ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》女性歌手乗せた事故機回収=送電線接触が直接の原因か

《ブラジル》女性歌手乗せた事故機回収=送電線接触が直接の原因か

滝に落ちる前に回収された双発機の機体(Polícia Militar)

 【既報関連】5日午後発生し、セルタネージャの女性歌手、マリリア・メンドンサら5人が死亡した小型機の墜落事故はブラジル中を驚きと涙で包んだ。その目撃証言や現場検証の結果などから、小型機は現場近くにある送電線に接触し、墜落した可能性が濃厚になっている。
 ブラジル国内紙やサイトは5日以降、この事故に関する情報を連日報じている。
 メンドンサとおじのアビシエリ・シルヴェイラ・ジアス・フィーリョ氏の遺体は、6日朝、ゴイアス州ゴイアニアに運ばれ、その日の内に葬儀と埋葬が行われた。プロデューサーのエンリケ・リベイロ氏の葬儀と埋葬はバイア州サルバドールで、正副操縦士の葬儀と埋葬は連邦直轄区で行われた。
 滝の傍らに墜落した事故機やエンジンの回収は現場検証が終了した6日から始まり、クレーン車なども動員された。足場が悪い事や、エンジンのひとつは機体から離れたところに落ちていた事などから回収は手間取った。回収作業は8日に終わり、機体そのものは9日午後、事故原因の調査のためにリオ州に運ばれた。エンジンは10日にサンパウロ州内陸部のソロカバ市に運ばれる。
 事故機には運航記録となるブラックボックスがないため、原因解明は、目撃証言や現場検証の結果と機体やエンジンの調査を通して行われる。

 事故原因については、現場近くにある送電線が切れていた事などから、事故の直後から、送電線に接触した事が直接的な原因との見方が出ていた。8日には、回収された双発機のプロペラに送電線と見られるコードが巻きついていた事が確認されている。ただし、そのコードが切れた送電線かは今後の鑑定を待つ必要がある。
 現場に近い、塀で囲まれた集団住宅に住んでいるロサナ・ボルトット氏とその夫は、外出しようとした時に墜落に伴う大きな音を聞いた。夫妻が住む住宅には防犯カメラもあり、映像には、ロサナ氏が扉を閉めた時、墜落が起きた事を示す音が響き渡った様子や、事故発生を通報する夫の姿なども残っている。
 ロサナ氏は事故を目撃したショックで、就眠時にも薬の服用が必要だった。事故原因の調査のために7日に同家を訪れた航空機事故調査予防センター(Cenipa)職員と市警に同伴してきた心理学者と話し合い、胸中の思いを吐き出す事ができた事で、落ち着きを取り戻したという。
 種々の調査や解析にはまだまだ時間がかかるが、ロサナ氏の証言は、遺族や関係者だけでなく、直接・間接に事故に関わった人達が精神的な安静・安定を取り戻せるようなサポートも必要な事を教えてくれる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 政界の裏で実権を握りそうな男2019年4月26日 政界の裏で実権を握りそうな男  今年に入り、ジャイール・ボルソナロ大統領、および彼の家族が引き起こす物議が国の内外で話題を呼んでいる。ただ、これからの少なくとも2年間、政治上の裏の実権を握りそうなのはロドリゴ・マイア下院議長になるのではないか。コラム子はそう睨んでいる▼それを象徴する出来事が23日に […]
  • 東西南北2006年5月9日 東西南北 2006年5月9日(火) […]
  • コラム オーリャ!2008年6月10日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2008年6月10日付け  サントス厚生ホームは、市内のバイシャーダにある。同地域は、古い建物が圧倒的に多く、みんな五、六十年くらい経ている感じ。セピア(黒茶色)とはいわないが、街がくすんで見える。具象画の絵描きの創作意欲をそそりそうだ。 […]
  • 文協埋めた橋幸夫公演=収入12万レ福祉4団体へ2017年3月18日 文協埋めた橋幸夫公演=収入12万レ福祉4団体へ  WILL株式会社(中井良昇社長)による5日の橋幸夫チャリティーコンサートで、売り上げが12万レとなったことが分かった。  開場の文協大講堂には2公演で約3千人が集まり、そこから諸経費を差し引いた分を同社が補填した。福祉4団体に7日、それぞれ3万レが寄付された。  社会福祉 […]
  • 武本文学賞、最後の受賞者=式典は3月24日、宮城会館で2019年1月5日 武本文学賞、最後の受賞者=式典は3月24日、宮城会館で  ブラジル日系文学会(中田みちよ会長)主催で最後の『第36回武本文学賞』の入選作品が発表された。授賞式は3月24日午後2時から、宮城県人会(Rua Fagundes, 152, […]