ホーム | 日系社会ニュース | ■ひとマチ点描■ブラジルは心の財産

■ひとマチ点描■ブラジルは心の財産

7月29日(木)

  大阪市・サンパウロ市姉妹都市提携35周年を記念した表敬訪問団の一員として来伯したソプラノ歌手の高丸真理さんは、「ブラジルとの出会いは、私の心の財産です」と語る。初来伯だった1995年、10年間毎年ブラジルへ来て恵まれない子どもたちを支援することを決意した。
 以来毎年日本でチャリティ・コンサートを開催し収益金を寄付する傍ら、北パラナ・ロンドリーナ市のファベーラにある保育所や、サンパウロ州ビリチーバ・ミリン市の孤児院などを慰問し続けてきた。
 関西地方を中心としたコンサートは今月9日で39回目を迎えた。サンパウロ市でも96年と99年に文協小講堂でサンパウロ友の会やソーニア合唱団(白畑智子代表)の協力を得て開催。
 今回の来伯で高丸さんの〃10年間〃に区切りがつく。「10年間いい出会いがたくさんありました。子どもの支援は終わりがないけど、区切りが無いと疲れてしまう。これからも支援を続けていきたい」。
 高丸さんは今後、郵便口座「心は地球をかけめぐり」に寄せられた寄付や自らの音楽活動の収入などを毎年15万円ずつ15年間送金していく予定だ。(国)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大阪サンパウロ市姉妹都市が優勝者を派遣=「交流の懸け橋」に意欲2017年9月6日 大阪サンパウロ市姉妹都市が優勝者を派遣=「交流の懸け橋」に意欲  大阪・サンパウロ姉妹都市協会(吉川秀隆会長)が今年2月に主催した「ポルトガル語スピーチコンテスト」で、優勝した山口朱生(あき)さん(21、兵庫)が4日来社した。  同協会は、同コンテストの優勝者を毎年ブラジルに派遣しており、山口さんは、1日から12日までサンパウロ市 […]
  • 大阪サンパウロ市姉妹都市の親善大使=大嶋さん来伯、援協等視察2016年9月7日 大阪サンパウロ市姉妹都市の親善大使=大嶋さん来伯、援協等視察  大阪・サンパウロ姉妹都市協会(吉川秀隆会長)が2月に主催した「第6回ポルトガル語スピーチコンテスト」の優勝者・大嶋敦志さん(36、東京都)が、親善大使として先月25日に来伯した。15日まで援護協会や憩の園、ユバ農場などを訪れ、ファベーラのモンテ・アズールで聞き取り調査、ボ […]
  • 特別寄稿=沖縄への帰省した所感と人種偏見問題の本質=サンパウロ市在住 翻訳家 西銘光男2021年1月29日 特別寄稿=沖縄への帰省した所感と人種偏見問題の本質=サンパウロ市在住 翻訳家 西銘光男 驚きの連続  私が初めて沖縄に帰省したのは1968年であった。帰省なんて言葉はこのさい当て嵌まらないかも知れない。  生まれたのは沖縄には違いないが、生後10カ月で生まれ故郷を離れ、幼少年時代はブラジルの草深い農村で暮らし、沖縄の事は父母から断片的に聞かされただけに […]
  • 《ブラジル》コロナ禍=極貧層増加し約4千万人に=国民の5人に1人が月89レアル以下2021年1月7日 《ブラジル》コロナ禍=極貧層増加し約4千万人に=国民の5人に1人が月89レアル以下  国内で「極貧」と見なされる層が、2014年以降では最高となる1400万世帯、約4千万人を記録したと、6日付現地サイトが報じている。  これはコロナ禍の真っ最中、都市省が行っている極貧家族の登録システム「カダストロ・ウニコ」の2020年10月の統計でわかったものだ。 […]
  • 東西南北2020年12月3日 東西南北  大半が10代だった若者9人が犠牲になった、サンパウロ市西部にある巨大ファベーラ、パライゾーポリスでのファンキ・パーティ圧死事件から、1日でちょうど1年が経過した。狭い会場に逃げ込んだ麻薬密売者を追いつめようと、軍警が無理な追跡を行った結果、逃げ惑ったパーティ参加者らが貧民街の […]