ホーム | 日系社会ニュース | 渡って来て48年=59年4月「あめりか丸」同船者ら=歳月経て、懐しさ更に濃く

渡って来て48年=59年4月「あめりか丸」同船者ら=歳月経て、懐しさ更に濃く

2007年5月4日付け

 一九五九年四月二十三日サントス港着「あめりか丸」の同船者たちが一年に一度顔を合わせる「渡伯四十八周年記念同船者会」(第三十回)が、四月二十九日午前十時から、宮城県人会館屋上で開催された。
 同船は五九年三月二日に神戸港を出港し、四月九日にベレン、四月二十三日にサントスへ到着した。
 この日の参加者は総勢五十人。一年ぶりに会った同船者たちは、嬉しさいっぱい、抱きあう姿や、肩を並べて、四十八年前に日本を離れるときの気持ちを懐かしく語りあっていた。
 来年着伯四十九周年を迎える同船者会は、ブラジルで生活し始めた年数は違うが、移民百周年に何か役にたてれば、と計画をしている。
 今回、初めて参加した大野(旧姓藤井)寿代さんは「参加するときに、知っている人がいないのではないか不安があったが、来て話してみると、あの頃一緒にに乗っていた人たちのことを思い出した。参加できてとても良かった」とにっこり。
 大野さんは、一昨年、同会のことを扱った邦字新聞をみて、参加したいと思ったが、昨年は参加できなかった。社交ダンス教室に通っていて、あめりか丸の話をすると、坂東博之同会世話人の夫人が同じダンス仲間だったので、その話をすると、是非参加してほしい、と言われた。こんな巡りあわせで、今年やっと参加が実現した。
 大野さんは、東京出身。離日当時中学二年生で、一旦神戸に同船者が集合し、家族四人であめりか丸に乗船した。父親からブラジルに移住すると聞いたときに、大泣きしたという。
当時、石原裕次郎が大人気だった頃で、毎日テレビや雑誌を観るのが楽しみ。「今が一番楽しい時期なのに日本を離れるのは嫌だ」と言った。しかし、父親が大野さんの学校の校長に移住を言い、校長に渡航を説得された。その当時、校長の言うことには絶対に服従だったので、渋々ながらブラジル行きを決めた。
 あめりか丸出航日、嫌々ながら乗船すると、石原裕次郎似の人が乗っていて、気分は一転、気持ちがはずみ、毎日が楽しくなっていった。結局、サントス港に到着するまで、その人を目で追っていた。
 大野さん家族は、サントスから別の船に乗り換えてブエノスアイレスに行き、さらに汽車で二日間かけて、パラグアイに入った。全くスペイン語が解らず毎日苦しかったが、日々を重ねるうちに話せるようになった。
 二十一歳の頃、まだ勉強したかったが、親が「今結婚しないと誰も嫁にもらってくれない」とすすめ、強引にお見合いをさせられ、日本人と結婚した。
 その後、三人の子どもを育てた。大野さんの夫がサンパウロに移住しようと言い出し、大野さんは「今の生活が安定してるのに、なんでサンパウロに行くのか」と大反対したが、結局、十三年住んだパラグアイからサンパウロに渋々来た。しかし、来てみると、日本の物が何でも揃っていてびっくりした。楽しくなり、もう三十三年過ぎた今では、来て良かった、と話している。
 坂東博之代表世話人は「毎年、この会を楽しみにして待っていた。これだけ大勢の人に参加していただき、胸がいっぱいで嬉しい。健康第一で来年の会も盛大にしたい」と満足した様子で語った。
メンバーの一人コチア青年連絡協議会の山下治会長は「今年もこの会が開催できて嬉しい。毎年続いているのは、みなさんのおかげ、心から感謝している」しみじみ感想を述べた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 思い出=リベイロン・プレット 大河政義2015年8月4日 思い出=リベイロン・プレット 大河政義  1960年3月13日サントス着の『ブラジル丸』で移住してきた人達が、去る3月13日金曜日にサンパウロの群馬県人会に集い、午前10時から午後3時まで、55年間の歩みを回顧しながら大いに食べ飲みしながら楽しいひと時を過した。今度の集まりにも、コチア青年移民の人達が6名と多く、 […]
  • 2008年10月24日 8カ国の熊本人が一堂に=サンパウロ市でもっこす世界大会=交流ふかめ、絆つよまる=芸能ショーも盛況 ニッケイ新聞 2008年10月24日付け  八カ国の〃もっこす〃がサンパウロに――。熊本県人ブラジル移民百周年と県人会創立五十周年式典にあわせて来伯した各国の県人・県系人による「もっこす熊本人世界大会」が十八日、サンパウロ市の文協大講堂で開かれた。約百四十人の母県慶祝団、 […]
  • 2008年6月20日 編集部座談会「ざっくばらんでいこう」=独断と偏見で選ぶ=後世に残したい『コロニア文化遺産』 ニッケイ新聞 2008年6月20日付け  第一回移民船笠戸丸がサントスに到着して百年。ブラジル日系社会(コロニア)は新世紀を迎えた。益々ブラジルへの同化が進んでゆく今だからこそ、何を残すべきかを考えたい。戦前・戦後の移民二十五万人、そしてその子孫らによる一世紀にわたる生活 […]
  • 日系代表団体の年頭あいさつ2008年1月1日 日系代表団体の年頭あいさつ ニッケイ新聞 2008年1月1日付け 日本祭りで交流をブラジル日本都道府県人会連合会会長 松尾治  謹んで新年のお慶び申し上げます。 旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 海外最大の日系人集団地であるブラジルの皆さんに、ニッケイ新聞を通じ年頭のご […]
  • コチア青年移住 半世紀の時刻む=多くは還暦、古稀迎え=なお青雲の志胸に2005年1月1日 コチア青年移住 半世紀の時刻む=多くは還暦、古稀迎え=なお青雲の志胸に 1月1日(土)  壮大な野心と希望に満ち溢れた男たちだった。一九五五年九月十五日、約四十日間の船旅を終えた百九人の若者がサントス港に降り立ってから今年で半世紀の節目――。その背景や形態から日系移民史でも特筆されるべき存在である「コチア青年」が九月に五十周年記念式典を開 […]