ホーム | 特集

特集

本門佛立宗=開祖・日扇聖人生誕200年=佛立第26世講有が来伯=全伯8カ寺と佛立聖地巡教

8カ寺と佛立聖地を巡教した講有

 本門佛立宗開祖、日扇聖人(長松清風)生誕から200年――。日本から佛立第26世講有高須日良上人と団参者17人が先月27日から今月7日にかけて慶祝訪伯し、ブラジル本門佛立宗(高崎日現教区長)の8カ寺と佛立聖地を巡教した。10日間でその道程はおよそ3千キロにもおよんだ。中央寺院日教寺及びリンス大宣寺以外の殆どの寺院にとっては、およ ...

続きを読む »

和歌山県人会=移住100周年記念式典=仁坂知事や中南米三ヵ国からも=400人が聖州議会で祝う

(左から)ケーキカットで慶事を祝した仁坂知事、谷口会長、野口総領事、尾崎議長

 ブラジル和歌山県人会(谷口ジョゼー眞一郎会長)は、『和歌山県人ブラジル移住100周年記念式典』を先月29日、聖州議会にて開催した。母県から仁坂吉伸知事や尾崎太郎議会議長をはじめメキシコ、ペルー、アルゼンチン三ヵ国の同県人会から20人以上の慶祝団を迎えたほか、ゆかりの深い南麻州の松原植民地やドウラードス市などの遠方からも県人が駆 ...

続きを読む »

ブラジル福島県人会創立100周年=記念式典に知事ら18人来伯=「皆さんは福島県人の誇り」

来賓らで記念撮影(下段左から3番目から杉山県議会議長、内堀知事、永山会長)

 創立から100年を迎えたブラジル福島県人会(永山八郎会長)が22日、聖市の北海道協会会館で『ブラジル福島県人会創立100周年記念式典』を開催した。日本から来伯した内堀雅雄知事や杉山純一県議会議長ら18人の慶祝団をはじめ、来賓や県人ら約300人が祝いのために駆けつけた。    伯国における福島県人の歴史は1908年から ...

続きを読む »

倫理経営のすすめ=小さなことから会社は変わる=「倫理」を知ることが成功への第一歩=日本に起こった「まじめの崩壊」=正直者は本当にバカをみるのか

丸山敏秋一般社団法人倫理研究所理事長

 戦後民主主義なるものは「らしさ」の喪失ももたらした。  自然界は「陰陽のバランス」で保たれている。そして自然界に無駄はない。性に雄雌男女があるのは、それなりの必要性があり、意味があるからだ。性を異にする男女が、それぞれに「らしさ」を発揮して、物事を営むように造られている。  「男らしさ」や「女らしさ」が発揮されなければ、世の中 ...

続きを読む »

石川県人会創立80周年記念式典=県人移住百年、会館22年=副知事ら15人来伯慶祝=母県体験制度存続を要請

激励金を受け渡す竹中副知事(左から2番目)と森本会長

 ブラジル石川県人会(森永正行ジェラルド会長)は、『ブラジル石川県人会創立八十周年 石川県人移民上陸百周年 石川県人会館二十二周年記念式典』を8日、サンパウロ市内のパウリスタ大通りにあるクルベ・オムスで開催した。母県からの慶祝団として竹中博康副知事や米澤賢司県議会議長ら10人に加え、石川県海外移住家族会(中西伸一会長)の5人、計 ...

続きを読む »

コロニア・ピニャール=「びわ祭り」に最多来場者=村民団結で工夫を凝らす=年々盛り上がって5回目

開会式の様子

 ブラジルで生産されるびわの50%近くを占め、「びわの里」として知られるサンパウロ州サンミゲル・アルカンジョ市で、コロニア・ピニャール文化体育協会(貴田孝平会長)が主催する『第5回びわ祭り』が2、3の両日、同会館施設で開催された。会員家族およそ200人が汗を拭い総出で準備にあたった同祭は、2日間とも晴天に恵まれ、過去最多となるお ...

続きを読む »

山口県人会創立90周年=330人で卒寿をお祝い=母県から知事ら43人来伯

90周年を祝い乾杯

 ブラジル山口県人会(要田武会長)が8月26日、聖市内のホテルで創立90周年記念式典を行った。式典には日本から参加した43人の慶祝団を含め約330人の防長系人らが駆けつけ、県人会の節目を祝った。来伯した村岡嗣政(つぐまさ)知事、河村建夫衆議院議員、山口県ブラジル親善協会の橋本憲二会長のほか、山田彰駐ブラジル全権大使も出席した。 ...

続きを読む »

ブラジル独立記念日特集=えっ、本当 独立の影にフリーメイソン?!=総本部長だったペドロ一世=暗号で伝達されたイピランガの叫び

イピランガで独立を宣言したペドロ一世(By Pedro Amério, via Wikimedia Commons)

 全世界におよそ600万人もの会員を有し、世界最大の友愛結社として知られるフリーメイソン。絶対王政から啓蒙君主、そして市民革命へと続く激動の時代に於いて、自由博愛の思想を掲げて急速に広まった同結社は、アメリカ合衆国建国やフランス市民革命を扇動してきたと噂される一方、秘密組織ゆえに様々な憶測が飛び交い、世界を牛耳っているという陰謀 ...

続きを読む »

《ブラジル》200周年に向け絆強める=小禄田原字人移住100周年=総勢1200人で盛大に

乾杯に沸いた記念式典

 先駆者への感謝を胸に心繋ぐ百周年にー。ブラジル小禄田原字人会(与儀昭雄会長)は、『移民百周年記念式典』を8月27日、サンパウロ市内の客家会館で盛大に開催し、およそ1200人のウルクンチュが一堂に会した。一年がかりで準備された式典では、一世紀の移民史を描く歌舞劇が披露され、次なる200周年に向けて絆を更に強めた。  午前10時、 ...

続きを読む »

企業繫栄の鍵=倫理の会が参加呼びかけ=一緒に勉強しませんか?

経営者の集いの様子

 「ブラジル倫理の会」(須郷清孝会長)は2000年に創立され、09年以降、アメリカーナ市を中心にポ語による活動を本格的に開始した。現在ではピラシカーバ市、スマレ市、カンピーナス市にまで集いの場が広がった。これまでは「家庭倫理の会」としての役割が中心だったが、今後、企業などの法人会員の組織「倫理法人会」を設立して力を入れる方針だ。 ...

続きを読む »