ホーム | 日系社会ニュース | 6位=旅順丸百周年

6位=旅順丸百周年

ニッケイ新聞 2010年12月28日付け

 笠戸丸に続く2回目の日本移民船として1910年6月にサントス港へ到着した「旅順丸」。笠戸丸移民の影に隠れがちだが、同船で海を渡った906人も第1回移民と同様、コーヒー耕地から農業、商工業へと苦労の末にそれぞれの人生を刻み、日系社会の礎となった。
 渡伯百周年にあたる今年は、県人移住百周年を迎えた福岡、富山、佐賀、岡山の各県人会が周年式典などとあわせ、1世紀の節目を祝った。佐賀、富山の式典には子孫が出席し、祖先の苦労を振り返り、感謝の思いを語っていた。
 このほかにも、福岡出身の旅順丸移民矢野彦次郎氏の孫、矢野春子アメリアさん(73)が中心となって聖市ラッパ区の公園の日本庭園を再整備し、旅順丸移民の氏名を刻んだプレートを設置。8月の落成式には二世から五世まで多数の子孫が訪れ、先人を顕彰した。

image_print

こちらの記事もどうぞ