ホーム | 日系社会ニュース | また1人、ソプラノ歌手公演=工藤篤子さん来月来伯

また1人、ソプラノ歌手公演=工藤篤子さん来月来伯

2007年7月28日付け

 日本移民百周年記念事業として、北海道出身の歌手の工藤篤子さんが、八月十七日から九月二日まで、ブラジル国内八ヵ所でコンサートを開く。ブラジル日系キリスト教連盟(長田光男理事長)が主催する。
 工藤さんは日本、ヨーロッパ、アメリカでコンサート活動をしている。一九八三年にスペイン国立声楽院に国費招待留学をして、八七年にはスペイン・ヤマハコンクールで一位を受賞した。現在ドイツ・ハンブルグに在住しながら、スペイン国王の王宮コンサートに数回招かれている。
 コンサートでは主に日本の童謡、欧米の名曲のほかブラジルの曲一曲を歌う。
 案内に来社した長田光夫さん、佐藤浩之さんは「工藤さんは訪問先の国の言葉を歌にするのが魅力。ぜひ来場を」と呼びかけた。入場料無料。問い合わせは長田さん(011・6979・0598)。
 各地コンサートは次の通り。(1)八月十七日午後八時=オザスコ市立劇場、(2)十九日午後八時=クリチーバ・パラナ連邦大学講堂、(3)二十二日午後三時=イペランジア老人ホーム、(4)二十四日午後八時=サンジョゼ・ドス・カンポス市立劇場、(5)二十六日午後三時=サントアンドレー市立劇場、(6)二十八日午後三時=サントス厚生ホーム、(7)三十一日午後八時アリアンサ弓場農場、(8)九月二日午後三時=サンパウロ文協大講堂。
 つぎのコンサート会場では、保存できる食品一キロを寄付してほしい、と呼びかけている。それらの食品は地元市、慈善団体、福祉機関に寄贈される。オザスコ市立劇場、クリチーバ・パラナ連邦大学講堂、サンジョゼ・ドス・カンポス市立劇場、サントアンドレー市立劇場、サンパウロ文協大講堂。

image_print

こちらの記事もどうぞ