ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報=日系建築家大竹マサシ・ルイさん

■訃報=日系建築家大竹マサシ・ルイさん

大竹マサシ・ルイさん

大竹マサシ・ルイさん

 日系画家・故大竹富江の息子にして、有名建築家の大竹マサシ・ルイさんが11月27日、サンパウロ市内マウリ街のアパートで亡くなった。享年83歳。葬儀は親族のみで行われ、同日17時にホルト・ダ・パズで火葬された。大竹さんは約4カ月ほど前に骨髄異形成症候群という珍しい癌が見つかっていたという。

 大竹さんは1960年にサンパウロ州立総合大学(USP)の建築都市計画学科を卒業。翌年61年にサンパウロ市で事務所を立ち上げて住宅や商業施設などのプロジェクトで設計を担ってきた。

 サンパウロ市内の「ホテル・ユニーク」「ルネッサンス」などの建物が特に有名だが、他にもチエテエコロジカルパーク、大竹富江研究所、サコマン区のバスターミナル等も手がける。

 日本では駐日ブラジル大使館の設計も手がけ、2018年には「平成30年春の叙勲」で旭日小綬章を受章。同年時点で400を超えるプロジェクトを手がけていた。

 大竹さんが亡くなった同日にはジョアン・ドリア州知事もツイッターでその死を悼み、「母の大竹富江が芸術面で優れていたように、息子は建築面で優れていた。2人ともブラジル文化や価値観に多大な貢献をした」と生前の貢献を称えた。

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 38団体が参加へ=民族舞踊と歌の祭典2005年9月23日 38団体が参加へ=民族舞踊と歌の祭典 2005年9月23日(金)  恒例の第三十四回国際民族舞踊大会が二十四、二十五の両日、ブラジル文化協会大講堂で開かれる。三十八団体が参加。色彩豊かな民族衣装を身につけた各国コロニアの踊りや歌などの伝統文化が披露される。 […]
  • リオ地下鉄に中国製車両=規格違いで工事が必要?2012年7月18日 リオ地下鉄に中国製車両=規格違いで工事が必要? ニッケイ新聞 2012年7月18日付け  リオの地下鉄が中国製の新型車両を購入することになり、トンネルと駅の改修の必要性が生じたと17日付エスタード紙が報じている。 […]
  • コロナ災禍=相次ぐデカセギ伯人解雇=日本メディアが続々と報道2020年4月30日 コロナ災禍=相次ぐデカセギ伯人解雇=日本メディアが続々と報道  リーマンショックの悪夢再来か――。新型コロナ災禍の影響により、日本でも休業や倒産する会社が増える中、恐れていた外国人労働者派遣切りが増えてきたと日本の新聞が報じている。  車の需要が落ち込み、日本の自動車メーカー8社すべてが大型連休(4月26日から5月10日まで)をまたいで […]
  • 樹海2015年9月12日 樹海  コロニアの食に関する疑問のうち、「なぜ魚の干物がないのか」の答えが見いだせていない。灼熱の下の重労働なのに、バカリャウ(鱈)の塩漬けで茶漬けばかり啜って栄養失調になったとか、刺身ほしさに豚の脂身を薄く切って食べたとかの話を聞いたことがある。なんとも日本人の魚に対する強い思いを […]
  • パナマを越えて=本間剛夫=1062015年6月27日 パナマを越えて=本間剛夫=106  彼らはボリビアで選ばれた青年六百五十人のレインジャーの緊急訓練を始めていた。この青年たちは十九週間訓練され、小銃や迫撃砲の撃ち方、装備のカモフラージュ、目標の位置の確認法、夜間移動者の足音、その他の聞きわけ、敵の待ち伏せ、自身の待ち伏せなどの要領などを教わる。 ゲバラはこ […]