ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年5月4日

 2日、ルーラ前大統領は、労働者党(PT)からの14年のサンパウロ州知事選挙候補について、立候補を固辞しているアロイージオ・メルカダンテ教育相をあきらめていないとし、カサビ前サンパウロ市市長や、昨年の市長選3位のセウソ・ルッソマノ氏との同盟も模索していると語った。PT初のサンパウロ州知事の実現になりふり構わずだが、過去2度のサンパウロ州知事選でメルカダンテ氏は敗れている。
     ◎
 マットグロッソ州で4月26日に8歳の少女イーダ・ヴェロニカ・フェリースちゃんが誘拐され、捜索願が出されているが、誘拐犯がイーダちゃんの実の両親である可能性が強まっている。両親はドミニカ人で、2007年に国際麻薬取引に関与した罪で親権を法的に失ったが、イーダちゃんはその前の06年から養子に出されていた。クイアバー市警は国際警察と共に、両親がボリビアなど国外に逃げていないか調査中だ。
     ◎
 2日のリベルタドーレス杯の決勝トーナメントで、サンパウロFCは本拠地モルンビ・スタジアムでのアトレチコ・ミネイロ戦で序盤に1点を先行したが、今年鳴り物入りで加入した元代表主将、ルシオがレッドカードを受けて退場になると、その直後に追いつかれ、後半には逆転され1—2で敗れた。次戦は8日、敵地ベロ・オリゾンテでの同カードだが、もう勝つしか後がない。

image_print

こちらの記事もどうぞ