ホーム | 日系社会ニュース | 長寿祝って演芸会=サントス、恒例の敬老会

長寿祝って演芸会=サントス、恒例の敬老会

10月3日(金)

 [サントス]サントス日本人会(上新会長)は、さきごろ、アトランタ会館で第二十六回敬老祝賀演芸会を開催した。ブラジル独立記念祭、日本人会戦後五十一周年記念祭をかねていた。司会は吉田秀一さん、上会長が開会の辞を述べた。記念式典にはテルマ・デ・ソウザ下議(元サントス市長)、アデリノ・ロドリゲス市議が出席した。
 記念式典で高齢者表彰。対象は、新里カナさん(一〇四)を筆頭に百歳以上二人、九十五歳以上六人、九十歳以上十三人、八十五歳以上三十三人、八十歳以上三十二人、記念品が贈られた。高齢者を出身県別に多いところをみると、沖縄三十人、福岡七人、二世六人、熊本、茨城、東京、広島が各四人。
 演芸会の司会には松原かほるさんも加わった。伯寿会花柳流の知念和枝さんほか七人による世界平和音頭で始まり、琉球舞踊、日本舞踊、歌謡、唱歌など二十四種目が、伯寿会、アトランタ婦人会、同子供会、サントス子供会、サンビセンテ子供会、コーラス光、サントス日本人会の会員によって繰り広げられた。休憩時間福引が行われ、高齢者にも当たった。プログラムの最後は伯寿会花柳流の手老蘭子さんほか七人の団体舞踊だった。小藤則男副会長の閉会の辞で終了した。
 サントス日本人会の戦後初代会長は中井繁次郎氏、第二代我喜屋良助氏、第三代小渕友一氏、第四代大西静義氏、第五代鈴木義一氏、第六代加藤一満氏、そして七代が現会長の上氏。その間、功労者四十二人を表彰、感謝状を贈っている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》南米予選のサッカー代表メンバー発表=1週後にはコパ・アメリカも2021年5月15日 《ブラジル》南米予選のサッカー代表メンバー発表=1週後にはコパ・アメリカも  ブラジル・サッカー協会は14日、6月のW杯南米予選第5、6節に出場する代表選手24人を発表した。14日付現地サイトが報じている。  今回の代表選手は以下のとおりとなった。  《キーパー》アリソン(リバプール)、エデルソン(マンチェスター・シティ)、ウェヴェルトン( […]
  • 東西南北2021年5月13日 東西南北  11日に保健相が、出場選手をはじめとした東京五輪関係者へのコロナワクチンの接種計画を発表した。リオ五輪の際のブラジル国内でもそういう傾向が見られたが、南米圏そのものの五輪熱がもともと高くない。そのため、今回の五輪もブラジル国内の報道は多くなく、「実感がわかない」というのが実情 […]
  • 安慶名栄子著『篤成』(5)2021年5月12日 安慶名栄子著『篤成』(5) 第2章  夢のブラジル  船内での活動は豊富で、若い人たちの間では相撲や柔道、腕相撲などが人気を集めていました。数年後、それらの娯楽、特に柔道がブラジルのみならず、世界でも人気のスポーツになり、オリンピックの正式種目にまでなるとは彼らには知るすべもなかったでしょう。 […]
  • 東西南北2021年5月11日 東西南北  8日、リオ市のエドゥアルド・パエス市長が、市内のローダ・デ・サンバ(輪になってサンバを歌う場)でマスクも着けずに生演奏で歌っている姿がネット上で流出。10日朝、謝罪を行う事態が発生した。リオ市では7日に規制緩和が発表され、バーは23時までの営業が可能となっていたが、サンバ・バ […]
  • 東西南北2021年5月8日 東西南北  9日はサッカーのサンパウロ州選手権のグループリーグの最終節(第12節)の8試合が一斉に行われる。今回は波乱の大会で、すでにサントスが決勝トーナメントに進めずに脱落決定。この日の結果によっては、同選手権での2部降格もあり得る状態になっているほか、パルメイラスも結果いかんで決勝ト […]