ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2011年12月13日付け

 日本語版のアマゾンガイドを刊行したアマゾナスツールのウェブサイト(www.visitamazonas.am.gov.br)では、すでにロシア語や日本語を含む10カ国語で観光情報を載せている。編集・制作を行った「Empresa das Artes」社のアヴィラ社長によれば、来年9月を目標に韓国語版での出版準備も進められているとか。観光促進と同時に環境保全にも力を入れてほしいもの。
     ◎
 サンパウロのサンバチーム「X9パウリスターナ」でパシスタを務める日本人女性、田辺佳苗さんがバックダンサーとして出演が決まったTVグローボの人気番組「Esquenta」。 選考の段階から白人、先住民、ムラータ、日本人と4つの枠が決まっていたとか。「きっと『サンバは人種を超えたもの』という演出がしたいんでしょうね」と田辺さん。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2007年10月27日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年10月27日付け […]
  • ニッケイ俳壇(914)=星野瞳 選2016年11月10日 ニッケイ俳壇(914)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎 ランプ下げ通いし句会念腹忌 アラポンガ鳴き止めば森がらんどう 木々芽ぐむ枝にぎやかに差し交わし 森の穂にアララが騒ぎ初明り 万緑の中漂へる鷺一羽 大雷の鳴り夕立のはたと止む […]
  • ニッケイ俳壇(910)=星野瞳 選2016年10月14日 ニッケイ俳壇(910)=星野瞳 選 アリアンサ         新津 稚鴎 淋しさの寒月光に身を委ね 麻州野の大夕焼の森閑と 鳳梨売る砦の如く積み上げて 霧の中飛び来るは皆トッカーノ グァタパラ         田中 独行 巻き風の吹き上げておりパイナ飛ぶ […]
  • ニッケイ俳壇(886)=星野瞳 選2016年4月27日 ニッケイ俳壇(886)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎念腹の残党奥地の虚子忌わする山鳥が鳴く移住地に蕎麦を蒔く咲き満ちて百日草が今主役我を見ており鰐の眼のまたたかず春惜しむ角笛を吹き鳴らすなり【いよいよ百才をむかえられた稚鴎さん。必ず投句を忘れずにして下さる。物忘れがひどいとは云われるが […]
  • ニッケイ俳壇(884)=星野瞳 選2016年4月15日 ニッケイ俳壇(884)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎野良の雨降りそびれたる残暑かな宙をとび逃げる蛇追ひアヌン二羽草青む牧場に光る沼一つ屠蘇酌み我百才をブラジルに【作者は単身で一九三十四年八月三十一日、モンテビデオ丸でサントス着。同年九月三日、アリアンサに入植。今年その地を一歩も出られず […]