ホーム | 連載 | 2003年 | 文協 新トップ6人に聞く=改革インタビュー | 文協 新トップ6人に聞く=改革インタビュー(5)=松尾治(65)第三副会長/日系諸団体との連絡担当 =「会話を通じて地方団体とも関係を作り、共には百周年を盛り上げていきたい」

文協 新トップ6人に聞く=改革インタビュー(5)=松尾治(65)第三副会長/日系諸団体との連絡担当 =「会話を通じて地方団体とも関係を作り、共には百周年を盛り上げていきたい」

5月20日(火)

 「私はお茶が大好きでね。中でも八女茶がやっぱり一番だね」
 福岡出身の一世副会長は湯飲みに口を寄せながら、目を細める。
 サンパウロ文協の理事会メンバーが二世に総替わりした、と一世から悲観とも不安とも取れる言葉を聞くことがある。まだ一世が多いといわれる日系諸団体との連絡を担当するのは松尾治氏(六五)だ。
 一九三八年小倉生まれ。父親の仕事の関係で奉天やハルピンで幼少期を過ごし、四四年帰国。
 義務教育を終えた一九五五年、十六歳の時に単身で「あめりか丸」に乗り込んでいるが、若くして海外雄飛の志を抱いたわけではなかったようだ。
 「怖くて逆らえなかった祖父からの逃亡ですよ」と松尾氏は当時を振り返り、破顔する。 
 幼い頃、病弱で病院通いが続いたことから、医者嫌いだった治少年を厳格な祖父が医者にさせようとしたのだという。
 「なんとかして日本を出たくてね。ブラジルにいた義理の叔父に呼び寄せてもらったんですよ」
 来伯後、リンスの叔父が営んでいた雑貨商で働き、言葉の壁と奮闘しつつ、中学と高校に通った。
 五九年に南米銀行に入社後はラッパ、ミランドポリス、リベイラバレットなどの支店長を務め、七一年にはガルボン・ブエノ店の支店長に。その際、伝田英二第四副会長はコンピューター部門の部長をしていた。
 八五年には南米安田保険に取締役として出向、SEASULの専務などを経た後、九五年に安田SEGUROの社長に就任している。名誉会長を務めた後、〇〇年に定年退職した。
 現在、様々な地方の日系団体で運動会やイベントが行われている。松尾氏は文協副会長として、積極的に出席し、「週末はサンパウロにいるときがない」ほどの忙しさだ。
 「日系諸団体が密接なつながりを持って、自然に助け合うことが出来れば」と松尾氏。地道に地方を訪れる中で、文協と地方団体の一番いい形の関わり合い方を模索中だ。 
 その中で「UNENに対する考え方も積極的に聞いていきたい」とも話す。
 松尾氏は「時代の流れから考えて、昔の文協の姿に戻すことは難しい」と話しつつも「会話を通じて地方団体と関係を作っていき、共に百周年を盛り上げたい」とその思いを語る。
 地理上の観点から見ても日系団体を一つに統合するのは事実上、不可能だろうが、どういう形で、日系諸団体が力を合わせていけるのかー。
 「十五人の地方理事たちともこれから、話し合いを進めていく」という松尾氏は断言する。 
 「これからの時代、どんな団体も小さな組織ではやっていけないよ。それは銀行も文協も同じこと」
   (堀江剛史記者)

■文協 新トップ6人に聞く=改革インタビュー(1)=伝田英二(66)第4副会長・管理及び財務担当=「それが文協のためになるのならば、過去をほじくりだす事も辞さない」

■文協 新トップ6人に聞く=改革インタビュー(2)=樋口トモコ 第五副会長/文協会員との連絡及び会員拡充担当=「会員拡充には、もっと宣伝が必要。マーケティング専門家を入れる話もしてます」

■文協 新トップ6人に聞く=改革インタビュー(3)=吉岡黎明(67)第一副会長/公的機関及び官憲との連絡担当=「『日系コミュニティーは日系人に何をしてくれるんだ?』という問いに答えていきたい」

■文協 新トップ6人に聞く=改革インタビュー(4)=和田忠義(71)第2副会長/日本文化の普及と保存=「一世たちが残してくれた『正直』『相互扶助』といった美点を次世代に残していくのが、我々の使命」

■文協 新トップ6人に聞く=改革インタビュー(5)=松尾治(65)第三副会長/日系諸団体との連絡担当 =「会話を通じて地方団体とも関係を作り、共には百周年を盛り上げていきたい」

■文協 新トップ6人に聞く=改革インタビュー(6)最終回=上原幸啓(75)=会長=「若者が恋人を連れて来たいと思えるような場所が、これからのコロニアには必要」

image_print

こちらの記事もどうぞ