ホーム | 日系社会ニュース | サンパウロ日本人学校=中学生43人が職場体験=17の事業所で興味深々

サンパウロ日本人学校=中学生43人が職場体験=17の事業所で興味深々

ニッケイ新聞 2013年1月11日付け

 聖市南西部のカンポリンポ区にあるサンパウロ日本人学校(久保島康正校長、1967年創立、児童・生徒数225人)は、9、10の両日に職場体験を実施した。
 在サンパウロ日本国総領事館やソニー・ブラジル、コマツ・ド・ブラジル、YKKブラジル、ニッケイ新聞、サンパウロ新聞、サンパウロ日伯援護協会(援協)など計17事業所で、中学部1、2年生徒43人が参加した。
 援協では、4人の生徒とデイサービスの利用者が、歌やトランプ、読書などをしながら会話をしながら交流を行なった。 中学部一年の石井慶治くん(12、サンパウロ)は「楽器などが利用者のことを考えて作られており、勉強になった」と真剣な表情を見せた。同学年の卯木圭くん(12、愛知)は「利用者が苦労しないようゆっくり話す、大きな声で話す、などの努力をした」と微笑んだ。
 また、利用者である高倉尚子さん(83、二世)は「片仮名の言葉や、若い人に(昔のことを)質問されるのが好きで、良い刺激になる」と笑顔を見せた。
 同学校の教師である桝本佳宏さん(37、兵庫)は、「将来一人で生きていくための力をつけて欲しい」と語っていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ