ホーム | 日系社会ニュース | 『ブラジル―日本百年の情熱』=出版記念会、約150人が出席

『ブラジル―日本百年の情熱』=出版記念会、約150人が出席

ニッケイ新聞 2008年5月14日付け

 ブラジル日本移民百周年を記念して、エム・ブック社(ミルトン・ミラ・アスンプサン・フィーリョ社長)は、『ブラジル日本 百年の情熱(Brasil Japao 100 anos de paixao)』を出版した。同書は二百十二ページで、八十五レアル。
 去る四月二十八日、サンパウロ市内のレストランで出版記念パーティーが行われ、約百五十人が訪れた。
 同書は、フォーリャ・デ・サンパウロで勤務していた吉田エルネスト氏と同社ミルトン社長の二人の共著。サンパウロやリベイロン・プレトのブラジル人社会を紹介するために、ブラジル社会における日本人の貢献度などが分かるようになっている。
 ジェラルド・アルキミンサンパウロ州知事、ジルベルト・カサビサンパウロ市市長、ウンベルト・ゴメス・ブラジル・ブリジストン社社長、パウロ・カステーロ・ブランコ・ブラジルNEC社社長、元日本サッカー代表監督のジーコ氏、島内憲駐伯日本国全権大使、青木智栄子ブルーツリーホテル社長、笠戸丸移民の子孫、精神科医のチバ・イサミ氏など二百人のコメントが掲載されている。
 出版記念会に訪れていた在ブラジル原爆被爆者協会森田隆会長は「この百年の記念すべき年に私を書いてもらってありがたい。私たちが望む戦争撲滅に少しでも役に立てば」と感想を語った。
 なお、売上金の一部は、社会福祉法人「こどものその」に寄付される。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2008年6月24日 サンパウロ市=百周年式典、盛大に挙行=6世優太君「友情の灯」点火=皇太子さまもじっくりご覧に ニッケイ新聞 2008年6月24日付け  多くの人の心配を見事に裏切り、二十一日午後四時半からサンパウロ市のサンボードロモ会場で、この百年間を象徴するようなダイナミックな百周年記念式典が執り行われた。あいにくの雨模様だったが、会場には約三万人が詰めかけ、日伯友好にとって歴 […]
  • 2008年6月20日 編集部座談会「ざっくばらんでいこう」=独断と偏見で選ぶ=後世に残したい『コロニア文化遺産』 ニッケイ新聞 2008年6月20日付け  第一回移民船笠戸丸がサントスに到着して百年。ブラジル日系社会(コロニア)は新世紀を迎えた。益々ブラジルへの同化が進んでゆく今だからこそ、何を残すべきかを考えたい。戦前・戦後の移民二十五万人、そしてその子孫らによる一世紀にわたる生活 […]
  • 2008年2月9日 祝・トヨタ・ド・ブラジル50周年 ニッケイ新聞 2008年2月9日付け トヨタ・ド・ブラジル=ブラジル進出半世紀を祝う=ルーラ大統領「さらなる経済交流を」=豊田章一郎名誉会長、4人の元社長らも列席  「更なる将来の発展を」―――。ブラジル進出50周年を迎えたトヨタ・ド・ブラジル(長谷部省三社長)の記念セ […]
  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • ニッケイ新聞創刊(1998年)以降の受賞者(順不同、敬称略、役職は当時のもの)2011年4月9日 ニッケイ新聞創刊(1998年)以降の受賞者(順不同、敬称略、役職は当時のもの) 第55回パウリスタ・スポーツ賞 ニッケイ新聞 2011年4月9日付け 1998年(第42回) 【ゲートボール】植田憲司 【ゴルフ】鶴田弘 【野球】中島トニー 【卓球】シルネイ・エタ 【水泳】沖本ポリアナ 【陸上】永山リカルド 【庭球】福田エルザ […]