ホーム | アルゼンチン 関連記事

アルゼンチン 関連記事

商議所部会長シンポ22日=波乱含みの内外情勢読み解く

 ブラジル日本商工会議所(村田俊典会頭)の総務委員会と企画戦略委員会が共催する恒例の「2019年業種別部会長シンポジューム」が今月22日午後1時から、インターコンチネンタルホテル(Rua Alameda Santos, 1123)で開催される。日ポ両語同時通訳つき。参加費無料。シンポ後の懇親会は80レ。  今年のテーマは「201 ...

続きを読む »

《ブラジル》ゲデス経済相、メルコスール離脱の覚悟も=アルゼンチンのキルチネル派を牽制

ゲデス経済相(Rovena Rosa/Ag. Brasil)  15日にサンパウロ市で開かれた、サンタンデール銀行主催のイベントに出席したパウロ・ゲデス経済相は、アルゼンチンの政治状況に触れ、「もしキルチネル派が選挙に勝ち、南米共同市場(メルコスール)とEUの自由貿易協定を邪魔するなら、ブラジルはメルコスールから抜ける」と発言し ...

続きを読む »

書評「移民と日本人」=京都府在住 宮沢之祐

■わたしは誰か  ブラジルに来たのは誰なのか。ブラジル移民と、その末裔にとって、その問いは、「わたしは誰か」と同義かも知れない。  「移民と日本人」は、ニッケイ新聞の編集局長が、その問いの答を探った労作だ。副題に「ブラジル移民110年の歴史から」とあるが、その前史から国外に出た日本人の歴史を振り返る。  420年前、南米の地を踏 ...

続きを読む »

《ブラジルサッカー》ブラジル杯準決勝第1試合が終了=ライバル対決が、決勝で実現か?

 8月7日と14日に、サッカーブラジル杯の準決勝第1試合が行われた。  7日に行われたのはクルゼイロ対インテルナシオナルの一戦で、地元のクルゼイロが0対1で敗れた。クルゼイロはブラジル杯を連覇中で、名将マノ・メネゼスが3年以上指揮をとるなど、戦術の浸透度も他のチームに勝っていたが、「どんな監督も3年程度でサイクル終了」のジンクス ...

続きを読む »

アルゼンチン大統領予備選=マクリ失墜、ボウソナロにも原因?=来訪後に支持率急落していた

マクリ大統領とボウソナロ大統領(Marcelo Camargo/Ag. Brasil)  11日に行われたアルゼンチン大統領予備選での現職のマウリシオ・マクリ大統領の大敗は、大幅なペソ安を引き起こすなど、国際的な混乱を巻き起こした。  これに関して、ブラジルのボウソナロ大統領は翌日、「このままではアルゼンチンは第二のベネズエラ」 ...

続きを読む »

《アルゼンチン大統領選》現職のマクリ苦戦で市場大荒れ=メルコスール合意にも暗雲=極右のブラジル、ボウソナロ大統領、左派台頭に露骨に嫌悪感

予備選勝利を支持者たちと祝うフェルナンデス氏(左)とキルチネル氏(FrenteDeTodos/media)  【既報関連】アルゼンチンで11日に行われた大統領選の予備選挙で、左派のアルベルト・フェルナンデス氏が47・66%を得票し、32・08%だった現職右派のマウリシオ・マクリ大統領に大差をつけたことで、12日のアルゼンチン市場 ...

続きを読む »

アルゼンチン大統領選=予備選でマクリが大敗=フェルナンデス氏に15%P差

 11日、アルゼンチンで大統領選の予備選が行われ、クリスチーナ前大統領が副候補でついたアルベルト・フェルナンデス氏が現職のマウリシオ・マクリ氏に予想以上の大差で圧勝した。12日付ブラジル国内紙、サイトが報じている。  アルゼンチンでは10月27日に大統領選の一次投票が行われるが、2カ月前に行われる予備選は、その行方を占う意味でも ...

続きを読む »

臣民――正輝、バンザイ――保久原淳次ジョージ・原作 中田みちよ・古川恵子共訳=(137)

 DOPSへの根来氏の証言によると、会員数は2万人、支部が51あり、これには根来良太郎のアララクァーラ支部も入っている。渡真利氏はそれ以上の数を提出している。会員3万人、支部は64。これら支部はサンパウロ州全域に散らばっている。支部が一番集中しているのはマリリアとツッパンで、次にポンペイア。この三ヵ所だけで、臣道聯盟の会員は3万 ...

続きを読む »

東西南北

 11日は父の日で、ブラジルでは服役中の犯罪者の一部に外泊許可が出る。だが、この制度が何かと物議を醸しやすい。今年の場合は、アレッシャンドレ・ナルドーニ受刑囚(41)に外泊許可が出て、話題となっている。ナルドーニ受刑囚は2008年、離婚後も、週末には会うことのできた前妻との娘イザベラちゃん(当時5歳)を殺害した上、再婚相手と共謀 ...

続きを読む »

宮沢和史「世界中にオキナワがある」=おきなわ祭りで初公演!=「島唄」やボサノヴァも披露

 「再来年の『世界のウチナーンチュ大会』でまた会いましょう!」――アンコールに応えた宮沢和史(53、山梨県)は、そう会場に呼びかけた。今月3、4両日に沖縄県人会、沖縄文化センター、沖縄県人会ビラ・カロン支部(小波津セルジオ会長)が共催する『第17回おきなわ祭り』(上原マリオ正実行委員長)が聖市営サッカー場で行われ、特別ゲストにバ ...

続きを読む »