ホーム | コラム | オーリャ! | メトロもクリスマスの装い

メトロもクリスマスの装い

LEDで縁取られた電車

LEDで縁取られた電車

 8日朝、通勤のために、サンパウロ市メトロの電車が到着するのを待っていたオーリャ子。近付いてくる気配を感じて振り向くと、ピカピカ光る巨大な物体がやってきた。
 「やたら光っているな」と思っていたら「ラッピング電車」だった。窓や自動ドアの周囲がLEDで縁取られており、車体にクリスマスの七面鳥がプリントされ、肉加工食品でお馴染みSadia社のプロモーション仕様のもの。
 以前にも、ネットフリックス等のインターネット動画配信サイトのラッピング電車は見かけた事があるが、LED装飾されたものは初めてみる。車体全体のピカピカ具合に「もうすぐクリスマス」という実感と、景気良く感じて少し明るい気持ちになる。
 昨年のクリスマスを思いだすと、静かな街の印象の方が強い。今年はワクチン接種で国内のコロナ感染が減少していることもあり、街の人出も多くて断然明るい印象だ。「もうすぐ終息するはず」との言葉は幾度となく聞いた。来年こそは本当に落ち着いて欲しいところ。(天)

 

image_print

こちらの記事もどうぞ