ホーム | 日系社会ニュース | 55年9月15日のあめりか丸=渡伯55年で初の同船会=9月18日

55年9月15日のあめりか丸=渡伯55年で初の同船会=9月18日

ニッケイ新聞 2010年7月31日付け

 1955年9月15日にサントス港へ到着した移民船「あめりか丸」の同船者会が、9月18日午前11時から、リベルダーデのレストラン「泰山」(R.Galvao Bueno,544)で開かれる。
 同船は、コチア青年一次一回の109人が渡伯した船。同船者会が開かれるのは初めてのことだ。発起人は「コチア青年の皆様、ならびにご家族、呼び寄せとして来られた皆様、過ぎた55年の喜びをかみしめ、手を取り合って語り合いましょう」と参加を呼びかけている。
 会費は一人60レアル、夫婦は100レアル。準備の都合上、8月30日までに発起人へ連絡するよう求めている。
 発起人の氏名、連絡先は次の通り。山田貢(11・5660・6213)、黒木政助(11・4416・1282)、高橋好美(11・2977・6049)、黒木慧(15・11・4711・1800)、木村多平(13・3821・1370)、本多睦夫(41・3224・3261)。
 翌日の19日には、国士舘スポーツセンターでコチア青年移住55周年・コチア青年花嫁移住51周年の記念式典が予定されている。

image_print

こちらの記事もどうぞ