ホーム | 日系社会ニュース | 地元挙げ移住50年祝う=ピラールの川畑さん=市長ら4百人がつどい=日本からも親戚駆けつけ

地元挙げ移住50年祝う=ピラールの川畑さん=市長ら4百人がつどい=日本からも親戚駆けつけ

ニッケイ新聞 2007年10月9日付け

 一九五七年に鹿児島県の頴娃町からパラグアイへと一家五人で移住した川畑家。ピラール・ド・スール市へ移り住んで四十五年、今年で移住五十周年を迎えたことを記念して、六日、同市の川畑幸一さん(57)宅で祝賀の催しが開かれた。両親の幸吉さんと智恵子さん(共に故人)は、同市のピラール・ド・スール文化体育協会建設などにも尽力、現在でも同市内の住民から慕われ、信頼される一家になっている。祝典には同市長、市議会議長のほか、同地文協、鹿児島県人会関係者など約四百人が出席。日本からも親戚が駆けつけ節目の年を祝った。

 川畑さん一家は一九五七年八月二十日に「ぶらじる丸」で日本を出発し、同年十月十三日にサントス港に到着。そこからパラグアイのアマンバイに入植し、約一年八カ月間コーヒーの手入れを行った。
 五九年にパラグアイからイビウーナへ一週間のトラック移動をして、同地の前田農場へ。この時、同郷の上芝原実夫(70)さんと一緒に日本から持ってきたリヤカーで収穫物を売り歩いたという。
 三年後の六二年六月十二日に、ピラール・ド・スールへ移り、葡萄、林檎、柿などの栽培を行ってきた。周囲よりも先に農場にパソコンを持ち込むハイテク技術を駆使し、今では八十ヘクタールの農場を持っている。
 午前十時の先祖法要開始前から会場にはすでに二百人ほどが集まっていた。渡辺博文南米浄土真宗本願寺(西本願寺)総長、松岡海心同開教使の二人がサンパウロ市から駆けつけ、法要を行った。
 続いて幸一さんと姉の出理葉千鶴子さん(いでりは、60)、妹の菅原恵子さん(53)、相原みどりさん(49)、同郷の上芝原さんの五人で自宅内の日本庭園に建てられた記念碑を除幕。
 記念碑には、母親の智恵子さんが常日頃口にしていた〃したろう〃という言葉が刻まれている。この言葉は、川畑家の出身地、頴娃町の言葉で「元気を出して頑張ろう」との意味がある。
 続いて倉庫に移動して記念祝典。日伯両国歌に続いて、幸一さんは自身の移住の歴史を振り返り、「この半世紀は苦あれば苦ありの連続だったが、それを一つずつ乗り越えて今がある。これからも〃したろう〃精神で頑張りたい」と挨拶した。阿部勇吉同文協副会長、上芝原初美同文協婦人部部長、園田昭憲鹿児島県人会会長、ルイス・ヘンリキ同市市長、アンジェロ・パウロ同市議会議長、石窪富男さん(親戚)らも祝辞を述べた。
 鏡開きの後、豊田一男同文協会長の音頭で乾杯。会食中には川畑家の歴史を振り返るDVDが上映され、日本語学校の生徒たちによる太鼓やYOSAKOIソーラン、カラオケなどが祝典を盛り上げた。最後には炭鉱節を大勢で踊り楽しい余韻を残したまま無事閉幕した。
 七歳で移住した幸一さん。祝典後、「親の世代に苦しい時に助けたり、助けてもらったりしたので、その時の恩返しが少しできたかな」と笑みを浮かべながら話していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2008年6月20日 編集部座談会「ざっくばらんでいこう」=独断と偏見で選ぶ=後世に残したい『コロニア文化遺産』 ニッケイ新聞 2008年6月20日付け  第一回移民船笠戸丸がサントスに到着して百年。ブラジル日系社会(コロニア)は新世紀を迎えた。益々ブラジルへの同化が進んでゆく今だからこそ、何を残すべきかを考えたい。戦前・戦後の移民二十五万人、そしてその子孫らによる一世紀にわたる生活 […]
  • 第62回パウリスタ・スポーツ賞=特別賞8人含め25氏に栄冠=110周年記念して将棋にも=サンパウロ市議会で4日に授賞式2018年4月5日 第62回パウリスタ・スポーツ賞=特別賞8人含め25氏に栄冠=110周年記念して将棋にも=サンパウロ市議会で4日に授賞式  伝統あるニッケイ新聞主催の『第62回パウリスタ・スポーツ賞』授賞式が来月4日夜、サンパウロ市議会の貴賓室で行われ、25人に栄えある記念プレートが授与される。戦後の日系スポーツ振興を目的に創設され、今年で62回目を迎えた。今回は日本移民110周年を記念して特別賞に将棋部門を設け […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 思い出=リベイロン・プレット 大河政義2015年8月4日 思い出=リベイロン・プレット 大河政義  1960年3月13日サントス着の『ブラジル丸』で移住してきた人達が、去る3月13日金曜日にサンパウロの群馬県人会に集い、午前10時から午後3時まで、55年間の歩みを回顧しながら大いに食べ飲みしながら楽しいひと時を過した。今度の集まりにも、コチア青年移民の人達が6名と多く、 […]
  • ああ懐かしのサントス港=「あめりか丸」同船者会2012年10月5日 ああ懐かしのサントス港=「あめりか丸」同船者会 ニッケイ新聞 2012年10月5日付け  1959年9月28日サントス港着の「あめりか丸同船者会」が22日、サントスであった。 […]