fbpx
ホーム | 日系社会ニュース | 「ブラジルに根づくNIPPON」=神戸=旧移住センターで写真展=コロニアの今を日本に

「ブラジルに根づくNIPPON」=神戸=旧移住センターで写真展=コロニアの今を日本に

ニッケイ新聞 2009年10月23日付け

 コロニアからの浄財も呼びかけて100周年記念事業として改修、今年6月にオープンしたばかりの「神戸市立海外移住と文化の交流センター」(旧神戸移住センター)で20日から、開設を記念した特別写真展「ブラジルに根づく〃NIPPON〃」(神戸市、日伯協会主催)が始まった。ニッケイ新聞やサンパウロ新聞などが提供した約100点の写真が飾られ、現在のコロニアの人々や祭り、食文化などを伝える。12月20日まで。
 「ブラジルに根をおろし、あらゆる分野で活躍する日系のみなさん。この間にブラジルに伝え育てたものに日本文化があります。そこには、いまの私たちが忘れてしまったものがあります」―。ポスターではこのように紹介され、ズットラ街道の4車線を跨ぐようにしてそびえ立つモジ・ダス・クルーゼスの大鳥居の写真が印象的だ。
 写真展は祭り、食など四つのテーマからなる。七夕祭りや生け花、茶道、盆踊り、阿波踊り、太鼓など、非日系人も一緒になって楽しんでいる日系社会ではおなじみの風景が、写真を通して伝えられている。
 また、昨年同センターから海を渡ってブラジルに届けられた「友情の灯」の様子や、100周年でリオのカーニバルに登場した「笠戸丸」の写真も展示されている。
 同展開催にあたっては、ニッケイ新聞も今年4月に刊行した写真集「百年目の肖像」から多数提供するなどの協力をしている。
 21日付け神戸新聞によれば、神戸大文学部に通う23歳の日系ブラジル人三世の女性は、「小さいころから見てきた光景ばかり」と懐かしみ、「移民の歴史を知っている日本人は少なく、写真展をきっかけに知ってほしい」と話した。
 午前10時~午後5時。入場無料。月曜休館(祝日の場合は翌日)。住所は兵庫県神戸市中央区山本通3。

image_print

こちらの記事もどうぞ