ホーム | 特集 (ページ 40)

特集

信念と信仰に生きた中島邦=「移住地に降りたった白鳥」=姉の遺志継ぐ笹川春艸=思想統制で特高に収監

新年特集号 ニッケイ新聞 2012年1月1日付け  「滅多にない大風が吹いた時『姉がここにいる』、そう思いました」—新潟県出身の水墨画家・笹川春艸(本名=芳)は、少し遠くを見るような目をし、感慨深そうな表情をしながら語った。新潟県人会創立55周年の記念事業として、昨年10月に文協で開かれた個展にあわせて来伯した芳の旅には、もう一 ...

続きを読む »

新年のご挨拶=ブラジル日本商工会議所会頭 近藤正樹

新年特集号 ニッケイ新聞 2012年1月1日付け  新年明けましておめでとうございます。旧年を振り返りまして先ず初めに、3月に発生した東日本大震災、並びに9月の四国・中国地方での台風豪雨被害に関しまして、ブラジルの皆様から多くの支援・激励が寄せられましたことを、この場を借りて厚く御礼申し上げます。  当会議所としましても、皆様と ...

続きを読む »

どんな国難にも負けない日本に=平成24年 元旦=内閣総理大臣 野田 佳彦

新年特集号 ニッケイ新聞 2012年1月1日付け  平成24年(2012年)の年頭に当たり、ブラジルにお住まいの日系人及び日本人の皆様に謹んで新年の御挨拶を申し上げます。また、昨年、東日本大震災に際して皆様から寄せられました物心両面にわたる御支援に対し、改めて厚く御礼申し上げます。日本から遠く離れた南米の地にこれほどの親日国が存 ...

続きを読む »

リンゴの里で本格ワイン生産=サンジョアキン農協の新機軸

新年特集号 ニッケイ新聞 2012年1月1日付け  サンタカタリーナ州の州都フロリアノーポリス市から南西に約200キロに位置し、〃リンゴの里〃として知られるサンジョアキン市にあるSANJO(サンジョアキン農業協同組合、清水信良理事長)では近年、ワインの本格生産が始まっている。国内で最も寒さが厳しいとされる、セーラ・カタリネンセの ...

続きを読む »

外交の使命を果たす=平成24年 元旦=外務大臣 玄葉 光一郎

新年特集号 ニッケイ新聞 2012年1月1日付け  平成24年(2012年)の年頭に当たり、ブラジル在住の日系人及び日本人の皆様に謹んで新年の御挨拶を申し上げます。また、昨年、東日本大震災に際し、皆様からいただきました多くの温かい激励や支援に深く感謝申し上げます。私は、被災地福島県の出身者として、困難に打ちひしがれた人々が皆様か ...

続きを読む »

コチア生まれのリンゴの里=全伯に知られる高品質誇る

新年特集号 ニッケイ新聞 2012年1月1日付け  リンゴを販売する組合は同市に3カ所ある中、最も古く規模も大きいSANJO。工場、冷蔵庫、配送センター、農業資材や農薬などを格納した倉庫、婦人部が作ったジャム、お菓子などの加工品を販売する直営店などを擁し、総敷地面積は18ヘクタール。組合員は現在80人、職員は330人で、職員の多 ...

続きを読む »

USP騒動の真相は何処に=食い違う報道と現場の声=世界で若者の不満が爆発した昨年を振り返る

新年特集号 ニッケイ新聞 2012年1月1日付け  2011年を振り返ると、様々な形で若者の不満が噴出した年であった。年頭から続く〃アラブの春〃やチリの教育改革運動、ウォールストリートでの座り込み等々、数え上げればきりがない。伯国、それも聖市にいて若者の不満を感じさせられた事の一つは、10〜11月にサンパウロ総合大学(USP)で ...

続きを読む »

絶賛発売中のリンゴジュース=「予想上回るすごい反響」

新年特集号 ニッケイ新聞 2012年1月1日付け  リンゴジュース・インテグラル「Sanjito」は1リットル、300ミリリットルの瓶詰めで昨年から生産され、今年から本格的に販売が開始された。  以前まではヤクルト社に規格外のリンゴで生産を委託していたが、組合自ら生産するようになった。  甘さを調整するため、SANJOのガラとフ ...

続きを読む »

新年の挨拶=駐ブラジル日本国大使=三輪 昭

新年特集号 ニッケイ新聞 2012年1月1日付け  明けましておめでとうございます。謹んで新年のお慶びを申し上げます。  昨年3月11日に発生した東日本大震災に際しては、ブラジルからはルセーフ大統領をはじめ連邦政府だけではなく、多くの国民の方々、とりわけ日系社会の皆様から温かい言葉や支援を頂戴致しました。改めて御礼申し上げます。 ...

続きを読む »

知られざる麻州日系史=「本当の野心家多かった」=リオ・フェーロ、カッペン植民地

新年特集号 ニッケイ新聞 2012年1月1日付け  昨年9月末に行われた第1回クイアバ七夕祭り。念願の祭りを開催するに至るまでの経緯を、実行委員長を務めた地元の戦後移民、尾崎堯さん(76、秋田)に聞いた。尾崎さんはマット・グロッソ州都クイアバ市から北北東に約500キロ先、和歌山県人の松原安太郎によって開設された「リオ・フェーロ植 ...

続きを読む »