ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

2006年1月11日(水)

 昨年十一月末から、在外被爆者は在外公館で健康管理手当ての受給申請が出来るようになった。被爆者手帳を取得しているのに、健康・経済上の理由などで訪日出来ない人には、都合がよくなったわけだ。しかし、医師の診断書が必要。日本政府指定の病院(ブラジル内に二十一)で検査を受けなければならない。検査費は約千レアル。多くが健康保険に未加入で自己負担(日本では無料)になる。「この金額を支払える被爆者が、何人いるのか」と関係者。
     ◎
 グローボTV局の朝の人気番組「マイス・ボッセ」では、毎日インタビューする人の中から、その年を代表する人を部門ごとに選んでいる。昨年末に発表された「自然の友」部門で、ガルサ市の〃桜の父〃イチサト・ネルソンさん(85)が選ばれ、司会のアナ・マリア・ブラーガからトロフィーをもらって顕彰された。イチサトさんが二十五年前に同市公園に百十本の苗を植えたことから始まった。いまでは毎年、地元日系団体が中心になって盛大に桜祭りが行われている。
     ◎
 サンパウロでも「日本語による振り込め詐欺」をやろうという日系人がいる。未遂に終わってよかったが…。おととい、Aさん宅に「あなたのフィーリョが交通事故を起こした。すぐに一万二千要る」と電話があった。受けたのは「フィーリョ」の母親。息子の名も言わず、金銭にレアルもドルもつけなかった雑な電話。しかし、母親は「本当か」と動転、「夫が帰らなければどうにもできぬ」と時間を伝えたところで話は終わったが、あとで考えると、電話の受け手の動転に応じ、出方次第でさまざま「手」を繰り出してくるようだった、と。電話があったら、まず冷静に、とAさん。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》「黒船」CNNブラジルの裏幕は誰か?2020年11月17日 《記者コラム》「黒船」CNNブラジルの裏幕は誰か?  最近、グローボTV局の看板キャスターが次々に画面から消えていることを不審に思っている読者も多いだろう。どこへ消えたのか――。実はその大半はCNNブラジルに行き、「グローボもどき」になっている。移籍報道を読むと「待遇の悪さから辞職した」などの当人たちの生々しいコメントも […]
  • 検察庁が性犯罪容疑で起訴=瞑想療法のカドモト氏を2020年11月14日 検察庁が性犯罪容疑で起訴=瞑想療法のカドモト氏を  複数の女性に性的暴行を働いたとしてカドモト・タダシ氏が起訴され、先月にサンパウロ州検察局が受理したと伯国内メディアが連日報道している。  グローボ局報道によると、昨年末にカドモト氏の経営する治療院に摂食障害を治療するため通っていたという女性が、州検察局へ性的暴行を受 […]
  • 《サンパウロ市市長選》ダッタフォーリャ支持率調査を差止め=ルッソマノの訴え認められる2020年11月12日 《サンパウロ市市長選》ダッタフォーリャ支持率調査を差止め=ルッソマノの訴え認められる  サンパウロ市市長選候補のセルソ・ルッソマノ氏(共和者・RP)の訴えが認められ、世論調査団体のダッタフォーリャが同市長選の世論調査の結果を発表できなくなる異例の事態となっている。11日付現地紙が報じている。  この判決は、サンパウロ州選挙裁が10日に出したもの。ダッタ […]
  • 東西南北2020年11月7日 東西南北  米国大統領選はジョー・バイデン氏が選挙人の過半数を獲得との見通しが強まったが、それを認めたくないトランプ大統領の抵抗ぶりが国際的にも大きな話題となった。5日夜には「バイデン氏側に明らかな不正がある」と記者会見を開き、「正当な票だけなら楽勝」と語ったものの、米国の3大テレビ局は […]
  • 2年前の熱狂どこへ? 市長選苦戦のPSL2020年10月30日 2年前の熱狂どこへ? 市長選苦戦のPSL  あと2週間と少し経てば、いよいよ全国市長選だ。サンパウロ市はもちろん気になるが、2年後の大統領選、連邦議員選挙を占う意味で、全国的な動きがコラム子的には気になるところ。  そこで「少なくとも各州都くらいは」と思い、グローボのニュースで報じられている情報をもとに傾向を […]