票か

下院の様子(Pedro Franca/Agencia Brasil)

 裁判所が連邦政府に命じた賠償金など(プレカトリオ)の支払い方法に関する憲法改正法案(PEC)が、4日未明に下院で1回目の投票が行われ、わずか4票差でギリギリ承認された。その際、無理やり賛成票をかき集めたような投票方法に不正があったとの疑惑や、投票直前に連邦政府が10億レアルの秘密予算払い出しを許可して影響を与えていた疑惑が浮上。2回目の投票に影響を与えかねない事態となっている。5〜8日付現地紙、サイトが報じている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ