ホーム | 日系社会ニュース | 夢をかなえたブラジル凱旋公演=南かなこ・ふるさと帰行コンサート=4都市、2千人の観客前に=舞台にこぼれた感激の涙

夢をかなえたブラジル凱旋公演=南かなこ・ふるさと帰行コンサート=4都市、2千人の観客前に=舞台にこぼれた感激の涙

ニッケイ新聞 2008年5月29日付け

 ブラジル出身の演歌歌手、南かなこさんのブラジル凱旋公演「ふるさと帰行コンサート」が二十一日から国内四都市で行なわれた。「歌手になってブラジルで公演する」というデビュー以来の夢を実現した南さん。文協大講堂一階を満員にした二十一日の舞台では、最新曲の「ふるさと帰行」など十五曲を熱唱。ステージ後半、感涙にむせぶ南さんの姿が来場者の胸を打った。
 七年振りに里帰りした南さんは二十日に着聖後、二十四日までに文協、サンベルナルド、ロンドリーナ、カンポ・グランデの四都市で公演。サンパウロ市、サンベルナルド、ロンドリーナで市議会からオメナージェンを受けた。
 サンベルナルドは約五百人、カンポ・グランデは約四百人が来場。生まれ故郷のロンドリーナ公演では八百人近い人達が訪れた。
 皮切りの文協公演には約七百人が来場。ツアー実現に奔走したABRACの西森明美会長は開会式で、ブラジル公演の夢をかなえた南さんの努力を称え、コロニアの歌い手達に「皆さんも夢をもって頑張ってください」とあいさつ。続いて、ブラジル行きにあたり事務所の先輩、小林幸子さんにもらったという振袖に身をつつんだ南さんが登場すると、会場から大きな拍手があがった。
 会場となった文協講堂は、自身が十歳の時に歌謡大会で優勝した思い出の場所。南さんは「ブラジルで応援してくれた人たち、家族、友人皆のおかげでこのステージに立っています。百周年記念の年に来られたことも嬉しい。今日は皆さんに『日本』を感じてほしい」と呼びかけた。
 第一部では最新曲「ふるさと帰行」、小林幸子の「雪椿」のほか、デビューを見ることなく亡くなった祖母が好きだった美空ひばりの曲「お祭りマンボ」、六歳の時に初めて大会で歌った演歌「演歌道」(松原のぶえ)など数曲を披露。
 続いて薄紫色のドレスに着替えて客席から登場し、来場者と握手を交わしながらデビュー曲「居酒屋サンバ」を熱唱した。
 舞台へ戻り、会場全体で「ふるさと」を合唱。続いて、サントス、ロンドリーナを舞台に移民の思いを歌った「愛愁ルンバ」をポルトガル語で歌うと、一際大きな拍手が送られた。
 十二歳で訪日した南さん。曲の合間には三歳ではじめて童謡唱歌を歌ったことなどブラジル時代の思い出、二十二歳でデビューするまでの苦労など自身のエピソードも紹介。日本語・ポルトガル語を交えた観客との掛け合いが会場を沸かせた。
 公演に先立ち各地で行なわれた南さんの曲を歌うコンクールで優勝した大橋サユリさん(サンパウロ市)、タンゴダ・リリアンさん(グアララペス)との共演もあり、会場を盛上げた。
 再び着物に着替え、舞台では初めてという日舞を披露。マイクを握った南さんは、「移住して辛い事も多かったと思います。そんな中、ブラジルで日本文化を伝えてきたことを誇りに感じます」と先人へ敬意を表すとともに、「私の使命は皆さんの思いをこれからの世代の人たちへ伝え、つなげていくことだと思います」と力を込めた。
 喜びのあまり感極まって舞台上で涙を流す場面もあったが、続けて「今一番頑張っている曲」と「ふるさと帰行」を熱唱。アンコールの「かなこの祭りだワッショイ」では所狭しと舞台を動きまわり、公演は大盛況のまま幕を閉じた。
 当日は南さんの日舞の師匠、花柳寿り翔さんの両親の隈下俊治さん、英子さん夫妻も会場を訪れていた。訪日以来十五年ぶりに見た南さんの姿に、英子さんは「孫が大きくなって帰ってきたようです」と満面の笑みを浮かべる。
 会場には、母親の艶子さんの姿もあった。「出かける前に母の仏壇にお参りして『孫のコンサートを見守って』と話してきました」という。
 「娘は『明日どうなろうが、とにかく今日の感謝の気持ちを伝えたい』と話しています。毎日思っていると思いますよ」と話す艶子さん。「文協の舞台で小さい頃の思い出がよみがえっているでしょう」と娘の気持ちを推し量り、「やはり嬉しいですね」と感慨深げな表情を見せた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • オザスコで富士山写真展=110年記念して市が開催2018年6月15日 オザスコで富士山写真展=110年記念して市が開催  サンパウロ州オザスコ市は、静岡新聞(本社・静岡市)とニッケイ新聞との共催で『富士山写真展』を13日から、オザスコ・プラザ・ショッピング内で開催している。  本展は日本移民110周年を記念して開催されたもの。静岡新聞のカメラマンによって様々な角度から収められた霊峰のパ […]
  • ニッケイ俳壇(884)=星野瞳 選2016年4月15日 ニッケイ俳壇(884)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎野良の雨降りそびれたる残暑かな宙をとび逃げる蛇追ひアヌン二羽草青む牧場に光る沼一つ屠蘇酌み我百才をブラジルに【作者は単身で一九三十四年八月三十一日、モンテビデオ丸でサントス着。同年九月三日、アリアンサに入植。今年その地を一歩も出られず […]
  • 印象深い外交120周年を振り返る=編集部が選んだコロニア10大ニュース2015年12月30日 印象深い外交120周年を振り返る=編集部が選んだコロニア10大ニュース  サンパウロ市カーニバルで巨大立佞武多が華々しく行進したかと思いきや、なんと焼失――。秋篠宮さまご夫妻が恭しくご来伯されたかと思いきや、ジウマ大統領が訪日ドタキャン…。日伯が正式な外交関係を結んでから120年という節目は、思いのほか波乱含みの出来事が起きた。その他、パラナ州やコ […]
  • ブラジルでは『フェイラ』という朝市が曜日ごとに決まった場所で開かれ、朝早くから大勢の人で賑わう。新鮮な果物や野菜、肉、卵、日本人や日系人が多く暮らす地区では鮮魚も販売されている。2015年7月16日 ニッケイ俳壇(847)=富重久子 選       サンパウロ      広田 ユキ 相似たる身の上話移住祭【我々日系人は六月十八日、サントス港に着いた日を記念して移住祭を催し、其の日は公式に「移民の日」とされている。 この句にあるように戦前戦後を問わず、共に移住後の暮らしは肉体的、精神的にも共にさまざまな苦労 […]