ホーム | メンサロン 関連記事

メンサロン 関連記事

ブラジル短信=「新政権発足、求められる秩序と発展」=1月20日記 聖市在住 田中禮三 

ボウソナロ新内閣の就任式の様子(Foto Marcelo Camargo/Agência Brasil)

 新年に、退役大佐ボウソナロ新大統領率いる新政権が発足した。昨年末の総選挙で、過去十数年にわたる労働者党による腐敗政治に終止符が打たれ、新たな年の始まりと共にスタートした新政権へのブラジル国民の期待は大きい。  2015年に始まった検察庁、連邦警察によるラバジャット作戦は、ブラジル政界が如何に汚職まみれであったかを、その捜査過程 ...

続きを読む »

ボウソナロ新内閣が発足=「政治家より国民のために尽くす」=古く澱んだ池に澄んだ大量の水=聖市在住 駒形 秀雄

新しく就任した内閣(Foto Valter Campanato/Agência Brasil)

 1月1日、うす曇りの首都ブラジリアで各界要人列席の下、ジャイール・ボウソナロ氏の第38代大統領の就任式が無事挙行されました。全国各地から11万人もの国民がこれに参集し、三権の広場は大衆の祝福の言葉で満たされました。  翌2日には各省庁の実務を遂行する新閣僚たちも正式に任命され、旧来とは別の清新メンバーによる内閣が発足しました。 ...

続きを読む »

《ブラジル》フォーリャ紙が族議員グループでの票まとめは困難と分析=次期大統領は強く希望も=政党よりかなり弱い統率力=特定案件以外の利害異なる

クリスマスのボウソナロ氏(twitter)

クリスマスのボウソナロ氏(twitter)  ジャイール・ボウソナロ次期大統領が19年から下院でやろうとしている、「福音派」や「農牧族」などのグループ主体に票をまとめる方法は、政党で意見をまとめる従来型のやり方ほど効果的ではないと、25日付フォーリャ紙が報じている。  ボウソナロ次期政権では、連邦政府に各連立政党からの閣僚を配し ...

続きを読む »

《ブラジル》ボウソナロ氏の長男の運転手に不審な金の動き=1年で120万レアルも=妻や娘2人も職員に採用=次期大統領夫人に小切手支払も

フラヴィオ氏(中央)(Wilson Dias/Agência Brasil)

フラヴィオ氏(中央)(Wilson Dias/Agência Brasil)  5日頃から、ジャイール・ボウソナロ次期大統領の長男で次期上議のフラヴィオ氏がリオ州議として雇っていた職員のうち、中心人物ともいえる元運転手が、疑惑の金銭授受を行っていた可能性が取り沙汰されている。さらに、同運転手がボウソナロ氏のミシェル夫人へ疑惑の小 ...

続きを読む »

《ブラジル》あの三宅ローザの生涯が凝縮された一冊

三宅ローザのポ語伝記『Rosa da Liberdade - A História de Rosa Miyake e do programa de TV Imagens do Japão』

 「Isto é uma vergonha」(それは恥だ)という決まり文句でニュースを締めくくることで有名な、強面の司会者ボリス・カゾイ(77)をご存じだろうか。  PT政権時代の2005年12月、メンサロン汚職、PT市長のトニーニョ・ド・PTやセルソ・ダニエルの暗殺事件などの件で歯切れよく政府批判し、ルーラ大統領(当時)の差し ...

続きを読む »

PT(労働者党)の冬=ダニエル・ペレイラ著

ハダジ氏(右)とグレイシ・ホフマンPT党首は、ルーラ容疑者を見舞ったあと、抗議集会に参加(18年6月29日、Ricardo Stuckert)

 PTハダジ候補者は、ルーラ元大統領との「へその緒で結ばれた関係」から生ずる利益と負債を、同時に獲得した。  イボッペ選挙調査によると、9月中旬わずか7日間で支持率が11%急上昇し、大統領選挙戦第2の地位を固めた。1週間前のダッタ・フォーリャ選挙調査によると、拒絶率も9%急上昇し、ボウソナロ候補者と肩を並べる高い拒絶率となった。 ...

続きを読む »

東西南北

 28日の大統領選決選投票で当選が決まったジャイール・ボウソナロ氏に関して、ブラジル国内での受け止められ方と国外でのそれに、かなり大きな差があると言わざるを得ない。国外の報道で目立つのは、「ファー・ライト(極右)の政権がブラジルに誕生した」と、民主主義が危機にさらされる脅威を伝えたものだ。これはブラジル国内での、特に同氏支持者の ...

続きを読む »

ボウソナロ優勢のまま乗り切るか=28日、いよいよ決戦投票=思い切って占う、新政権でどう変わる!=聖市在住 駒形 秀雄

ボウソナロ大統領候補(Foto Tânia Rêgo/Agência Brasil)

 10月7日の総選挙で新しい国会の議員は決まりましたが、大統領はボウソナロとハダジ、2候補の決戦投票(28日)になりました。  今までの支持率調査では、ボウソナロ(PSL党)59%、ハダジ(PT党)41%という数値が続いており、あと1週間もない投票日に向けて両陣営の激しい追い込み活動が続いております。  今回の大統領選挙では両候 ...

続きを読む »

決選投票=共に制憲議会招集否定=「憲法守る」とボウソナロ=モウロン発言は失言扱い=ハダジはジルセウ入閣否定

8日、グローボ局に出演したボウソナロ氏(上)とハダジ氏(フォーリャ紙より)

8日、グローボ局に出演したボウソナロ氏(上)とハダジ氏(フォーリャ紙より)  大統領選の一次投票の翌日の8日、決選投票に進んだジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)とフェルナンド・ハダジ氏(労働者党・PT)がグローボ局のインタビューに答え、共に噂され、心配もされていた「制憲議会」の招集はないことなどを明言した。9日付現地 ...

続きを読む »

混乱選挙における日系候補の役割=「倫理」が重要、よく考えて投票を!=法律専門家 原田清

電子投票箱(Foto: Elza Fiuza/Abr)

 現在進行中の選挙ほど、困った選挙は今までほとんどなかった。  選挙日程が正式発表されるよりはるか以前から主流メディアは、資金洗浄などの汚職で有罪判決を受けた囚人(編注=ルーラ)を〃大統領選立候補者〃扱いした。報道の本来の役割を忘れたこの行いにより、彼は話題の中心人物となりえた。  (選挙が始まる大分前からの)支持率〃調査〃によ ...

続きを読む »