ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2011年12月17日付け

 リオ市西部ウルカニアで15日、ある商店にカピヴァラが侵入して大騒ぎに。消防に捕獲されたカピヴァラは、14日の豪雨で居場所を失い、市街地に迷い出てしまったらしい。ネズミの仲間のげっ歯類中、最大級のカピヴァラの中でも大型という予期せぬ客が押しかけた店が扱う商品名は報じられてないが、無傷で捕獲された侵入者は、仲間達のいる所まで運ばれて解放されるという。
     ◎
 15日に104歳の誕生日を迎えたオスカー・ニーマイヤーが、建築家として働く一方、残った時間は国の発展のため、政治に費やして来たと発言。ルーラ政権以降、伯国は段々良くなり、今は「少し微笑む時期」だという。今週閉鎖されたスペインのニーマイヤー文化センター前で、閉鎖反対派の人達が「パラベンス!」を歌ってくれたと聞きにっこり。奥さんによれば、常に新しいプロジェクトを考えたりするのが長生きの秘訣とか。
     ◎
 18日は、サッカー・クラブ世界一の座をかけて、サントスがヨーロッパの強豪、FCバルセロナと対戦する。現在の伯国サッカー界の若きスーパースター、ネイマールと、現在世界一のプレイヤー、メッシがどんな試合を繰りひろげるか。世界中のサッカー・ファンが新たな伝説になるような好ゲームを期待している。決勝は伯国時間の日曜朝8時半からで、3位決定戦は同5時半開始。

image_print

こちらの記事もどうぞ