ホーム | 日系社会ニュース | 「コロニアの協力に感謝」=旧神戸移住センター改修に=ブラジルから募金30万余レ=西村委員長ら来伯、謝礼

「コロニアの協力に感謝」=旧神戸移住センター改修に=ブラジルから募金30万余レ=西村委員長ら来伯、謝礼

ニッケイ新聞 2009年7月8日付け

 「コロニアのみなさんの協力で募金目標を達成し、無事に開館しました」。移民が日本最後の数日間を過ごした思い出の建物、旧神戸移住センターを改修・再整備して開設された「神戸市立海外移住と文化の交流センター」へのブラジル側の募金活動に感謝するために、海外日系人会館協力委員会・西村正委員長(財団法人日伯協会理事長)とカワサキプレシジョンマシナリ社・園田誠代表取締役社長が来伯して六日に来社、冒頭のようにコロニアに感謝した。

 昨年の百周年、第一回移民船笠戸丸が出航した四月二十八日にあわせて同移住センターで「友情の灯火」採火式が行われ、商船三井の貨物船に乗せられてサントス港に届けられた。サンパウロ州政府が特別に仕立てた移民列車でサンパウロ市百年祭式典会場まで運ばれ、元伯サッカー代表のカフー選手らの聖火リレーを経て、六世の大西優太くんらによって会場に点火されたことは記憶に新しい。
 移民と縁の深いこの建物は昨年六月頃から改築工事に入り、今年六月三日に「神戸市立海外移住と文化の交流センター」として生まれ変わった。
 西村委員長らは昨年一月に来伯し、コロニアに二千万円を目標とする募金を呼びかけ、県連、文協などが取りまとめする形で、多くの日系団体や企業が寄付を寄せた。各県人会、南青協、学移連のほかマナウスの西部アマゾン日伯協会、エフィジェニオ・デ・サーレス自治会なども浄財を寄せ、ブラジルからの寄付総額は三十万七千レアルにのぼったという。
 新装なった同センターの総工費は六億七千万円で、内部には移住ミュージアム(博物館)「希望と未知への船出の広場」、地域在住の外国人の支援を行う「多文化との共生の広場」、国際芸術交流を目的とした「芸術を生かした創生の広場」が設けられた。
 寄付者・団体の名前は、開館の時点までの分は既にセンター内の壁面に刻まれている。
 移住ミュージアムには、移住者が渡航時に持参した荷物や移住先国で使用した道具類の実物が展示される。移住者が滞在していた部屋の様子が再現され、移住者の生活を追体験できるようになっている。
 三階の壁面にはコチア青年が残した落書きも保存されており、基本構想を担当した国立民族博物館の中牧弘允教授のコメントともに、同センター開設の様子は当日のNHK神戸でもニュースとして取り上げられた。
 今後の運営を担うのは同協会ほか、いずれも神戸に本拠を置く「カワサキライフコーポレーション」「関西ブラジル人コミュニティ(CBK)」「芸術と企画会議(CAP)」の四者による共同事業体となる。
 さっそく今年十月からは神戸市と同協会が主催し、ニッケイ新聞などの邦字紙が協力する形で写真展「ブラジル移住百周年を振り返る」などを企画しており、新装後も有効活用を図っていく予定。
 西村委員長は募金活動の呼びかけに協力したニッケイ新聞に対しても感謝状を贈った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • 2008年12月30日 ニッケイ新聞編集部が選んだ コロニア10大ニュース ニッケイ新聞 2008年12月30日付け  百周年に明け、百周年に暮れた2008年。日本移民百周年と日伯交流年の今年は、1年を通じて両国で約1500の記念行事が実施されるなど、他の周年事業とは比べ物にならない盛り上がりを見せた。1月の開幕行事から、2月のカーニバルでは各地 […]
  • 2008年6月20日 編集部座談会「ざっくばらんでいこう」=独断と偏見で選ぶ=後世に残したい『コロニア文化遺産』 ニッケイ新聞 2008年6月20日付け  第一回移民船笠戸丸がサントスに到着して百年。ブラジル日系社会(コロニア)は新世紀を迎えた。益々ブラジルへの同化が進んでゆく今だからこそ、何を残すべきかを考えたい。戦前・戦後の移民二十五万人、そしてその子孫らによる一世紀にわたる生活 […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]