ホーム | メンサロン 関連記事

メンサロン 関連記事

決選投票=共に制憲議会招集否定=「憲法守る」とボウソナロ=モウロン発言は失言扱い=ハダジはジルセウ入閣否定

8日、グローボ局に出演したボウソナロ氏(上)とハダジ氏(フォーリャ紙より)

8日、グローボ局に出演したボウソナロ氏(上)とハダジ氏(フォーリャ紙より)  大統領選の一次投票の翌日の8日、決選投票に進んだジャイール・ボウソナロ氏(社会自由党・PSL)とフェルナンド・ハダジ氏(労働者党・PT)がグローボ局のインタビューに答え、共に噂され、心配もされていた「制憲議会」の招集はないことなどを明言した。9日付現地 ...

続きを読む »

混乱選挙における日系候補の役割=「倫理」が重要、よく考えて投票を!=法律専門家 原田清

電子投票箱(Foto: Elza Fiuza/Abr)

 現在進行中の選挙ほど、困った選挙は今までほとんどなかった。  選挙日程が正式発表されるよりはるか以前から主流メディアは、資金洗浄などの汚職で有罪判決を受けた囚人(編注=ルーラ)を〃大統領選立候補者〃扱いした。報道の本来の役割を忘れたこの行いにより、彼は話題の中心人物となりえた。  (選挙が始まる大分前からの)支持率〃調査〃によ ...

続きを読む »

《ブラジル》大統領選=ダッタフォーリャでボウソナロが前進=ハダジには痛い展開に=両者共に拒絶率40%以上=国民68%が選挙に「怒り」

支持率グラフを報じる3日付フォーリャ紙

支持率グラフを報じる3日付フォーリャ紙  2日、ダッタフォーリャによる大統領選の世論調査が行われ、ジャイール・ボウソナロ氏が支持率を32%に上げて優位に立つ一方、追うフェルナンド・ハダジ氏(労働者党・PT)がルーラ元大統領に伴うスキャンダルなどで支持率を下げた。また、今回の調査では、ボウソナロ、ハダジ両氏が共に拒絶率で40%を超 ...

続きを読む »

《ブラジル》パロッシの供述の一部公に=「ルーラはペトロブラスの不正知っていた」=「選挙費用は申告の4倍」=ハダジには大きな痛手に

2日のエスタード紙より

2日のエスタード紙より  パラナ州連邦地裁のセルジオ・モロ判事は1日、ルーラ、ジウマ両氏の労働者党(PT)政権の重要閣僚だった、アントニオ・パロッシ氏のラヴァ・ジャット(LJ)作戦での報奨付証言(デラソン)の一部公開を認めた。これにより、「ルーラ氏は2007年からペトロブラス(PB)の汚職計画を知っていた」「10、14年のジウマ ...

続きを読む »

《ブラジル》トフォリ氏が最高裁長官に就任=PTとの強い関係の中

トフォリ氏(Nelson Jr./SCO/STF)

トフォリ氏(Nelson Jr./SCO/STF)  13日、最高裁長官にジアス・トフォリ氏(50)が就任した。同氏は労働者党(PT)との関係が強い判事として知られており、長官就任後の動向が注目されている。13日付現地紙が報じている。  トフォリ氏は、まだ41歳だった2009年、ルーラ大統領(当時)の指名で最高裁判事に就任した。 ...

続きを読む »

政党再編するなら、どの党から?

ヴァウデマール・コスタ・ネット氏

ヴァウデマール・コスタ・ネット氏  大統領選まで、早いものであと2ヵ月あまり。サッカーW杯も終わり、伯字紙もこの話題が中心になっている▼今回の選挙は、ラヴァ・ジャット作戦以降の政界大混乱の収束が求められる選挙と位置づけられている。だが、それが故に、まだどう転ぶかわからず国民は迷っている最中だが、それは政界も同じ。どの候補を支持し ...

続きを読む »

東西南北

 最高裁は18日、クリスチアーネ・ブラジル下議に対し、所属のブラジル労働党(PTB)の会議への出席を認める判断を下した。同下議は、労働省内の汚職事件「レジストロ・エスプーリオ作戦」への関与を疑われ、最高裁から、同じく関与が疑われている同党の他の党員との接触を禁止されていた。クリスチアーネ氏は、メンサロン事件で実刑を受けた同党党首 ...

続きを読む »

《ブラジル》最高裁が警察にも司法取引の権利認める=判事投票10対1の大差

被疑者と警察とのデラソンに唯一反対したファキン判事(Nelson Jr./SCO/STF/Fotos Publicas)

被疑者と警察とのデラソンに唯一反対したファキン判事(Nelson Jr./SCO/STF/Fotos Publicas)  ブラジル連邦最高裁(STF)大法廷が20日、従来は連邦検察庁(MPF)だけに限られていた報奨付供述(デラソン・プレミアーダ、以下「DP」)を被疑者との間で行う権利を、連邦警察や各州市警にも認める決定を下した ...

続きを読む »

座談会=ここが違うぞ、日伯の法律事情=改正労働法はどんな影響が出た?=ビジネスにおける倫理と文化の違い

【司会進行】 古杉征己(ブラジルの日本人弁護士) 1974年広島県生まれ。大学卒業後まもなくの2000年に渡伯。FMU大学に通い直し、2016年在学中にOAB合格。ブラジルの弁護士資格を持つ、平成の自由渡航者。人文研理事。             深沢正雪(本紙編集長) ...

続きを読む »

《ブラジル》PSDBメンサロンのアゼレード被告、遂に服役=実刑20年の元MG州知事=事件発生から20年を経て

アゼレード被告(José Cruz/Agência Brasil)

アゼレード被告(José Cruz/Agência Brasil)  「民主社会党(PSDB)のメンサロン」と呼ばれた汚職スキャンダルの主犯、ミナス・ジェライス州(MG)元知事のエドゥアルド・アゼレード被告が23日午後、前日出た逮捕命令に従って出頭。20年1カ月の服役についた。24日付現地紙が報じている。  事件そのものは、20 ...

続きを読む »