ホーム | 特集 (ページ 20)

特集

【2016年移民の日特集号】移民の日108周年に寄せて=在ブラジル特命全権大使 梅田邦夫

梅田邦夫在ブラジル特命全権大使

 「日本移民108周年」を心よりお喜び申し上げます。 ブラジルは世界有数の親日国ですが、その背景には、日本移民とその子孫の方々の百年以上にわたるブラジル社会への大きな貢献があります。昨年は、外交関係樹立120周年を記念し、各地の日系団体が中心になって、ブラジル全土で5百以上の行事が開催されました。 また、現在、熊本県人会は「熊本 ...

続きを読む »

【2016年移民の日特集号】「日本移民の日」を記念して=在サンパウロ日本国総領事 中前隆博

中前隆博在サンパウロ日本国総領事

 「日本移民の日」を迎えるにあたり、心からお慶び申し上げます。 昨年6月に着任以来、約一年に亘るサンパウロでの勤務のなかで、ブラジルと日本の間に存在する絆の深さ、ブラジル社会の日系人に対する深い信頼と敬意を強く感じています。ブラジルと日本の友好関係が長年維持されているのは、ひとえに日系社会の皆様方が得られた信頼と敬意によるものと ...

続きを読む »

【2016年移民の日特集号】「日本移民の日」に寄せて=内閣総理大臣 安倍晋三

安倍晋三内閣総理大臣

 本日、ブラジルにおいて「日本移民の日」を迎えるに当たり、日系社会の皆様に心からお祝いを申し上げます。 日本とブラジルの両国は、昨年、外交関係樹立120周年の節目を迎えました。両国の120年間の交流を支えてきたのは、人と人との絆であり、ブラジルにおける海外最大の日系人社会は、その絆の中心にあります。120年の長きにわたる、日伯友 ...

続きを読む »

【2016年移民の日特集号】「日本移民の日」を祝して=外務大臣 岸田文雄

岸田文雄外務大臣

 本日、ブラジルにおいて「日本移民の日」を迎えるに当たり、ブラジルで生活をされている日本人移住者、日系人の皆様に心からお祝いを申し上げます。 はじめに、先般発生した熊本地震の被災者の方々に対して、日系社会を中心にブラジル国内で支援活動が行われていると伺いました。これまでも日本が困難に直面した際は、常にブラジルの日系社会の皆様から ...

続きを読む »

第60回パウリスタ・スポーツ賞=16日に聖市議会で授賞式=特別賞4人含め総勢22人=盛大に多彩な功労者を表彰

 ニッケイ新聞が主催する「第60回パウリスタ・スポーツ賞」が16日に聖市議会の貴賓室で行われる。コロニアおよびブラジル社会において、現役で活躍の選手や引退後の指導者、審判として、競技の振興や普及に尽力した功労者に対し、「特別賞」4人を含む22人を表彰するもの。今年60年の節目を迎える伯国有数の伝統を誇るスポーツ奨励賞だ。今年も野 ...

続きを読む »

エドアルド 質疑応答 (New!)

サンパウロ市リベルダーデ街にあるニッケイ新聞編集部に3月4日(金)に来社してくれたエドアルドさんに、いろいろと突っ込んだ質問をしてみました。どんなことを聞いても、ちゃんと受け止めて、真剣に答えるエドアルドさんに、こっちがびっくり。日本語の達者ぐあいもさることながら、なかなかキモも座っているようです。(編集部)Q プロを目指して日 ...

続きを読む »

なぜブラジル社会に広まるのか=キリスト教を補完する在り方=「月刊誌」を読んで治る

ソニア・レジナ・ソス・サントス・イポリットさん

 ブラジルに進出した日系宗教としては文句なしに最多の200万信者を抱える生長の家――その9割が非日系人といわれる。なぜそんなに一般社会に広まったのか、どんな部分がブラジル人から求められているのか。その理由を、非日系信者を代表してサントス教化支部長のジョゼ・ルフィノ・ジュニオールさん(61)、白鳩会副会長のソニア・レジナ・ソス・サ ...

続きを読む »

堅実性と組織力誇る=きめ細やかな組織や活動=様々な施設、多彩な出版物

生長の家国際本部「森の中オフィス」、生長の家ブラジル伝道本部

 世界とブラジルの生長の家の発展をそれぞれけん引する日本の生長の家国際本部「森の中のオフィス」と、サンパウロ市南部の生長の家ブラジル伝道本部。それ以外にも、生長の家は全伯に拠点をもち、現在は86のポ語の教化支部、33の日本語の教化支部が存在する。 「教化支部」は、その地域における運動の中心だ。その下部組織の「単位組織」を通して市 ...

続きを読む »

今世紀に急増、最大行事へ=宝蔵神社大祭概史=伯人参加、拡大する大祭=熟年信者が往時を語る

長年生長の家を支えてきた平島昭夫、山岡正登、向芳夫、福田進、中村晃児さん(左から)らが往時を振り返った

 第1回開催時には、参加者が200人程だった宝蔵神社大祭も、近年では2万人以上もの信者が集う、伯国生長の家最大の行事となった。参加者増大の背景を探るため、往時を知る在伯信者らに話を聞き、その変遷を辿った。 1957年4月1日、晴天となったこの日の朝、イビウーナ練成道場前に、一台の軽トラックが到着した。同地から約600キロ離れたパ ...

続きを読む »

先祖に感謝捧げる大切な機会=生長の家ブラジル伝道本部理事長=寺前継雄

 毎年4月の第2日曜日に、生長の家ブラジル宝蔵神社大祭が開催されます。とくに今年は第60回目なので、私たちにとって特別な意味をもちます。 この日は私たち生長の家の信徒にとって、ご先祖様や生前親しくしていた、いまは亡き方たちに感謝を捧げる大切な日であります。 私のような日系二世の多くは、子どものころ、祖父や祖母が神棚や仏壇の前で祈 ...

続きを読む »