ホーム | 弓場農場 関連記事

弓場農場 関連記事

県連故郷巡り=アララクアラ、ノロエステ巡訪=(2)=協和植民地の遠い記憶=開拓で気候一変、不作に

ジャーレス出身の日野さん(右)

 ジャーレス日伯文化協会での朝食の合間、今回初参加で、ここで育ったという日野寛幸さん(72、福岡県)に話を聞いた。日野さんは1957年に家族で移住。翌年、同市郊外の協和植民地に入植した。当時11歳。小学3年生まで植民地で過ごし、4年生からは親戚の家から、市街地の小学校に通ったという。  「当時は野球の試合が楽しみで、カミニョンの ...

続きを読む »

移民の父、上塚の生涯描く=演劇「万華鏡~百年物語」=劇団員16人来伯、6日から

「ボクノフルサト」と題した公演

 【既報関連】熊本市の劇団夢桟敷(坂本真理代表)は、〃移民の父〃上塚周平の生涯を描いた演劇『万華鏡~百年物語』の公演を、10月6日午後3時から聖市熊本県人会ホール(Rua Guimaraes Passos, 142)、9日午後7時半からプロミッソン市劇場(Rua Dante Roque, s/n)で行う。プロミッソン上塚第一植民 ...

続きを読む »

CIATEコラボ会議、25、26日=在日伯人の日本社会統合テーマに

来社した永井専務理事

 CIATE(国外就労情報援護センター、二宮正人理事長)は、『2018年度CIATEコラボラドーレス会議』を25、26日午前9時から、文協貴賓室(Rua Sao Joaquim, 381)で開催する。日ポ両語、入場無料。  今回のテーマは「現代の日本―在日ブラジル人の日本社会への統合」。日伯の専門家が様々な角度から日本に住む日系 ...

続きを読む »

大阪・聖姉妹都市協会=ポ語スピコン優勝外山さん来伯=「在日外国人を助けるヒントに」

粟嶋さん、外山さん

 大阪・サンパウロ姉妹都市協会(吉川秀隆会長)が2月に行なった『ポルトガル語スピーチコンテスト』で優勝した外山朝陽さん(17、愛知県豊橋市)と同協会の粟嶋裕さんが7月25日に来社した。  同協会は同コンテスト優勝者を毎年伯国に派遣している。外山さんは24日に伯国に到着し、1日まで弓場農場や聖市難民施設などの視察を行なった。  愛 ...

続きを読む »

ファッション誌に日系モデル起用=移民110周年で記念特別号

マリ・クレール誌表紙

 グローボ出版のファッション誌「マリ・クレール」7月号でブラジル日本移民110周年記念特集が組まれている。表紙には3人の日系女性モデルが起用され、中央ではサブリナ・サトウさんが微笑んでいる。  雑誌作成に関わった日系記者やスタイリスト、カメラマンや写真家も顔写真と名前付きで紹介された。  そのほか、陶芸家の本間秀子さん、装飾デザ ...

続きを読む »

ブラジル力行会百周年、17日=記念誌編纂も

(左から)岡崎会長、吉田実行委員長

 ブラジル力行会(岡崎祐三会長)は、『ブラジル力行会創立百周年記念式典』を17日午前10時から、聖市文協内の小講堂(Rua Sao Joaquim, 381)で開催する。  式典では、歴代会長への顕彰や、力行会と縁の深い弓場農場バレエ団による公演等も予定しており、創立120周年を迎えた日本力行会から村上悦榮理事長ら14人の慶祝使 ...

続きを読む »

ブラジル力行会創立百周年=9月に式典「ぜひ参加を」

 ブラジル力行会(岡崎祐三会長)が9月17日に創立百周年式典を行うことが決まったと、岡崎会長(74、岡山県)、吉岡黎明式典実行委員長(81、二世)、同百周年記念誌編纂委員会の古賀捷則さん(76、福岡県)が来社して報告し、当日の参加を呼びかけた。  場所は聖市の文協ビルの小講堂(Rua Sao Joaquim, 381)で、午前9 ...

続きを読む »

農村に文化の輝きもたらすユバ・バレエ

 弓場農場のクリスマスの集いでのバレエ公演一曲目終了の後、大きな歓声が響いた。ミランドーポリスの街から離れたアリアンサ移住地は夜、漆黒の闇につつまれる。でもテアトロ・ユバは違う。照明に照らされた舞台の上には「文化」の輝きがあった。  バレエを指導する小原明子さんは「踊りには生活が出る」と一言。「弓場での練習の取り組みはプロ並。さ ...

続きを読む »

大耳小耳

 バイーア州在住の身体障がい者を撮影した温かみのある作品で、米国の第73回国際写真賞(2016年)を受賞した写真家・千葉康由さんが、昨年末、家族と共に弓場農場に滞在していた。「再度アフリカへの転勤が決まったため、伯国の日系人の写真を撮影したいと思った」そう。カメラを常に脇に携え、弓場の人々の会話に混じりながらシャッターを切るのを ...

続きを読む »

55年迎えた弓場バレエ=クリスマスの集いに700人=芝居「二十日ネズミと人間」も

バレエ公演フィナーレ

 サンパウロ州ミランドーポリス市の弓場農場(コムニダーデ・ユバ協会、望月友三代表)が12月25日と30日の両日、恒例の『クリスマスの集い』を開催した。来場した700人は、一年の練習の成果に大きな拍手を送った。  午後7時半、望月代表が開会挨拶として「この農場は皆さんの協力で続けられている。今日は一年の成果を見て欲しい」と語った。 ...

続きを読む »