ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2010年7月9日付け

 日伯両国とってのW杯は終わった。興味深いことに共にオランダに負けた。日本は一次リーグでいかに良い試合をしていたかが、ブラジルの敗北で浮き彫りになった▼さて、つぎのコッパは当国が開催地だ。今回の活躍を見れば、日本代表は間違いなく来ると予想していい。その時、日系社会はどうするか。もし公式サッカー試合ができる施設をもっている地方の文化体育協会などは、近隣のホテルと組んで、日本代表のベースキャンプ(滞在・練習場所)に立候補してみるのも面白いのでは。日本カントリークラブとかが可能であれば、日本代表にとっては移動の便がまことによい▼14年にはドイツ、スペイン、イタリアなど各国コロニアが趣向を凝らして歓迎会をする可能性がある。少なくともそのような催しをすればグローボTV局はじめ、サッカーの話題が大好きな一般社会への話題提供として大いに喜ばれること間違いなしだ。「ジャポネースはサッカーに関心がない、フリオな奴らだ」といわれるより、文協が主催して盛大に歓迎会をやったら、ブラジル社会の期待にも添えるし、日本代表も喜ぶ。今までのコッパを見てきて、必ず関係コロニアの応援振りが放送されてきた。次回はさらに白熱するだろう▼どの州都のサッカー場で試合をしても、近隣の日系団体の応援が駆けつけ、日本からの応援団と力を合わせて声援を送れば、来伯者らは日系社会の存在を肌身に感じることになる。各地の日系団体が来伯者らと交流会を持つのもいい。次のコッパは日系社会の存在を、日本の日本人に良い意味で知ってもらう千載一遇の好機となるだろう。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • イタケロンでまた死者=現場周辺の作業一時中止2014年4月2日 イタケロンでまた死者=現場周辺の作業一時中止 ニッケイ新聞 2014年4月2日  6月12日に開催されるサッカーW杯の開会式会場となるサンパウロ市東部のアレーナ・コリンチャンス(通称イタケロン)で3月29日、座席増設作業中の作業員が約10メートルの高さから転落して死亡する事故が起き、サンパウロ州の雇用・労働地方監督局(SR […]
  • コラム 樹海2014年2月19日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年2月19日  昨年引退した英国の有名サッカー選手デビット・ベッカムが2月初め、米国マイアミのチームを買収し、プロリーグ参入を発表した。なぜ米国、しかもマイアミなのかとの疑問が湧いた▼67年に北米サッカーリーグが創設されたが、振るわず84年に解散していた […]
  • サンパウロ市記念日に反W杯抗議続発=全伯30都市で同時発生=ブラック・ブロック暗躍=軍警が大学生に発砲し重傷2014年1月28日 サンパウロ市記念日に反W杯抗議続発=全伯30都市で同時発生=ブラック・ブロック暗躍=軍警が大学生に発砲し重傷 ニッケイ新聞 2014年1月28日 サンパウロ市誕生記念460年の節目だった25日、市内で昨年6月以来となるサッカーW杯開催反対を訴える大規模な抗議行動が全伯30都市で起きたが、最大のものは祝福ムードに沸いていたサンパウロ市だった。覆面のブラック・ブロックが銀行に火をつけ壊し […]
  • コラム 樹海2014年1月24日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年1月24日  サッカーW杯本番まであと5カ月――昨年末のグローボ報道では、会場となる全伯のスタジアムの半分しか完成しておらず、開催都市の交通インフラ整備工事は75%が遅延、または試合に間に合わないと報道された。当地らしく最後までハラハラ、ドキドキだ▼特 […]
  • 12日には正式決定されるが、外国勢としては初の決勝トーナメント進出をほぼ手中に収めた柏レイソルの選手ら2014年1月11日 サンパウロ市杯=柏が決勝Tに進出ほぼ決定か=外国チームで初の快挙へ=G最終戦を5対1で大勝=「バルサ・ジャポネス」の歓声も ニッケイ新聞 2014年1月11日 一流選手への登竜門とされる19歳以下を対象としたサッカー大会『コパ・サンパウロ』に参戦している柏レイソルが9日、グループ最終戦となるアウト・エスポルテとの試合に大勝し、決勝トーナメント進出〃ほぼ決定〃との下馬評だ。12日にグループ戦が終わ […]