ホーム | 日系社会ニュース | ■訃報=日系建築家大竹マサシ・ルイさん

■訃報=日系建築家大竹マサシ・ルイさん

大竹マサシ・ルイさん

大竹マサシ・ルイさん

 日系画家・故大竹富江の息子にして、有名建築家の大竹マサシ・ルイさんが11月27日、サンパウロ市内マウリ街のアパートで亡くなった。享年83歳。葬儀は親族のみで行われ、同日17時にホルト・ダ・パズで火葬された。大竹さんは約4カ月ほど前に骨髄異形成症候群という珍しい癌が見つかっていたという。

 大竹さんは1960年にサンパウロ州立総合大学(USP)の建築都市計画学科を卒業。翌年61年にサンパウロ市で事務所を立ち上げて住宅や商業施設などのプロジェクトで設計を担ってきた。

 サンパウロ市内の「ホテル・ユニーク」「ルネッサンス」などの建物が特に有名だが、他にもチエテエコロジカルパーク、大竹富江研究所、サコマン区のバスターミナル等も手がける。

 日本では駐日ブラジル大使館の設計も手がけ、2018年には「平成30年春の叙勲」で旭日小綬章を受章。同年時点で400を超えるプロジェクトを手がけていた。

 大竹さんが亡くなった同日にはジョアン・ドリア州知事もツイッターでその死を悼み、「母の大竹富江が芸術面で優れていたように、息子は建築面で優れていた。2人ともブラジル文化や価値観に多大な貢献をした」と生前の貢献を称えた。

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『椰子樹』 366号2015年10月21日 『椰子樹』 366号  『椰子樹』9月号(366号)が刊行された。 「わが愛する歌人(18)木下利玄」(石川一成)、「朝の道」(川上美枝)、「ユーカリ植林」(酒井祥造)、題詠「店・たな・てん」ほか。 […]
  • リオ・ブックフェア=リオ市長が同性愛書籍に回収命令=市民は反発、最高裁は「不当な検閲」と判断=市長は「伝統的家族の価値観守る」の主張崩さず2019年9月10日 リオ・ブックフェア=リオ市長が同性愛書籍に回収命令=市民は反発、最高裁は「不当な検閲」と判断=市長は「伝統的家族の価値観守る」の主張崩さず  8月30日~9月8日にリオ市で、2年に1度のブックフェアー、第18回ビエンナーレが開催された。5日夜、リオ市のマルセロ・クリヴェラ市長(共和党・PR)が男性同士のキスシーンがある出展作品の回収を示唆、6日には実際に回収を命じたが、同件に関する司法判断は6~8日にかけて […]
  • 母の愛は病気を超える=エイズ感染児と養子縁組2012年5月15日 母の愛は病気を超える=エイズ感染児と養子縁組 ニッケイ新聞 2012年5月15日付け […]
  • ネイマール=W杯後始めて公の場に=批判に対しても冷静に反論2018年7月21日 ネイマール=W杯後始めて公の場に=批判に対しても冷静に反論  今月6日のW杯準々決勝のベルギー戦で破れ、試合後も一切取材に応じていなかったネイマールが19日、初めて公の場所に姿を現し、取材に対応した。  サンパウロ市のホテルで開かれた、ネイマール財団主催のチャリティーオークションの場で取材に応じたネイマールは、試合中に大げさに倒れる行 […]
  • 東西南北2016年12月10日 東西南北  本日付本紙でも報じたように、ジェラウド・アウキミン・サンパウロ州知事にオデブレヒトとの汚職疑惑が浮上した。これまではそうした噂が比較的少なく、10月のサンパウロ市市長選ではジョアン・ドリア氏の後ろ盾となって圧勝させたことで、「18年の民主社会党(PSDB)の大統領選有力候補」 […]