fbpx
ホーム | 日系社会ニュース | 第一昭和植民地―――懐かしいあの時代=小学校の同窓生ら集う=今みんな70代に=「親が勝組だったので日本語しか学ばなかった」

第一昭和植民地―――懐かしいあの時代=小学校の同窓生ら集う=今みんな70代に=「親が勝組だったので日本語しか学ばなかった」

2006年12月8日付け

 今はなき植民地を思い出して――パウリスタ延長線上に作られた第一昭和植民地の同窓会「昭和村郷土会」が、去る十一月二十日、老人クラブ連合会センターで開催された。約三十五人が集い、昔話に花を咲かせた。
 同植民地は、一九二八年にパウリスタ延長線上に開かれた。三十二家族百六十人が入植。「ここはほかの植民地と違って、別々のところからの人が集まってできたところ。土地を買って入ったからコロノはいなかったの」と、中田幸子さん(77)は移住地の成り立ちを話す。
 マリリアから東北に二十一キロ。戦前の最盛期には百五十家族、約六百五十人が昭和村で暮らした。
 「コーヒーをやってましたよ」。椋野美枝子さん(73)は「うちは養蚕をしてたんです」。第一昭和植民地はコーヒーと養蚕、第二は養蚕が中心で、第三は放牧が行われていたという。
 野菜はそれぞれが家で食べる分を作っていた。「余った分はとなりの植民地まで売りに行ってたわよね」と、水野タミ子さん(79)も話しに加わる。荷車を押して第二植民地を歩いたそうだ。
 「植民地にはブラジル学校があってオランダっていう先生がいたの。生徒は、みんな日本人だったから日本語で話すでしょ。先生、可哀想だったわ」「隠れて『オランダはおらんだ~?』って呼んで遊んだものよ」。昔のいたずら話に笑いが絶えなかった。
 会場に集ったほとんどが昭和小学校で学んだ同窓生たち。『マリリア植民三十年誌』によれば、同地は「図書館を設けて幾百の図書を蔵し、修養園支部として其の統制下に精神運動に精進」していたそうだ。
 岡本正三さん(77)は三七年に七歳で昭和植民地に入った。「修養団は、月に一回、はちまきをまいて集まった青年に講習をしてました。親が勝ち組だったこともあって、私は日本語しか勉強しませんでしたね」。一九三八年撮影の子供たちの集合写真があった。写真には「皇軍慰問袋発送記念 昭和植民地小学校早起会 ブラジルサンパウロ州マリリヤ驛」としるされている。よき時代、祖国愛の発露(心の中のことが表面にあらわれ出ること)であった。
 資料によれば、同植民地は、五九年には二十九家族まで減った。戦後の抗争を嫌がって出た人もいるというし、「土地が衰えたから」と岡本さんは話す。
 七〇年代になって、この郷土会が始まった。「多いときには六十人近くいたんだけどね」と岡本さん。実際に植民地跡を訪れたこともある。
 当時小学生だった面々も多くが七十代後半。参加者は毎年減っている。「また来年もね」と一年後の再会を約束する姿が印象的だった。
 会場ではカラオケ、記念撮影、ビンゴとにぎやかな時間が続き、持参された小学校の集合写真を覗き込んだ面々は「変わってないねー」と懐かしそうにつぶやいていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■訃報■ 安永忠邦さん2020年10月24日 ■訃報■ 安永忠邦さん  “移民の父”上塚周平を知る最期の生き証人、安永忠邦さん(二世)が23日12時に聖州プロミッソン市の自宅で老衰のために亡くなった。「上塚植民地」と言われた当時に、プロミッソンの自宅農園で生まれ育ち、そこで99歳の生涯を全うした。  戦時中に枢軸国移民が「敵性国民」と弾圧される […]
  • 中島宏著『クリスト・レイ』第56話2020年10月14日 中島宏著『クリスト・レイ』第56話  二人の場合、ほぼバイリンガルになりつつあったが、そのことが後になって大きな意味を持つことになるとは、無論この時点では二人ともまだ知る由もない。この時期は、二人は日本語だけで話しているが、これはマルコスにとって一方的に有利といえた。彼の日本語は上達していくが、アヤのポルトガル語 […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(14)2020年9月29日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(14)  日本国内からの移民送出圧力が高まる中、米国への流れを途絶されたわけだ。困った日本政府は1924(大正13)年からブラジル渡航の移民全員に船賃支給をするなどの国策を開始したため、この流れは本格的にブラジルに向くようになった。  日本のラジオ放送は1925年3月に約50 […]
  • 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(4)2020年9月12日 日本移民と邦字紙の絆=日系メディア百年史(4)  笠戸丸移民の多くが幼年期から思春期という人格形成期をすごした明治20年代(1887年~1897年)以降は、日本という国家自体もまた形成期でもあった。欧米列強に侵略されないように富国強兵を旗印にし、ドイツなどを模範にして矢継ぎ早に社会構造を根本から変えていった。  サ […]
  • 宮城埼玉東京=屋台祭り8日までに予約を=カツサンド、クレープなど10品2020年9月5日 宮城埼玉東京=屋台祭り8日までに予約を=カツサンド、クレープなど10品  宮城県人会(上利エジガー会長)、埼玉県人会(吉田章則会長)、東京都友会(鈴木ワグネル会長)の3県人会は12日に「宮城埼玉東京屋台祭り」を開催する。会場はサンパウロ市リベルダーデ区にある宮城県人会(Rua […]