ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

2007年5月25日付け

 シロ・ゴーメス下議が女優のパトリッシア・ピラールと離婚したのは、余り知られていない。現夫人のパトリッシア・サボイア上議が上院小委員会で発言を求めた。
議長「パトリッシア・ピラール上議、御発言を」
会場は爆笑。ちょうどよいピアーダがあるから言わせてくれと一議員。
上議本人「それは止めて下さい。北東伯出身の女性議員は名前がないと思われているらしいネ」
     ◎
 モンテビデオに向けて二十三日夜にサンパウロ国際空港を出発したGOL航空機が、離陸五分後に左エンジンが停止したため、サントス沖上空で三〇分間旋回を繰り返して燃料を減らした後、同空港に引き返した。乗客一五〇人は無事だった。乗客によると、左側面で大音響がした後、エンジンから炎が噴き出たという。鳥を吸い込んだのが事故原因とGOL。
     ◎
 大サンパウロ市圏グアルーリョス市の市立小学校で四月二十六日、女性教師が教室内でさそりにアルコールをかけて焼き殺していたところ、火が男子生徒に引火し、生徒は病院に運ばれたが十二日後に呼吸器障害で死亡した。教師は素手で生徒についた火を消そうとし、全治二カ月のやけど。どのように引火したかは依然謎。
     ◎
 ブラジル人は税金をすべて納めるために一月一日から五月二十六日まで働かなければならないと、ブラジル税制企画院(IBPT)が二十三日に発表した。月収三〇〇〇から一万レアルまでの中間層は六月一日に伸びる。一九七〇年代は三月十七日、八〇年代は三月十八日までだった。現在、税金は所得の四〇%(所得税一四・七%、消費税二二・五%、資産税二・九%)を占め、南北アメリカ大陸でブラジルは税負担率がダントツ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 《サンパウロ州知事選》ドリアはボルソナロに熱上げるも=PSDB内の空気微妙に=「裏切り者」の声強まる=フランサは二極化終結を希望2018年10月17日 《サンパウロ州知事選》ドリアはボルソナロに熱上げるも=PSDB内の空気微妙に=「裏切り者」の声強まる=フランサは二極化終結を希望  サンパウロ州知事選候補のジョアン・ドリア氏(民主社会党・PSDB)が、ジャイール・ボルソナロ氏(社会自由党・PSL)への支持表明でアピールしようとしているが、これに関してPSDB内部での反発が強まっていると16日付フォーリャ紙などが報じている。  ドリア氏はサンパウ […]
  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボルソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]
  • 東西南北2018年9月15日 東西南北  ここ1週間ほど、連日のようにボルソナロ氏のニュースが報じられているが、6日に起きたボルソナロ氏刺傷事件の真相をめぐり、同氏の熱心な支持者たちが、警察に頼らずに自分たちで捜査を行おうとしており、連邦警察が遺憾に感じ、事態を心配しているという。メディアの情報からは、同氏の支持者た […]
  • 東西南北2018年8月17日 東西南北  7月開通との話が8月になり、月半ばにして情報が途絶えていたサンパウロ市地下鉄5号線の4駅について、サンパウロ州運輸局のクロドアウド・ペリッシオーニ局長が16日、ラジオのジョーヴェン・パン局の取材で「最悪でも1カ月以内に開通」と答えた。それによると、現在、懸案となっているのが1 […]