ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2010年5月29日付け

 「移民文庫」DVDの収録作品の中で珍しいところでは、バリグ航空のCMソングとして有名な「浦島太郎の歌」(1968年、歌・三宅ローザ)などの歌謡曲も入っている。また弊紙で連載され、人文研から冊子として出版された「大武和三郎・辞書編纂と数奇な人生」(堀江剛史)、計1200頁になろうかという超大作『ブラジルの果実』(橋本梧郎)なども入っている。1冊平均400頁だとして6万4千頁。たった1枚のDVDだが数年では読み切れない?!
     ◎
 今年は第2回移民船「旅順丸」着伯から、ちょうど100年目。県人移住100周年式典を8月に予定している佐賀県人会(11・3208・7254)では、同船で移住した家族の消息を探している。ちなみに富山、岡山、福岡各県人の歴史もちょうど一世紀。900人以上が乗船したが、あまりにも有名な笠戸丸に隠れて、話題になることもなかった。これを節目にご存知の方は各県人会に連絡してほしい。1歳で来ていれば、101歳。もしかして存命者がいるかも!?
     ◎
 サンタクルス駅近くにあった農拓協の事務所がJATAKサンパウロ事務所があったリベルダーデ区(Rua Conselheiro Furtado, 263, conjuntos 81/82)に移転した。電話番号は農拓協(11・5572・9157)、JATAK(11・3107・2736)ともに使用可能。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日本人ブラジル移住110周年に当たって思うこと=熊本県在住ブラジル研究者 田所清克(たどころ きよかつ)2018年5月26日 日本人ブラジル移住110周年に当たって思うこと=熊本県在住ブラジル研究者 田所清克(たどころ きよかつ)  1908年4月28日、神戸港から笠戸丸に乗船した日本人移民がコーヒーの積出港に着岸して、今年で110年を迎える。そのこともあって、ブラジルではむろん、日本でもこれにちなんだ諸々の行事が予定されている。  ところで、ブラジルに関する地域研究も従来からすれば、格段の進歩 […]
  • 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇2017年10月31日 連載小説=わが移民人生=おしどり来寿を迎えて= (87) =  山城 勇  そのため一極集中的に大都市や工業都市に人口集中を余儀なくされ、地方は過疎化し立ち遅れてしまった。  そこでその地域やそれぞれの地方の活性化を図る目的で全国3,300余の市町村に一率一億円を交付した。  そして自から考え自ら行う特殊事業でもって故郷の活性化・創生をはかること […]
  • 静岡県人会60周年盛大に祝う=知事、県議会議長らと共に=県費留学制度の重要性を共有2017年9月2日 静岡県人会60周年盛大に祝う=知事、県議会議長らと共に=県費留学制度の重要性を共有  ブラジル静岡県人会(原永門会長)創立60周年式典が8月27日午前11時、同会館で開催された。母県からは川勝平太県知事、杉山盛雄県議会議長らが出席。集まった250人を超える県人会関係者と共に節目を祝った。来賓らは祝辞のなかで先人たちの功績に触れ、その苦労を偲んだ。式典後 […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 日系コロニアの希望の星=サンパウロ 栗木大樹2015年9月1日 日系コロニアの希望の星=サンパウロ 栗木大樹  先日、県連の日本祭りに行って来ました。その人の多さ、車の多さにびっくりしました。また、祭りの規模の大きいこと。議員からの支援もなくなったと聞いており、大変だろうなと思いましたが、この不景気の中スポンサーも増え、皆さんの心意気を感じました。 中1日は雨に祟られたようでしたが、終 […]