ホーム | 日系社会ニュース | カンポ・グランデ=第3回日伯交流シンポ=竹中平蔵氏ら著名人講演=9、10日

カンポ・グランデ=第3回日伯交流シンポ=竹中平蔵氏ら著名人講演=9、10日

ニッケイ新聞 2010年10月7日付け

 小泉純一郎内閣で総務大臣を務め、慶応大学教授である竹中平蔵氏などが基調講演を行なう「第3回日伯交流シンポジュウム」が9、10日、南マット・グロッソ州カンポ・グランデ市のSEBRAE会館(零細・小企業支援サービス、Av. Mato Grosso, 1661)で開催される。ブラジル日本研究者協会(SBPN)の主催。9日は午後1時半、10日は午前9時開始。シンポの参加費は無料。9日は夕食懇談会(参加費が必要)も開かれる。
 百周年の年に来伯した竹中氏は、今後3年間続けてブラジルを訪れ、SBPNの支援を行なうことを約束。そして今回が約束の3回目となる。8日にはサンパウロ大学経営学部で講演、ブラジル日本商工会議所でスピーチを行なう。講演のテーマは「世界経済における日本とアジア経済の役割」。
 9日のシンポでは竹中氏ほか、世界一早い電気自動車ELIICAの開発者、清水浩氏が同テーマについて、心臓外科手術の権威である国立金沢大学医学部教授渡邊剛氏が「日本の心臓外科医分野の現状」、東京医科大学教授の河内健二氏が「心臓学とその展望」をテーマに講演。筝曲家西陽子さんによる琴の演奏会も開かれる。
 10日は総合政策における日本の第一人者國領二郎氏が「日本の政治経営学」、JICAブラジル所長芳賀克彦氏らがそれぞれ講義を行なう予定。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第2次大戦と日本移民=勝ち負け騒動の真相探る=外山 脩=(22)2013年6月29日 第2次大戦と日本移民=勝ち負け騒動の真相探る=外山 脩=(22) ニッケイ新聞 2013年6月13日  橋本自身、夜、家に石を投げられたり、昼間は「オー、ジャポネス……云々」とブラジル人に罵(ののし)られたこともある。「私と近所の佐藤さん、国井さん、あと二人、警察へ引っ張られたこともあります」という。よその日本人の家が押し入られ、モノを奪われ […]
  • 大耳小耳2009年3月25日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2009年3月25日付け […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]