ホーム | 日系社会ニュース | 55年9月15日のあめりか丸=渡伯55年で初の同船会=9月18日

55年9月15日のあめりか丸=渡伯55年で初の同船会=9月18日

ニッケイ新聞 2010年7月31日付け

 1955年9月15日にサントス港へ到着した移民船「あめりか丸」の同船者会が、9月18日午前11時から、リベルダーデのレストラン「泰山」(R.Galvao Bueno,544)で開かれる。
 同船は、コチア青年一次一回の109人が渡伯した船。同船者会が開かれるのは初めてのことだ。発起人は「コチア青年の皆様、ならびにご家族、呼び寄せとして来られた皆様、過ぎた55年の喜びをかみしめ、手を取り合って語り合いましょう」と参加を呼びかけている。
 会費は一人60レアル、夫婦は100レアル。準備の都合上、8月30日までに発起人へ連絡するよう求めている。
 発起人の氏名、連絡先は次の通り。山田貢(11・5660・6213)、黒木政助(11・4416・1282)、高橋好美(11・2977・6049)、黒木慧(15・11・4711・1800)、木村多平(13・3821・1370)、本多睦夫(41・3224・3261)。
 翌日の19日には、国士舘スポーツセンターでコチア青年移住55周年・コチア青年花嫁移住51周年の記念式典が予定されている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 思い出=リベイロン・プレット 大河政義2015年8月4日 思い出=リベイロン・プレット 大河政義  1960年3月13日サントス着の『ブラジル丸』で移住してきた人達が、去る3月13日金曜日にサンパウロの群馬県人会に集い、午前10時から午後3時まで、55年間の歩みを回顧しながら大いに食べ飲みしながら楽しいひと時を過した。今度の集まりにも、コチア青年移民の人達が6名と多く、 […]
  • 山村敏明さん2014年1月10日 日本移植民の原点探る=レジストロ地方入植百周年 ◇戦後編◇ (100)=一世風靡したゴザ産業勃興=戦後移民の活躍始まる50年代 ニッケイ新聞 2014年1月10日 「毎朝のように9時頃、特攻隊の飛行機が南洋に向かって飛んでいく。屋根に登って、オヤジと一緒に手を振ってそれを見送るのが日課でした」。レジストロ百周年実行委員長の山村敏明さん(72、鹿児島)は、数少ない故郷での幼少期の思い出をそう振り返る。 […]
  • 2013年12月21日 救済会60周年と憩の園55周年 ニッケイ新聞 2013年12月21日 71年間も救済活動続け=戦中から邦人救護に専心  救済会の正式発足は1953年だが、その前身である「サンパウロ市カトリック日本人救済会」は1942年6月、戦争中にその活動を開始していた。コチア産業組合中央会のような食糧供給の国家的役割を担っ […]
  • 2013年11月30日 ミナス州議会=白浜さんにコメンダドール顕彰=「アグロ・マキナス」を創業=農業指導の貢献評価され ニッケイ新聞 2013年11月14日 写真=賞状を手にする白浜さんと妻・輝子さん […]
  • 大耳小耳2013年7月12日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年7月12日  サントスの日本語教室への取材は、ロドヴィアリアからタクシーで。やけに愛想の良い運転手だったが発進してもメーターをつけない。要求しても言い訳したり、話を変えるなど結局目的地までそのまま。請求金額は20レアル、「10分も乗っていないのに高い」と […]