ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 9日21時30分、サッカーの全国選手権の最終節10試合が一斉にはじまった。その結果、まだ決まってなかった2部降格の残り2チームはバイアとグレミオとなり、ジュヴェントゥーデが残留を決めた。グレミオは最終戦で優勝したアトレチコ・ミネイロに4―2で勝ち、健闘したが、ジュヴェントゥーデがコリンチャンスに勝ったため、勝ち点で降格圏脱出がかなわなかった。また、リベルタドーレス杯には、アトレチコ・ミネイロ、フラメンゴ、パルメイラス、フォルタレーザ、コリンチャンス、ブラガンチーノ、アトレチコ・パラナエンセまでがグループリーグから、フルミネンセ、アメリカMGが予選から、出場することが決まった。
     ◎
 8日、ブラジル国内で最大の音楽賞のひとつ、「プレミオ・ムウチショウ」の授賞式が行われ、11月に起きた飛行機墜落事故により、26歳でこの世を去ったマリリア・メンドンサが最優秀女性歌手に選ばれた。授賞式では改めて、追悼の場が設けられた。また、アニッタが、「イパネマの娘」の引用で話題となった「ガール・フロム・リオ」で最優秀楽曲と最優秀ビデオの2部門、大型新人として話題沸騰中の女性歌手マリーナ・セナが、新人賞など2部門を受賞したことが注目された。
     ◎
 9日、スペインで最大規模を誇る音楽フェスティバル「プリマヴェーラ・サウンド」のサンパウロ版が、来年の10月31日から11月6日にかけて行われると発表された。会場はサンパウロ市北部アニェンビとのことだが、詳細は明らかにされていない。サンパウロ市では2012年から、同種のフェスティバル「ロラパルーザ」が大人気を博しているが、そこにもう一つ加わる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 被爆者らと意見交換に=裁判担当の足立弁護士ら来伯2004年3月10日 被爆者らと意見交換に=裁判担当の足立弁護士ら来伯 3月10日(水)   【既報関連】「在ブラジル原爆被爆者裁判」担当の足立修一弁護士と広島共立病院の青木克明院長が八日に来伯、被爆者らと今後の方針について意見交換する。滞在は十二日まで。 […]
  • 《ブラジル》GDP5・12%減か?=4週連続で下方修正2020年5月19日 《ブラジル》GDP5・12%減か?=4週連続で下方修正  中銀が18日に発表した、金融関係者へのアンケート調査による経済指標予測集「フォーカス」によると、2020年の国内総生産(GDP)成長予測が、先週よりも約1%ポイント低い、5・12%減に下方修正された。18日付現地サイトが報じている。  11日に発表された予測では4・11%減 […]
  • 《ブラジル》貯蓄預金=昨年は133億レアル分預金が純増=低利率により目減りの危険も2020年1月9日 《ブラジル》貯蓄預金=昨年は133億レアル分預金が純増=低利率により目減りの危険も  ブラジル中銀は7日、2019年の貯蓄預金(ポウパンサ)への預け入れ総額は133億レアルの純増だったと発表。8日付現地紙が報じた。  「純増」とは、預け入れ分から引き落とし分を引いた結果が黒字だったことを意味する。単純な新規預け入れ額はもっと大きいが、引き落とされた分が減額さ […]
  • 東西南北2021年7月29日 東西南北  サンパウロ州地裁はサンパウロ市に対し、中央部の7月9日大通りでの交通を22時から翌朝6時まで止めさせる命令を出した。これは同大通りの道路上にある溝の上を車が通過する際に大きな騒音をたて、近隣住民に苦痛を与えているとの訴えに応えたもの。市が命令を遵守しない場合には1日につき1千 […]
  • 小森広さん 四十九日法要2015年1月21日 小森広さん 四十九日法要  今月13日に85歳で亡くなった、ブラジル日本会議の終身名誉理事長、小森広さんの四十九日法要の日程が決まった。3月1日午後4時からサンパウロ市の西本願寺(Rua Changua, 108, […]