ホーム | 特集 (ページ 40)

特集

「移民の日」に寄せて=外務大臣 玄葉光一郎

ブラジル日本移民104周年 ニッケイ新聞 2012年6月23日付け  ブラジルにおいて「移民の日」を迎えるにあたり、ブラジルで生活されている約150万人の日本人移住者及び日系人の皆様に心からお祝いを申し上げます。  昨年の東日本大震災に際し、日本から遠く離れた南米の地から届けられた皆様からの多くの温かい激励や御支援を目の当たりに ...

続きを読む »

明治の精神とコロニア七不思議=大宅壮一「明治が見たければブラジルへ!」の本当の意味=伯国は旧世界の裏返し?!

ブラジル日本移民104周年 ニッケイ新聞 2012年6月23日付け  評論家の大宅壮一は1954年に取材旅行のために来伯した際、「明治の日本が見たければブラジルにいけ!」との名セリフを残したとコロニアでは言い伝えられている。  当地に色濃くつづく明治気質を端的に指摘した言葉として有名だ。おなじ時に大宅はアマゾンのトメアスー移住地 ...

続きを読む »

日系社会は貴重な外交資産=駐ブラジル日本国大使 三輪昭

ブラジル日本移民104周年 ニッケイ新聞 2012年6月23日付け  6月18日に第104回目の「日本移民の日」を迎えるにあたり、ご挨拶申し上げます。  ブラジルは日本から見ると地球の反対側に位置し、距離的には非常に遠い国です。その遠い日本から最初の日本人移住者が笠戸丸に乗り、海を渡ってブラジルに到着した日からはじまる長い移住の ...

続きを読む »

21世紀の森づくり=全伯植樹キャンペーン

ニッケイ新聞 2012年6月13日付け 「日伯・絆の森」作り=協力の輪広がる=東日本大震災=犠牲者追悼と復興を願って  ブラジル・ニッポン移住者協会(小山昭朗会長)がオイスカ・ブラジル総局(高木ラウール会長)と共催し、サンパウロ市の緑化・環境局が全面支援して実施している「日伯・絆の森」作りへの協力の輪が日系社会のみならずブラジル ...

続きを読む »

今年10周年!YOSAKOIソーラン=記念大会、7月末に開催=本場優勝チーム「夢想漣えさし」も参加=飯島秀昭氏、大いに語る

ニッケイ新聞 2012年4月27日付け  今年もそろそろ鳴子が聞こえる季節——。2003年の第1回大会開催からわずか10年間で、すっかりコロニアの一大イベントに成長したYOSAKOIソーラン(以下、YOSAKOI)。大会には毎年約20チーム前後が参加するが、全伯に点在する約80チームが活動中だ。今年7月29日に聖市のイベント会場 ...

続きを読む »

第56回パウリスタスポーツ賞

ニッケイ新聞 2012年4月13日付け 聖市議会で盛大に贈呈式=16部門17人、特別賞3人  各スポーツ界で活躍した選手や功労者を表彰する『パウリスタスポーツ賞』の贈与式が、4日夜、聖市議会の貴賓室で盛大に開催された。同賞は、本紙の前身であるパウリスタ新聞の創刊10周年を記念して創設されたもので、スポーツ振興を通じて日伯社会に和 ...

続きを読む »

第56回パウリスタ スポーツ賞=16部門から17名を選出

ニッケイ新聞 2012年3月31日付け  本社主催、第 回パウリスタ・スポーツ賞贈呈式が4月3日午後7時(火曜日)より、サンパウロ市議会にて行われる。  今年は 部門から 名が各協会、クラブの推薦により選出された。  又特別賞として、健康表現体操から川添敏江さん、ソフトボールからヤジマ・ネルソン・ヒデオさん、大相撲で活躍し、ブラ ...

続きを読む »

JICA日系研修員事業=元研修生が体験を語る=「ブラジルで役立てたい」=本年度の募集は4月から

ニッケイ新聞 2012年3月23日付け  日本での研修を通して最新技術や知識を習得し、当地で貢献できる人材を育成することを目的に国際協力機構(JICA)が実施する『日系研修員』の募集が4月1日から始まる(申込み締め切りは5月25日)。上期、下期と年に2回募集し、毎年約80人が参加する。昨年度の長期研修に参加した3人に、研修体験を ...

続きを読む »

熱帯情緒あふれるマナウス=日本人向けに観光地紹介=大河アマゾンに癒されて

アマゾナス州 昨年末、オールカラーの日本語版ガイドブックを刊行し、日本人観光客誘致に力を入れるアマゾナス州政府。ガイドブックのランサメントの機会に、12月6〜8日の3日間、ジャングル・ロッジ「アリアウー・アマゾン・タワーズ」などの州都マナウス市周辺の有名観光地を訪れた。世界最大の流域面積を有するアマゾン川、広大な熱帯雨林を擁し、 ...

続きを読む »

熱帯雨林の懐に抱かれて=アリアウー・タワーに泊まる

アマゾナス州 ニッケイ新聞 2012年1月13日付け  翌日はホテルの敷地内にある船着場からネグロ川を渡る船で、ホテル「アリアウー・アマゾン・タワーズ」へ。約1時間半の船旅の後、巨大な緑色のロッジが突如目の前に現れる。インディオの格好をしたスタッフに迎えられ、ジャングルに迷い込んだような気分だ。  ガイドの説明では、雨期は約10 ...

続きを読む »