ホーム | 日系社会ニュース | 県連=フェスティバル成功喜ぶ=来年はグローボとの協力も

県連=フェスティバル成功喜ぶ=来年はグローボとの協力も

ニッケイ新聞 2010年8月4日付け

 ブラジル日本都道府県人会連合会(県連、与儀昭雄会長)の月例代表者会議が7月29日午後、栃木県人会館で開かれた。
 16日から18日まで開催された第13回フェスティバル・ド・ジャポンに関して与儀会長は、成功裡に終了したことを喜び、伯メディアの報道もあって「去年より15%ほど多い来場者があった」と報告。
 また、イベントの終了後にグローボ局の関係者と役員が懇談し、次回のフェスティバルで協力していく可能性についても話題に上がったという。すでに次回のバザリスタの予約も入っているとし、「来年も立派なフェスタができると思う」と述べた。
 坂本アウグスト実行委員長も、各県人会郷土食の売れ行き、前売り券販売の好調だったこと、衛生局の評価が良かったことなどに触れ、「皆たいへんだったが、何とかできた」と感謝した。
 執行部ではイベント終了後、すでにスポンサーとの話し合いを始めているという。また、出席者の提案を受け、改めて反省会を開く予定だ。坂本委員長はこのほか、来年は各県人会から実行委員会への協力者をより増やしたいとの意向を述べた。
 園田昭憲副会長が25日に開催された第二回マレットゴルフ大会の結果を報告。来年は国士舘スポーツセンターで開催する予定と発表し、「日本移民を記念する大会。ぜひ多くの参加を」と案内した。園田副会長からはJALサンパウロ便存続を求める署名についても報告があり、「まだ署名するところがあれば連絡を」と呼びかけた。
 会議ではこのほか、15日に開かれる第24回県連ゲートボール大会、10月の弁論大会について担当者が紹介。また、10月の連邦下議選挙に出馬予定のウィリアン・ウー議員、飯星ワルテル議員が会場を訪れ、フェスティバル成功を祝福するとともに、4年間の活動報告を行い、支援を呼びかけた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 県連代表者会議=次回日本祭り7月4~6日=「積極的に運営参加を!」2018年11月9日 県連代表者会議=次回日本祭り7月4~6日=「積極的に運営参加を!」  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)が「10月度代表者会議」を先月25日に県連会議室で行なった。和歌山県人会長の谷口ジョゼ日本祭り実行委員長が進める同祭の計画では、県人会の同祭運営の積極参加を求めている。  谷口実行委員長は「来年度の日本祭りに向けた話し合いは民主 […]
  • 県連代表者会議=日本祭り式典会場に約4千人収容=ギネスに向け準備着々と2018年5月1日 県連代表者会議=日本祭り式典会場に約4千人収容=ギネスに向け準備着々と  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の4月度代表者会議が26日、文協ビル内の県連会議室で行なわれた。聖市の日本移民110周年記念式典会場やギネスなどについて説明があったほか、菊地義治ブラジル日本移民110周年祭典委員会実行委員長から移民の日法要への出席が呼びかけられ […]
  • 県連代表者会議=記念式典は正午からに時間変更=ギネス挑戦で初の全県参加!2018年6月2日 県連代表者会議=記念式典は正午からに時間変更=ギネス挑戦で初の全県参加!  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)の「5月度代表者会議」が先月24日、文協ビル内の県連会議室で行なわれた。2ヵ月後に迫る『第21回日本祭り』内で行われるギネス記録、110周年記念式典の時間変更などについて報告が行われた。  7月21日午前11時から正午までとされ […]
  • JRパス問題=在外日本人から批判続々=県連、文協が嘆願書送付2016年12月23日 JRパス問題=在外日本人から批判続々=県連、文協が嘆願書送付  【既報関連】在外日本国籍者は来年4月からジャパン・レールパス(以下JRパス)が使えなくなる問題に関し、ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)が日本の各関係者に再考を求め嘆願書を提出した。続いてブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)も要望書を発送。本紙6面に両方の全文 […]
  • 第2位=JRパス購入が来年3月まで=コロニアに広がる波紋2016年12月27日 第2位=JRパス購入が来年3月まで=コロニアに広がる波紋  11月11日、JRグループから「ジャパン・レール・パス(以下JRパス)」の利用資格変更についての発表があった。海外在住の日本国籍所有者に対する販売は来年3月31日まで。この変更内容に日系人は大反発した。 […]