ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

2006年7月13日(木)

 ブラジル民主運動党のテメル党首は十一日、大統領選ではアウキミン氏を支持すると表明。対立候補のルーラ氏は十日に同党地方支部の約8割から支持を取り付けたばかり。
     ◎
 マラニョン州西部で今年流行し、三十三人が死亡した神経病症候群は、栄養失調によるビタミンB1不足が病因と保健省が判断。流行地域はビタミンB1を含む農産物(フェイジョンなど)の主産地だが、貧しい住民はそれを購入できず、ほぼ米だけを食べている。死亡者の市民登録が正しく行われておらず、病気の確認が遅れたとタヴァレス州知事。
     ◎
 サンパウロ市ブタンタン研究所の職員二人が十一日朝、ミナス・ジェライス州ウベランジア市にある食品会社サジアの敷地内のタンク内で遺体となって発見された。事故の可能性が低いとみた警察は殺人事件として捜査を開始。
     ◎
 自動車排気ガスに含まれる汚染物質が過去二十年間に国内で九四%減少したことが環境省の調査で判明。サンパウロ大学医学部によると、大サンパウロ市圏で呼吸器疾患を原因とする死亡者は十年間で一万五〇〇〇人減ったという。
     ◎
 ブラジル市場にも近年、中国製乗用車が上陸することになりそうだ。国内の自動車会社は、世界貿易機関(WTO)で折衝中の農産物売り込みの代償である市場開放で、乗用車輸入税が引き下げられることに反対している。中国は現在、年間六〇〇万台を生産し、輸出は時間の問題とされる。日本車や欧米製に対抗できる目算はあるが、中国製と聞くと、じんましんが出るらしい。中国製乗用車で価格破壊を挑まれることを業界は恐れているようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年4月12日 東西南北  ルーラ元大統領の逮捕と受刑開始は、しばらく尾を引きそうだが、「明日はわが身」と戦々恐々の日々を送っているのが、労働者党(PT)の政敵の民主社会党(PSDB)の政治家だ。14年の大統領候補だったアエシオ・ネーヴェス上議は来週17日に被告になるか、ならないかの最高裁審理が控えてい […]
  • 東西南北2018年3月17日 東西南北  14日夜以降、「マリエーレ・ショック」に襲われている最中のブラジル。国内ニュースはこの件でほぼ独占状態だが、それにしても、国民がこれほどに一致団結して抗議活動を行うのはジウマ大統領の罷免前以来ではないだろうか。不人気なテメル政権やルーラ元大統領の裁判結果に対しても、国民の反応 […]
  • 東西南北2017年11月23日 東西南北  22日付現地紙によると、ジョアン・ドリア・サンパウロ市市長は、来年の選挙では大統領選ではなく、サンパウロ州知事選に出馬することになりそうだという。その理由は、ドリア氏にとっては政治家としての師匠であるジェラウド・アウキミン・サンパウロ州知事を大統領候補に推す声が、民主社会党( […]
  • 東西南北2006年9月21日 東西南北 2006年9月21日付け […]
  • サンパウロ州=PCCが襲撃を再開=犠牲者は8人に=警察署や民間施設など73カ所で=幹部移送阻止など目的2006年7月14日 サンパウロ州=PCCが襲撃を再開=犠牲者は8人に=警察署や民間施設など73カ所で=幹部移送阻止など目的 2006年7月14日(金)  【フォーリャ・デ・サンパウロ紙十三日】犯罪組織州都第一コマンド(PCC)は十一日夜から十二日にかけて、再びサンパウロ州三十九都市の警察署など七十三カ所を襲撃した。これまでに警察官や警備員など八人の犠牲者を出した。三人は身元不明だ。他に軍警施設 […]