ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2012年4月27日付け

 25日のリベルタドーレス杯、サントス対ボリヴァル戦で、コーナーキックに向かうネイマールにバナナが投げつけられた。ボリビアはラパスでの試合はボリヴァルが2対1で制したが、サントスのムリシー監督を苛立たせたのは観客のマナーの悪さと何もしない審判だ。ネイマールは、バナナ以外にも反則行為の的で、サントスに対するファール19回中6回は対ネイマール。同選手へのファールの多さは昨年来だが、5月10日のホームでの試合で勝って返礼し、8強戦進出を果たして欲しいものだ。
     ◎
 26日未明、ブラジリア南部のバールに強盗。国会議員や他国外交官らも立ち寄る店の一つで、ロマリオ下議と映画監督のスパイク・リー、連邦直轄区のアギネロ知事、ベネズエラの外交官も事件前までそこにいた。事件当時の監督と外交官の所在は不明だが、ロマリオと知事は難を逃れた。
     ◎
 一昨年はサンパウロ市、昨年はリオ、そして今年はレシフェにフロリアノポリスに来伯と、すっかりブラジルびいきになりつつあるポール・マッカートニー。昨日のフロリアノポリスの公演では聴衆に「フロリアノポリスっ子」を意味する「マネジーニョ」と話しかけ、ブラジル通ぶりを改めてアピールした。このペースで行くと、向こう数年で他のブラジル都市にも訪れそうな気配だが、是非ともまたサンパウロ市でも。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《南米サッカー》チリ開催のU20選手権はスカウトだらけ=「客より多い」と元Jリーガーも語る2019年1月23日 《南米サッカー》チリ開催のU20選手権はスカウトだらけ=「客より多い」と元Jリーガーも語る  17日よりチリで開催されている、U20サッカー南米選手権。南米大陸ナンバーワンの座と、5月に開催されるU20W杯の出場権をかけて、10カ国が争う。  サンパウロFCでプロデビュー、ブラジル国内ではサントスやコリンチャンスでもプレー、その後は日本の柏レイソルや清水エス […]
  • W杯予選=ブラジル、ボリビアに大勝=ネイマール、代表得点数4位に=上にはロマーリオ、ロナウド、ペレがいるのみ2016年10月8日 W杯予選=ブラジル、ボリビアに大勝=ネイマール、代表得点数4位に=上にはロマーリオ、ロナウド、ペレがいるのみ  2018年のロシアW杯出場権を争う南米予選の第9節ブラジル対ボリビア戦が6日、リオ・グランデ・ド・ノルチ州都のナタールで行われ、ブラジルが5―0で勝利した。  この試合で開始早々の前半10分に先制点を挙げたエースのネイマール(24)は、公式戦通算300得点を記録。これは […]
  • セレソン=10月のW杯南米予選メンバー発表=チアゴ・シウヴァとオスカール復帰2016年9月17日 セレソン=10月のW杯南米予選メンバー発表=チアゴ・シウヴァとオスカール復帰  サッカー、セレソンのチッチ監督は16日、10月に行われるワールドカップ南米予選第9節と10節の対ボリビア、対ベネズエラ戦に出場する選手24人の名前を発表した。  選手は以下の通りとなる。  <ゴールキーパー>アリソン(ASローマ)、アレックス・ムラーリャ( […]
  • 東西南北2016年9月9日 東西南北  祝日前夜の6日、アマゾナス州マナウスでサッカーW杯南米予選が行われ、セレソンが、ネイマールの決勝ゴールなどで、2―1でコロンビアを下した。これで1日の対エクアドル戦に続き、チッチ新監督を迎えてから2戦2勝となった。これにより、8月まではW杯進出圏外の6位だった順位も、首位ウル […]
  • W杯南米予選=第4節までが終了=レギュラー陣に新布陣台頭2015年11月19日 W杯南米予選=第4節までが終了=レギュラー陣に新布陣台頭  サッカーのワールドカップ南米予選は18日に第4節を終えたが、ブラジル・セレソンは現時点で勝ち点7、得失点差3で3位につけている。 第4節終了時点での順位は以下のとおりだ。1位エクアドル、2位ウルグアイ、3位ブラジル、4位パラグアイ、5位チリ、6位アルゼンチン、7位コロンビア、 […]