ホーム | 特集 (ページ 30)

特集

世界有数の親日国に赴任して=駐ブラジル日本国大使 梅田 邦夫

 第106回目の「日本移民の日」を迎えるにあたり、心よりお慶び申し上げます。 駐ブラジル日本大使としてこの地に着任して4カ月が経ちます。この間、強く感じることは、ブラジルは世界有数の親日国であり、しかも日本や日本人に対する厚い信頼が存在していることです。 このような強い親日感情の背景には、笠戸丸がサントス港に到着した106年前か ...

続きを読む »

NIPOFERTのご紹介

二宮禎一医師

 「Nipofert」(www.nipofert.com.br)は、5年前に私、二宮禎一が設立した不妊治療と内視鏡手術の専門病院です。先端技術と長年の経験を生かし、不妊に悩む女性に様々な治療を提供しています。  日本人の両親から受け継いだ真面目さと勤勉さで、一人ひとりの患者に誠実な対応を心がけています。どうぞご安心してお任せくだ ...

続きを読む »

下本八郎氏、大いに語る=叙勲の栄誉、将来の糧に=キング・グループ創設55周年

議員仲間や日系団体会長らが伝達式を祝った

 社会の様々な分野において顕著な功績を挙げた者を表彰する『春の叙勲』が4月29日、日本政府によって発令されブラジルの5人が選ばれた。下本八郎氏(78、二世)は日系議員として日系社会の地位向上に多大な貢献が認められ、旭日中綬章を受章した。しかし、同氏の日系社会に対する功績は政治活動だけではない。実業界においても日本人の美徳である正 ...

続きを読む »

W杯コラム=悲観的過ぎた開幕前の心配=誰も予想できない大会進行に=白熱した試合に世界が熱中

ブラジル代表の対メキシコ戦で一喜一憂する国民(17日、ブラジリア、Foto: Fabio Rodrigues Pozzebom/ Agencia Brasil)

 ワールドカップがはじまって2週間あまり。あとは決勝トーナメントを残すのみとなった。現時点ではまだ断言できないところもあるが、少なくとも現時点においては、W杯開催前に懸念された「ひどいW杯をやっている」という印象を幸いにも与えていないように見える。その要因となっているのは、運営面のことを心配させないほどに、ゲームそのものが白熱し ...

続きを読む »

県連日本祭り、来週末!=7月4、5、6の三日間=『三方良し』をテーマに

舞台上では迫力の演技が繰り広げられる

 ブラジル日本都道府県人会連合会(本橋幹久会長)が主催する『第17回フェスティバル・ドジャポン 2014』が来月4日から三日間、聖市イミグランテス展示場(Rodovia dos Imigrantes, KM 1,5 – Cursino)で開かれる。各県人会の郷土食が一堂に集まる郷土食展やミス日系コンテスト、コスプレ大 ...

続きを読む »

W杯特集=これだけは知って観戦を=日本代表戦を10倍堪能するには

練習に臨む(左から)柿谷、齋藤、遠藤、本田

本日、いよいよ初陣だ=4年間の集大成はいかに=最低でもGL突破を期待 いよいよ本日14日午後10時から、日本代表がW杯初戦を迎える。大陸予選を通過した32カ国がAからHまでの8組に分かれ、4チームによる総当たり戦(グループリーグ、以下GL)を行う。各組上位2チーム計16チームが決勝トーナメント(以下決勝T)に進出し、7月12日の ...

続きを読む »

イトゥー市へ来てください=歴史や特色ある工業都市=奥地探検隊が拓いた町

カンデラリア聖母教会

 聖市から北西に約100キロに位置する閑静な町イトゥー。W杯期間中、日本代表チームがキャンプ地として使用する同市は人口約16万人で、日系人も多いほか、日本企業7社が工場を構えるなど日本とのつながりが深い。また、同市と名前の響きが似ており、観光都市という点でも共通点がある静岡県伊東市との姉妹都市提携計画もある。日本代表の到着の機会 ...

続きを読む »

本紙主催 第58回パウリスタ・スポーツ賞=全21人の選手や功労者顕彰=聖市議会で授賞式10日に=W杯記念で呂比須氏に特別賞

 ニッケイ新聞社が主催する「第58回パウリスタ・スポーツ賞」が6月10日午後、聖市議会で行われる。今回は「特別賞」の中で、来週から始まるサッカーW杯ブラジル大会開催を記念して、98年W杯フランス大会に日本代表として出場した功労者・呂比須ワグナーさんを特別表彰する。そのほか、例年通り、コロニアで優秀な成績を収めた現役選手や、競技の ...

続きを読む »

安心・安全・信頼のKORIN=当地有機栽培の草分け=有機鶏はじめ多彩な商品

KORIN直営店では多彩な商品を扱っています。ネット販売によるデリバリーサービスも

KORINってどんな会社? 安心・安全な食品をお届けし、皆様の健康と幸福の増進を手助けすることがKORINの使命です。そのため1994年の創立以来、世界救世教の創始者・岡田茂吉が唱えた「自然農法」の思想をもとに、化学肥料と農薬を一切使用しない食品作りに努めてきました。 救世教は、ブラジルで食の安全性を求める声が高まるずっと以前か ...

続きを読む »

田母神俊雄講演会=「新しい日本を創るには」=日本の過去と未来を熱く語る=新党立ち上げの追い風に

講演会を主催したブラジル日本会議メンバー

 田母神俊雄氏(65、福島)がブラジル日本会議(徳力啓三理事長)の招聘事業に応じて先月24日に初来伯、25日に講演会「新しい日本を創るには」を行った。同氏は2008年まで航空幕僚長として勤務。在職中、民間の懸賞論文へ応募した「日本は侵略国家であったのか」と題する論文が波紋を呼び退職した。今年1月には東京都知事選に立候補。16人中 ...

続きを読む »