ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年3月8日

 2月20日以降、聖市の至るところで、建物のそばや植木の根元に置かれた人の頭蓋骨が8個発見されている。頭蓋骨が置かれていた場所は、聖市中央部のコパン・ビルや、ロシアやチェコ、南アフリカ共和国の領事館やモルモン教の教会などという。監視カメラでは30〜40代の女性が置いて行く姿が目撃されているという。この女性の目的は一体何なのか。
     ◎
 6日、メキシコでのサッカーのリベルタドーレス杯の試合で、コリンチャンスはチフアーナに0—1で敗れ、優勝した昨年からの同杯での連勝が16でストップした。コリンチャンスは2月20日のボリビアでの対サンホセ戦での相手サポーターの死亡事故以来、本拠地での無観客試合、敵地での味方応援ゼロの苦しい試合が続いている。また、この日はパルメイラスもアルゼンチンでティグレに0—1で敗戦と、聖市勢にいいところがなかった。
     ◎
 6日に急死した人気バンド、チャーリー・ブラウン・ジュニアのヴォーカル、ショロンの死が大きな反響を呼んでいる。ラジオ局は一斉に追悼特集を組み、テレビでも、グローボ局が6日夕方の青春ノヴェーラ「マリャソン」の最後に、ファンの強い要望により、1999〜2006年に同番組の主題歌になっていた同バンドの代表曲「テ・レヴァール」を流して追悼した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 早くも大一番を迎えるリベルタドーレス杯=明暗分かれたサンパウロの3チーム2016年3月5日 早くも大一番を迎えるリベルタドーレス杯=明暗分かれたサンパウロの3チーム  2カ月に満たない短いオフシーズンが明けて1カ月強、ブラジル・サッカー界では、州ごとにわかれた州選手権と、昨年の全国選手権上位チームが参加し、南米王者を決めるリベルタドーレス杯が並行して行われ、強豪チームの選手達は開幕早々、週に2試合の過密日程をこなしている。 サンパウロ市から […]
  • 《南米サッカー》リベルタ杯とスダメリカーナ杯の組み合わせ抽選行われる=いきなり7組ものブラジル×アルゼンチン対決が実現2017年12月22日 《南米サッカー》リベルタ杯とスダメリカーナ杯の組み合わせ抽選行われる=いきなり7組ものブラジル×アルゼンチン対決が実現  南米大陸全土を舞台に行われる、サッカークラブチームの大会、リベルタドーレス杯(リベルタ杯)と、スダメリカーナ杯の組み合わせ抽選会が20日にパラグアイの首都アスンシオンで行われた。  二つの大会のステータスを比較すると、リベルタ杯の方が高い。同大会には南米各国のリーグ […]
  • 東西南北2013年4月9日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年4月9日 […]
  • 東西南北2018年1月30日 東西南北  ブラジル電信インフラ協会が先頃、サンパウロ市内における携帯電話のつながりの良い地区と悪い地区の上位10カ所を発表した。それによると、最もつながりやすいのは1位のセー(セントロ)、2位のモルンビーと、10位までは全てセントロと西部地区で占められた。逆に最も悪いのは1位のシダーデ […]
  • 東西南北2013年4月4日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年4月4日 […]