ホーム | ブラジル国内ニュース | 《ブラジル》ミナス州=2棟倒壊で男性と幼女死亡=不法建築と雨などが原因か

《ブラジル》ミナス州=2棟倒壊で男性と幼女死亡=不法建築と雨などが原因か

家屋2棟が倒壊し、幼女と男性が死亡したと報じる7日付G1サイトの記事の一部

 ミナス州州都ベロ・オリゾンテ市で7日未明、2棟の建物が倒壊し、1歳8カ月の幼女と35歳の男性が死亡する事故が起きたと同日付G1サイトなどが報じた。
 事故が起きたのは同市北部のジャケリネ区で、一家10人が暮らしていた建物(3階建て)が半壊、その隣にあった建設中の建物(4階建て)は全壊した。
 死亡したのは1歳8カ月のアントネラちゃんと、彼女の祖母の連れ合いで35歳のアンドレ・ルイス・アルヴェス・クラウジーノ氏の2人だ。
 消防によると、アントネラちゃんの母(23)は半壊した家屋の最上階で寝ていたが、母親は救助後に病院に運ばれた。アンドレ氏も同じ階にある別の部屋で休んでいたという。同氏は昼間は自動車部品店で働くサラリーマンだったが、夜はパゴジのバンドのヴォーカリストを務めていた。
 消防が到着した時には既に、隣人達がアンドレ氏の娘(13)とアントネラちゃんの母親のいとこ(19)を救出し、病院に運んでいたという。
 消防は「現場検証の結果を見ないと倒壊した原因はわからないが」としつつ、前日の強い雨が原因の一つである可能性はあるが、当面は構造上の問題が原因である可能性がより強いと見て、原因調査を進める意向を表明した。

 同市では6日の未明から強い雨が降り、市内を流れる水路が増水して各所で洪水を招いた上、主要道路が冠水して通行不能となった。家屋や塀の倒壊、倒木などが起き、倒壊家屋にいた3歳の子供が負傷した。
 ただし、7日未明に起きた家屋の倒壊時、雨はすっかり止んでおり、地滑りなどが起きた形跡もなかったという。
 ベロ・オリゾンテ市役所は7日昼過ぎ、倒壊した家屋は不法建築で、建設許可などは出ていなかった事を明らかにした。
 同市防災局によると、4階建て建物の左隣の建物と、3階建ての建物の右隣の家屋にも被害が出たが、死傷者は出ていない。被害が出た家屋の安全性の確認なども急いで行う意向だ。倒壊家屋の瓦礫は、その裏手で少し低い場所に建っている家屋の敷地内にもなだれ込んでいる。
 4階建ての建物には建築責任者を特定するようなプレートが出ておらず、現場監督的な設計士などの技術者もついていなかった可能性があるという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2017年4月21日 東西南北  本面でも報じているように、ルーラ元大統領にまつわる疑惑のひとつ、アチバイアの別荘問題に関して、オデブレヒト社側から疑惑を後押しする証言が相次いでいる。それにも関わらず、18年大統領選での同氏の人気は依然、高いままだ。イボッピが20日に発表した大統領選挙のアンケートによると、「 […]
  • 「陶芸30周年」を記念=クーニャで陶芸家中心にイベント2005年7月15日 「陶芸30周年」を記念=クーニャで陶芸家中心にイベント 7月15日(金)  陶芸の町クーニャ市は一九七五年の窯開きから今年で三十年を迎える。それを記念して同市に住んでいる陶芸家二十人を中心に「陶芸三十周年展示会」を十六日から九月十一日まで「ガレリア・クニアンセ」(Rua […]
  • 自閉症少年が置き去りに=市福祉局が事態調査へ2012年9月27日 自閉症少年が置き去りに=市福祉局が事態調査へ ニッケイ新聞 2012年9月27日付け  17歳の自閉症の少年が24日夕方、サンパウロ州タボン・ダ・セーラ市ジャルジン・ビトーリア区にある支援施設の教室に置き去りにされたと26日付フォーリャ紙、エスタード紙などが報じた。 […]
  • バイレ・エリカ16周年=12月4日、愛知会館で2010年11月24日 バイレ・エリカ16周年=12月4日、愛知会館で ニッケイ新聞 2010年11月24日付け  川橋エリカ音楽教室は12月4日午後6時半から愛知県人会館(R.Santa […]
  • 東西南北2010年10月9日 東西南北 ニッケイ新聞 2010年10月9日付け […]