ホーム | 日系社会ニュース | 援協=ボランティアは要らない!?=移転先なく…活動を休止

援協=ボランティアは要らない!?=移転先なく…活動を休止

ニッケイ新聞 2012年2月16日付け

 「また引越しになるわね」——。狭い部屋に押し込められたミシンの山を前にため息をつくのは、日伯友好病院ボランティア代表の山下光子さん(80、二世)だ。
 昨年末までは援協旧本部があった文協ビル5階部分で、シーツなどの裁縫作業を行っていた。
 しかし、援協が売買契約を結んだ県連が先月16日に移転、立ち退きを余儀なくされることになり、急きょ同階の別の部屋に道具を運び込んだ。15日現在、文協ビルの地下に一時保管、2カ月にわたり作業が出来ない状態となっている。
 かつて、宮城県人会館が新築されるまでは同館地下を賃貸。その後、文協ビル地階、そして援協本部と転々としてきた。
 「ミシンが整然と並び、皆が分担して作業する様は素敵だった」と語る山下さんは、87年から病院のシーツや枕カバーなどの裁縫を続ける。
 四半世紀経った現在、ボランティアは80代6人を含む19人。毎週火曜日に集って作業を続けてきた。年に約7千枚のシーツ、カバーなどを作っている。
 「きっかけは先に始めた姉の勧め。97年に友好病院で亡くなった後も援協の理念である〃奉仕の精神〃をもって続けてきました。どんな理由であれ、皆で集まれないことは寂しい」と悲しげな笑みを浮かべる。
 援協の菊地義治会長は「病院を25年以上支えてきたボランティアは大切な存在。これからも続けてもらいたい」と話すものの、足立操事務局長によれば「援協センターの神内講堂に移る計画もあったが理事会で検討するような課題だ、まだ探しているところ」と全く目処はついていないようだ。
 設立当初から援協が掲げてきた〃奉仕の精神〃を実践するボランティアらの好意はいつまで続くだろうか。早めの対応が待たれる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 岐阜県人会総会、24日2019年2月6日 岐阜県人会総会、24日  ブラジル岐阜県人会(長屋充良会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市リベルダーデ区のニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, […]
  • ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子2019年1月30日 ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子  イビウーナで暮らしておられた故・香山栄一氏から8百冊余りの書籍を引き継いで、インターネット上に何とか香山文庫のウェブサイト(http://wabicafe.com.br/kayama/)を立ち上げたのが、今から4年余り前。時々サイトの手直しなどをしてはいるものの、デー […]
  • 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中2019年1月11日 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中  「新ウチナー民間大使」の瀬名波美恵子さんが沖縄文化普及活動の一環として、2019年度文化カレンダー「ウチナーグアー」を製作した。全1000部。同民間大使とは、沖縄との懸け橋として海外で活躍することが期待される人を認証する県の制度。  ラジオ・テレビ・ニッケイのアナウ […]
  • ■今週末の催し2019年1月10日 ■今週末の催し  12日(土曜日)  新春初生け、午後7時、ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425)、日曜は午前10時から      ◎  映画鑑賞会、昼12時半、熟連会館(Rua Dr. Siqueira Campos, […]