ホーム | 日系社会ニュース | 旧神戸移住センター保存を=4団体神戸市に要望

旧神戸移住センター保存を=4団体神戸市に要望

11月9日(火)

 旧神戸移住センターの整備・保存を――。ブラジルへの移住者をはじめ、多くの移住者を神戸港から送り出した歴史的施設である旧神戸移住センターの建物保存と「国立海外日系人会館」(仮称)設立を要望すべく、日系コロニア四団体は、五日午後、ニッケイパラセホテルで、矢田立郎神戸市長に対して要望書を提出した。
 日系団体がこのような要望書を提出するのは、二〇〇〇年四月から四度目。
 要望書を提出したのは、ブラジル日本文化協会、サンパウロ日伯援護協会、ブラジル日本都道府県人会連合会、ブラジル兵庫県人会。
 神戸市から松下綽宏助役、藤本義兼生活文化観光局観光・国際部長、本田千恵同国際交流課主査が来伯。上原幸啓文協会長、和井武一援協会長、田畑稔県連副会長、尾西貞夫同県人会会長が出席した。
 上原会長から松下助役に手渡された要望書には以下のような要望が記されている。『ブラジル移民百周年にあたる二〇〇八年を目標として、百年前、笠戸丸が出航した神戸の地において唯一日本に残る移住関係の歴史的建築物であり、かつ、海外日系人共通の資産である旧神戸移住センターが「国立海外日系人会館」として整備・保存され、日系社会との関連で有効に活用されることは、我々海外日系人の切なる望みであり、この実現に向け、貴市の側面的な支援を強く要望いたします。』
 松下助役は、四団体代表者に対して、今後の支援を要請し、「国立海外日系人会館設立に対する現在の日系コロニアの思いや神戸市が行なっている活動についての意見を聞かせていただきたい」と挨拶した。
 上原会長の「ブラジル人との混血が進んでも、日系人としての誇りをカルチャーとして残すべき」との言葉を受けて、松下助役は、同会館について「ブラジルのことを知ってすぐに交流でき、日系人のルーツここにありと思えるようなものにしたい」と話した。
 松下助役らは、今後、リオデジャネイロで神戸市との姉妹都市提携三十五周年記念式典に出席、九日帰国する。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]
  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]
  • 2017年1月元旦=新年のご挨拶2017年1月1日 2017年1月元旦=新年のご挨拶 新年に考えること=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 […]
  • 年頭のご挨拶2016年1月5日 年頭のご挨拶 県連50周年とリオ五輪に向かって=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋幹久 新しい年2016年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 一年の計を思い成す為には、過ぎた一年を思いたどることも必要かと思います。 2015年は、先ず県連も日系コムニダーデの一員 […]