ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年2月8日

 6日にロンドンで行われたサッカーの親善試合で、ブラジル代表はイングランドに1—2で敗れた。久々に出場したロナウジーニョはPKを外すなど精彩がなく前半で退場し、「寒かった」ともらしたネイマールも本調子から遠かった。収穫はオスカール、ルーカスの若手2人と1得点をあげたフレッジか。フェリポン監督第2戦は3月21日の敵地でのイタリア戦。
     ◎
 長らく噂されているガブリエル・シャリッタ氏(民主運動党・PMDB)の連邦政府入閣が遅れている。昨年のサンパウロ市市長選4位の同氏は、ハダジ現市長(労働者党・PT)を決選投票で応援した後の「見返り入閣」が囁かれていたが、同氏が希望する科学技術相職は「宗教とのつながりの強い同氏には同省は合わない」との理由で流れた。PTはPMDBに副大統領職を譲らせる戦略で、シャリッタ氏に14年のサンパウロ州知事選へ立候補することを希望している。
     ◎
 きょうからサンパウロ市カーニバルが開幕するが、ひとあし早く7日から行われたサルバドールのカーニバルでは、「江南(ガンナム)スタイル」を世界的に大ヒットさせた韓国人男性歌手のPSY(サイ)がゲストに招かれ、今朝未明に出演中だ。この曲はブラジルでも非常に人気が高く、サンパウロ市南部のイビラプエラ公園では昨年、この曲にのって一斉に踊る集会が持たれて大盛況となった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ざっくばらんに行こう!=ブラジル社会面座談会=ムリやり先読み!=政治リアリティショー=「首都スキャンダル劇場」2017年1月1日 ざっくばらんに行こう!=ブラジル社会面座談会=ムリやり先読み!=政治リアリティショー=「首都スキャンダル劇場」 リオ五輪後の〃大掃除〃 【深沢】さあ、久しぶりに『ざっくばらんに行こう』座談会です。 […]
  • ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?2017年12月29日 ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?  2018年は大統領選挙の年――。独断と偏見による激論で、ブラジル社会翻訳面記者と編集長が紙上座談会でズバリ勝敗を占った。ラヴァ・ジャット作戦が進展する中で、2015年末にはジウマ大統領の罷免審議がエドゥアルド・クーニャ下院議長(当時)によって始められ、2016年8月には罷免が […]
  • 東西南北2015年6月30日 東西南北  27日のサッカーのコパ・アメリカでの敗戦後、ドゥンガ監督は、22人の選手中15人が風邪にかかっていたことを明かし、それが理由で練習時間の削減を余儀なくされていたと釈明した。特に症状がひどかったのはミッドフィールダーのウィリアンで、ハーフタイムで気分が悪くなり、満足に動けぬ […]
  • セレソンへのシニカルな見方はいつ終わる?2018年5月18日 セレソンへのシニカルな見方はいつ終わる?  14日、W杯サッカーがちょうど1カ月前を迎えた時点で、セレソンが出場23選手を発表した。ただ、盛り上がりには欠けている▼それはなぜか。「前回の大会でドイツに屈辱の1―7の大敗を喫したことで、国民からの信用が薄れているから」。それもある。「出場しても、またみじめな敗戦を […]
  • 東西南北2013年10月24日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年10月24日  ハダジサンパウロ市市長が南部パライゾの自宅から市庁舎のあるセントロまで、バス通勤するのは珍しいことではなくなりつつある。バスレーン設置のことで市民からほめられることの多い市長だが、22日午前の通勤では、市民の不満を受ける場面も見られた。あ […]