ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2010年8月12日付け

 サッカーの新生ブラジル代表チームが対米国戦で2対0と好調なスタート。マノ監督の指揮の下、米国ニュー・ジャージーでの試合に挑んだ選手の平均年齢は27・5歳で、得点を挙げたネイマールとパットは共に初代表入り。監督就任直後の試合で勝利を挙げる例は少なく、余り注目してなかった米国メディアは予想外の結果に驚いた様だ。現在の米国対未来のブラジルの試合と評したメディアもあり、今後が期待される若手が育っている事が伝わってくる。ただ、南アフリカW杯での平均年齢28・9歳より若いが、14年W杯では南ア大会平均を上回るだけに、ロンドン五輪後の入れ替えが起きる可能性も?
     ◎
 大サンパウロ市圏スザノで8日夜起きた殺傷事件の容疑者に対し、10日に逮捕礼状が出た。マウアからスザノに向かう土道で穴を避けようとした45歳のアイルトン・F・ドス・サントスさんの車が通り過ぎるのを待とうともせず突っ込んできた対向車の運転手が、バックミラー(レトロヴィゾール)に接触したと腹を立て、サントスさんの車の後ろから発砲。トランクの上の板に横たわっていた14歳の息子が被弾したのに驚いたサントスさんは車を止め、降りて話そうとしたが、相手は両手を上げて近づくサントスさんに有無も言わせず更に2発。妻や5人の子供の前で撃たれたサントスさんは即死、負傷した息子は病院に運ばれ、手術を受けたが重体だ。写真で面通しして確認された容疑者はサンパウロ市在住で50歳の地下鉄職員とか。
     ◎
 サンパウロ州グアルーリョスで11日、日系人女性弁護士メルシア・ナカシマさん殺害事件を担当する警部らが、メルシアさん失踪当日の動きを再現。車の走行記録や携帯電話の通話記録などに基づく再現捜査では、元恋人で退役軍警のミザエル・B・デ・ソウザ容疑者の証言と矛盾する点も指摘されており、今後の検察の動きが注目される。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • サンパウロ市杯=柏が決勝T進出を正式決定=相手は強豪サントスで敵陣戦2014年1月14日 サンパウロ市杯=柏が決勝T進出を正式決定=相手は強豪サントスで敵陣戦 ニッケイ新聞 2014年1月14日  【既報関連】19歳以下のプロ登竜門として知られる『コパ・サンパウロ』のグループ・リーグの全日程が12日に終了し、日本から参加している柏レイソルの決勝トーナメント進出が決定した。外国勢としては初のGリーグ突破の快挙だ。  柏は勝ち点7、得失 […]
  • 東西南北2013年12月18日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年12月18日  バス専用レーンでのタクシー運行を禁止しようとするサンパウロ市に対し、同市のタクシー運転手たちが16日、5月23日大通りなどに多くのタクシーを止めて通行止めにするなどの抗議活動を朝6時から午後2時30分にかけて行なった。現状ではまだ、乗客を […]
  • 盛衰激しいサンパウロ4強=サッカーチームの近況占う2013年8月31日 盛衰激しいサンパウロ4強=サッカーチームの近況占う ニッケイ新聞 2013年8月6日  ブラジルの国内サッカーは、いわゆる「12強」と呼ばれるクラブが人気、実力共に市場を独占している状況だ。中でも「サンパウロ州4強」と呼ばれるコリンチャンス、サンパウロ、パルメイラス、サントスの4チームはいずれも国内で上位の人気を誇り、動向が気に […]
  • 東西南北2012年8月16日 東西南北 ニッケイ新聞 2012年8月16日付け […]
  • サントスの主役はペレ=100周年行事で大いに語る2012年4月11日 サントスの主役はペレ=100周年行事で大いに語る ニッケイ新聞 2012年4月11日付け  9日に行われたサントスFC100周年記念イベントの席でペレが出席し、メッシやサントスのスタジアムの警備のことなどの本音を吐き話題となった。10日付伯字紙が報じている。 […]