ホーム | 日系社会ニュース | ■ひとマチ点描■さすらいの大道芸人登場

■ひとマチ点描■さすらいの大道芸人登場

10月14日(火)

 日曜日の昼下がり、リベルダーデの東洋市にさすらいの大道芸人が現る?―浴衣姿でけん玉を披露しているのは、市川道隆さん(29、静岡県)。南米を旅行して歩き、足かけ約二年になる。「ラテン諸国は日曜日は完全休業。旅行者にとってあまりやることがない。旅先の暇つぶしに」と、考え付いたのが広場でのけん玉ショーだった。
 さっそくボリビア・ラパスの木工工場で大型のけん玉を特別注文。けんの部分だけで30センチという代物を「たったの4ドル」で作ってもらった。
 サンパウロ市リベルダーデでの〃興行〃は実はこれが2回目。昨年5月に同広場で開催された相撲大会の一幕を飾った過去もある。
 「日本一周」、「世界一周」……。12日は15分ほどのショーを3回にわたって行い、けん玉の妙技を次々と披露した。通りかがるブラジル人は目を見張り、日本人移民は「ほー、懐かしいな」と郷愁のまなざしを送っていた。

さすらいの大道芸人登場(10/14)

■アリアンサ遊覧飛行(8/29)

■三家唯一の女性事務局長(6/7)

■穴ぼこは誰の責任?(6/4)

■南極おろしと売れないレタス(5/17)

■47年分の引き継ぎ(5/15)

■「子どもの日」? 「母の日」?(5/10)

■フジモリ政権の〝遺産〟(5/7)

■ミス・ブラジル東洋人街でラーメン初体験(5/1)

◆一人前は何キロ?(4/16)

■T・サンパイオ街の〃怪〃広告(4/11)

image_print

こちらの記事もどうぞ