ホーム | 日系社会ニュース (ページ 4)

日系社会ニュース

博多一幸舎=「これぞ!」豚骨スープ絶賛=ラーメン戦争さらに激化へ?!

賑わいを見せた店内

 5日にグランド・オープンした本場博多の豚骨ラーメン『博多一幸舎』(Rua Tomas Gonzaga, 45, loja E)―。初日から客足も上々、絶賛の声が相次いでいる。  親子三代でテーブルを囲み、額に汗して麺をすすっていた谷口豊さん(31、二世)は「これぞ日本のラーメン!」とうなり、舌を巻いた。  デカセギ訪日から4年 ...

続きを読む »

Asflora=エコ・クリスマス開催=約220人でナタルをお祝い

イベントを楽しむ子供達

 アマゾン森林友の協会(Asflora、佐藤卓司会長)が、恒例のナタル行事「エコ・クリスマス」を先月22日に開催した。開催地のパラー州サンタ・バルバラ市のエスペジット・リベイロ入植地には、大人と子供併せて約220人が集まり、植樹を行った後ナタルを祝った。  午前8時に集合後、ゴミを散らかす酔っ払いに注意する自然の母の環境教育も含 ...

続きを読む »

《ブラジル》110周年=国士館構想で見事な手際=二世建築家の早川鋭二さん=安藤忠雄事務所で4年修行

早川鋭二さん

 元ボクサーの経歴を持ち、独学で建築を学んだ異色の〃闘う建築家〃安藤忠雄氏。その建築事務所(大阪市)で4年ほど修行し、7年前に帰伯した若手の日系建築家の早川鋭二さん(45、二世)が昨年12月9日のブラジル日本文化福祉協会の評議員会で、110周年記念メイン事業である国士館スポーツセンター再開発構想の叩き台を発表した。的確な状況把握 ...

続きを読む »

陶芸の街・聖州クーニャ市=初めて開窯した日本人女性

請関さん(前列左から2番目)とツアー参加者ら

 陶芸の町として知られる聖州クーニャ市には、約20の工房が点在する。旅行会社のトレンディ・ツーリズモ(関根いつ子社長)は工房を巡るツアーを昨年10月21日に実施。ツアー一行は、この町で初めて工房を開いた日本人女性、請関(うけぜき)美重子(71、三重県)を訪ねた。請関さんから陶芸の町としての成り立ちが語られ、町の歴史を紐解く旅とな ...

続きを読む »

《ブラジル》美川憲一=ブラジル初公演に意欲=「舞台を見て元気になって」=WILL主催、文協で5月

美川憲一

 5月13日に文協大講堂開催が決定したWILL株式会社(中井良昇代表取締役社長、東京本社)主催『第2回ウィルフォン・チャリティーコンサート』に出演する演歌歌手、美川憲一が先月1日に東京都内で取材に応じた。海外での公演は、昨年1月の米ロサンゼルスに続く2回目。初来伯となる美川憲一は「皆さんにお会いできることが最大の喜びよ。楽しみに ...

続きを読む »

恒例、餅つき祭りで年納め=餅の無料配布に長蛇の列

杵を高く振り上げ餅をついた

 大晦日恒例の「餅つき祭り」が旧年12月31日聖市リベルダーデ広場で開催された。リベルダーデ文化福祉協会(ACAL)、文協、県連、援協、アリアンサの共催。紅白餅の入った2万袋とお雑煮3千杯が無料で配布され、大勢の来場者で賑わった。  開始時刻の午前8時から降りだした雨は1時間後には止み、客足を心配していた関係者を安堵させた。午前 ...

続きを読む »

外務省・草の根資金協力=8万ドルをトメアスー日学校へ

(左から)署名する乙幡会長、濱田事務所長

 【パラー州ベレン発】トメアスー文化農業振興協会は、昨年12月21日、外務省の「草の根・人間の安全無償資金協力」における署名式を行い、在ベレン日本国領事の濱田圭司事務所長とトメアスー文化農業振興会の乙幡アルベルト敬一会長が署名した。  日本政府による「平成29年度対ブラジル国草の根・人間の安全保障無償金協力」は、トメアスー文化農 ...

続きを読む »

12月援協定例会=内村評議員から新たに物件寄付

 サンパウロ日伯援護協会(与儀昭雄会長)は、『12月度定例役員会』を21日午前9時半から、援協本部ビル4階で開催した。  冒頭、挨拶に立った与儀会長からは、援協に長年寄付をしてきた内村俊一評議員から、新たにアパート10件の寄付があったことを明かし、内村氏に対し感謝が伝えられた。  役員会では、通常どおり、各委員会や各施設からの報 ...

続きを読む »

コロニア10大ニュース=華やかにJH開館、芸能人来伯=110周年開始が秒読み!

日伯政府関係者がハイレベルで一堂に会した開館式

 新年はいよいよブラジル日本移民110周年だ。「来年」といっても、実際は来週月曜日に開始だ。2017年はブラジル社会においては政治的にも経済的にも難問山積、政変続きの年だったが、コロニアにとってはむしろ、JHが開館して入場者が50万人越え、有名な芸能人が次々に来伯、JRパスの期限が延期されるなど比較的に喜べるニュースが多かったと ...

続きを読む »

□休刊のお知らせ□

 27日付け本号が今年の通常版の最終号となります。なお購読・発送部は28日まで。今週、新年特別号(16頁)が発行されます。新年は3日から業務再開で、通常号は1月4日付けからです。

続きを読む »