ホーム | 連載 | 2007年 | プレ百周年特別企画=ブラジル農業界への日系貢献のシンボル=コチア産組=新社会の建設=創設者の光と影=下元健吉没後50周年=外山 脩(フリー・ジャーナリスト) | ブラジル農業界への日系貢献のシンボル=コチア産組=新社会の建設=創設者の光と影=下元健吉没後50周年=連載《第21回》=畑で作る組合員との関係=本心ではバタタよりカフェ

ブラジル農業界への日系貢献のシンボル=コチア産組=新社会の建設=創設者の光と影=下元健吉没後50周年=連載《第21回》=畑で作る組合員との関係=本心ではバタタよりカフェ

プレ百周年特別企画

2007年10月25日付け

 下元を成功させた要因には、もう一つ、よく言われるような「運」があった。無論、その運の中には、死に物狂いで働き引き寄せた部分もあったであろう。
 しかし、その運も去るときが近づいていた。働きすぎた結果、健康を害したのである。
 一九五七年、日本から着いたコチア青年移民でカストロ在住の蓼沼敬次郎さんは、
 「サントスに着いた移民船から降りて、サンパウロに上がってきて、モイーニョ・ヴェーリョで下元さんと会った。下元さんは自分が(コチア青年たちを前に)話をする番でないときはコックリ、コックリしていた。疲れていたのだろう」と思い出を語る。
 モイーニョ・ヴェーリョというのはコチア郡内の一地域名であり、コチア産組発祥の地である。この頃は、組合関係の色々な施設があって会議用のそれもあり、ここで下元は、日本から着いたコチア青年たちと初顔合わせをしていた。 
 そのモイーニョ・ヴェーリョで、それからしばらくして、評議員(組合の地域代表)の講習会が開かれた。
 以下、再び前出の遠藤健吉さんの話。
 「一九五七年九月、その講習会の折、三日間、下元の親父が講師としてサンパウロから通った。阿部一郎さんが運転手をつとめ、私が付き添った。車の中で親父が阿部さんに話していた。
 『評議員というものは、その靴に土がつかなくなった時が一番怖い』
 後年、私が地方の倉庫=事業所=勤務になって組合員の農場を訪れるようになって(ああ、このことを言ったのだな)と判った。組合員がモノをつくっている畑へ行って直接話を聞かなければ駄目だ、という意味だ。倉庫には営農が上手く行っている人しか来ない。永年作物の場合、年に一、二回しか来ない人もいる。こちらから畑へ行くと心が通じ合う。
 以後、関係がスムースに行く。畑へ行けば、靴に土がつく。
 車の中で親父は、こんなことも話していた。
 『組合員から、コチアで、カフェーも扱ってくれと言われているけれど、俺は恐い。イモ(バタタの意味)やトマテや大根でつくった金では、カフェーを扱う国際商人の資本力には、とても太刀打ちできない。こちらも余程の資本力の蓄積が必要だ。国際市況を睨みながら、彼らと競合しなければならない。イモ一つ売るにも命がけなのに……』と」
 前出の栗原さんよると、下元は、「本当は、スケールの大きな国際商品をやりたかった。バタタのようなモノより……」と話していたという。コチアと言えばバタタ、バタタと言えばコチアと思われていただけに、これは意外な話である。
(つづく)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 県連日本祭りで「日本移民ショー」改訂版再演を!2020年2月18日 県連日本祭りで「日本移民ショー」改訂版再演を!  「こんな解釈があるのか!」――9日に行われた憩の園チャリティ歌謡祭「日本移民ショー」の出だしは、実に衝撃的だった。  90年代に一世を風靡した、当時の若者風俗を代表するような尖ったビジュアル系ロックバンド「XJapan」の音楽を使って、「明治の精神」を受け継ぐような […]
  • 県連故郷巡りアマゾン=90周年に沸く「緑の天国」=(8)=第1回子孫にとってのトメアスー2019年10月17日 県連故郷巡りアマゾン=90周年に沸く「緑の天国」=(8)=第1回子孫にとってのトメアスー  トメアスーで行われたアマゾン日本人移住90周年式典には、パラー州各地からもお祝いに駆けつけた。  「彼女は第1回移民の娘なんだ」。故郷巡り一行の隣りに座っていた現地参加組の夫婦に話しかけると、ベネジット・サルマンさんが妻の市原トシ子レジーナさんのことを、第1回移民の […]
  • 開発に心血注いだ青年隊が60周年=開発前線の思い出に花咲かせ=還暦の節目164人で祝う2016年11月7日 開発に心血注いだ青年隊が60周年=開発前線の思い出に花咲かせ=還暦の節目164人で祝う  戦後、新天地に夢を追い、国家建設に燃えた青年たちが渡伯して60年―。南米産業開発青年隊協会(渡邉進会長)は先月29、30両日、サンパウロ州郊外アヴァレー郡内ホテルで、『60周年記念大会』を開催した。全伯各地、遠くは日本やポルトガルから延べ57人の元隊員が結集。その家族ら合 […]
  • 印象深い外交120周年を振り返る=編集部が選んだコロニア10大ニュース2015年12月30日 印象深い外交120周年を振り返る=編集部が選んだコロニア10大ニュース  サンパウロ市カーニバルで巨大立佞武多が華々しく行進したかと思いきや、なんと焼失――。秋篠宮さまご夫妻が恭しくご来伯されたかと思いきや、ジウマ大統領が訪日ドタキャン…。日伯が正式な外交関係を結んでから120年という節目は、思いのほか波乱含みの出来事が起きた。その他、パラナ州やコ […]
  • 日伯つなぐ我らの歴史=夢と希望抱いて海越え=コチア青年連絡協議会 会長 前田 進2015年9月19日 日伯つなぐ我らの歴史=夢と希望抱いて海越え=コチア青年連絡協議会 会長 前田 進  コチア青年移住第一陣109名が、大きな夢と希望に燃えて養国ブラジルの大地に一歩を記して60年の歳月が流れた。ここで我々、コチア青年の生い立ちを振り返って見たい。 コチア産業組合は戦後の労働力不足による組合員農家の生産力減退を防ぐことと、既にサンパウロ市周辺の農業は、略奪原始農 […]